AMD、Piledriverコア採用の「AMD FX」シリーズ
〜8コアで4GHz越えのFX-8350など

10月23日 発表



 米AMDは23日、新コアを採用したパフォーマンスCPU「AMD FX」シリーズ4モデルを発表した。

Visheraのダイ

 「Vishera」のコードネームで呼ばれていたCPUで、CPUコアは従来の「Bulldozer」から「Trinity」シリーズでも用いられている「Piledriver」コアになった。GPU機能は搭載しないが、Piledriverコアになったことで、分岐予測や、スケジューリング、ストア・ロード転送、ハードウェアプリフェッチ、L2効率などが強化。従来モデルの「Zambezi」に比べ、15%程度性能を向上させたという。

 最上位モデルのFX-8350は8コア製品として初めてベースクロックが4GHzに到達。また、FXシリーズは倍率ロックが解除されており、水冷で5GHzを実現できるとしている。

 プロセスルールは32nmで、ダイサイズは315平方mm、トランジスタ数は12億。TDPは95/125W。

 対応チップセットは従来と同じAMD 9シリーズ+SB950。CPUソケットはAM3+で、対応メモリはDDR3-1866。AMD 990FXではビデオカードを最大4枚(x16×2かx8×4)、AMD 990Xでは最大2枚(x16×1かx8×2)、AMD 970では1枚まで(x16)搭載可能。

 各製品の主な仕様は表の通り。

【主な仕様】
モデル・ナンバー FX-8350 FX-8320 FX-6300 FX-4300
コア数 8 8 6 4
ベースクロック(GHz) 4 3.5 3.5 3.8
Turboクロック(GHz) 4.2 4 4.1 4
コアあたりのL2(KB) 1,024
共有L3(MB) 8 8 8 4
TDP(W) 125 125 95 95
価格(ドル) 195 169 132 122

Visheraのブロックダイヤグラム Piledriverの改善点 対Zambeziで15%の性能向上
システムのブロックダイヤグラム

(2012年 10月 23日)

[Reported by 若杉 紀彦]