2014年8月2日

2014年8月1日

2014年7月31日

東芝、最大1.6TBのエンタープライズ向け2.5インチSSD

PX02SMB160

2012年10月より順次サンプル出荷



 株式会社東芝は、最大1.6TBの容量を実現した「PX02SMB160」など、エンタープライズ向け2.5インチSSD 3シリーズ11モデルを製品化し、2012年10月より順次サンプル出荷する。BtoBおよびOEM向けで、リテール向けには販売しない。

 処理速度を重視したエンタープライズ向けのモデル。高性能サーバー向け高性能タイプの「PX02SM」シリーズ、エントリー/ミドルレンジサーバー向けスタンダードタイプの「PX02AM」シリーズ、エントリーサーバー向け読み出し/立ち上げ専用タイプの「PX03AN」シリーズの3種類が用意される。

 PX02SMシリーズは東芝として初めて24nmプロセスのエンタープライズマルチレベルセル(eMLC)のNANDフラッシュを採用したほか、新開発のコントローラと12GbpsのSASインターフェイスの搭載により、シーケンシャルリード速度で従来比約1.8倍の900MB/secという高速性を実現した。ランダムリード性能も12万IOPSを実現しているという。また、最大容量は1.6TBとなる。

 このほか、独自のエラー訂正技術「QSBC」を採用し、複数のエラー訂正回路を搭載することで、内部で発生するさまざまなエラーに対し適切に処理を行ない、効率的で精度の高い処理を実現するという。

 PX02AMシリーズはPX02SMシリーズと同様24nmプロセスのeMLCを採用するが、インターフェイスはSATA 6Gbpsとなり、シーケンシャルリード速度は最大500MB/secとなる。またPX03ANは19nmのクライアントマルチレベルセル(cMLC)のNANDとSATA 6Gbpsの採用で低価格化を図っている。

 各製品の主な仕様は下表の通り。

【表】各製品の仕様

容量 NAND インターフェイス 厚み シーケンシャルリード シーケンシャルライト ランダムリードIOPS ランダムライトIOPS 総書換えデータ量
PX02SMB160 1.6TB 24nm eMLC SAS 6Gbps/12Gbps 15mm 900MB/sec 400MB/sec 12万 3万 29.2PB
PX02SMF080 800GB 7mm 14.6PB
PX02SMF040 400GB 7.3PB
PX02SMF020 200GB 3.7PB
PX02AMF040 400GB SATA 6Gbps 500MB/sec 240MB/sec 3.6万 2万 2PB
PX02AMF020 200GB 1PB
PX02AMF010 100GB 130MB/sec 2万
0.5PB
PX03ANF048 480GB 19nm cMLC 240MB/sec 3.6万 1,500 0.06PB
PX03ANF024 240GB 0.03PB
PX03ANF012 120GB 130MB/sec 2万 0.015PB
PX03ANF505 55GB 300MB/sec 65MB/sec 1.2万 1,000 0.008PB

(2012年 8月 21日)

[Reported by 劉 尭]