日本エイサー、Windows 8タッチ対応で世界最薄11.9mmの13.3型Ultrabook

S7-391-F74Q

11月8日 発売
価格:オープンプライス



 日本エイサー株式会社は、Windows 8のマルチタッチ対応で、世界最薄の11.9mmを実現した13.3型Ultrabook「S7-391-F74Q」を11月8日に発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は14万円前後の見込み。

 13.3型のUltrabookとして世界最薄の11.9mmを実現しながら、10点のマルチタッチパネルや有機ELによるキーボードバックライトを装備したUltrabook。本体にはアルミ合金、天板にはホワイトのCorning製強化ガラス「ゴリラガラス2」を採用し、堅牢性と軽量性を両立させたという。

 パネルはIPS方式を採用し、178度の広視野角や高い色再現性を実現するという。フレームとパネルがフラットな一体構造を採用し、タッチ操作をしやすくした。また、64GB SSDを2基搭載し、RAID 0構成とすることでデータアクセスの高速化を図った。

 このほか、スリープからの復帰を約1.5秒、休止からの復帰を6秒で行なえる「Acer Instant On」、復帰後約2.5秒でネット接続ができる「Always Connect」機能を備える。

 主な仕様は、CPUにCore i7-3517U(1.9GHz、ビデオ機能内蔵)、メモリ4GB、Intel HM77 Expressチップセット、128GB SSD(64GB×2)、1,920×1,080ドット(フルHD)表示対応13.3型液晶ディスプレイ、OSにWindows 8(64bit)などを搭載する。

 インターフェイスは、SDカードスロット、USB 3.0×2、MicroHDMI出力、ミニD-Sub15ピン(変換アダプタ利用)、IEEE 802.11a/b/g/n対応無線LAN、Bluetooth 4.0+HS、Ethernet(USBアダプタ)、HD対応Webカメラ、音声入出力などを備える。

 バッテリは4セルで、駆動時間は約6時間。本体サイズは約323.3×223.5×11.9mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約1.3kg。

ディスプレイは180度まで開く仕組み
天板 キーボードはバックライト付き。ファンクションキーは独立していない 厚みは11.9mmと世界最薄を謳う

(2012年 11月 6日)

[Reported by 劉 尭]