Microsoft、自社ブランドのWindows 8タブレット「Surface」
〜Windows 8とRTの2モデルを投入

「Surface」

6月18日(現地時間)発表



 米Microsoftは18日(現地時間)、Windows 8に向け、自社ブランドのタブレット製品「Surface」を投入することを発表した。

 Surfaceはこれまで、40型程度の液晶を内蔵したテーブル型の製品のブランドだったが、今回Microsoftは、これまでOEMメーカーに任してきたWindows OS搭載ハードウェアを自社でも開発することを表明するとともに、そのブランド名をSurfaceとした。

 Windows 8 Pro/x86とWindows RT/ARMの2種類のOS/プラットフォームがあるが、基本的な外観は統一されている。液晶の大きさは10.6型で、筐体は粒子をまぶしたマグネシウム製で、厚さは0.65mmと薄いが、強度も確保。背面には、折りたたみ式のスタンドを備え、コンテンツの視聴に適した角度で本体を立てられる。

 また、カバー型キーボード「Touch Cover」を用意。iPadのカバーのように、磁石で本体に取り付けられる。厚さ3mmのカバーを開けると、内面にはキー1つ1つの凹凸が設けられており、独自の感圧センサーによって、画面上のソフトウェアキーより遙かに快適に打鍵できるとしている。さらに、厚さ5mmでメカニカルキーを備える「Type Cover」も用意。いずれのカバーもカラーバリエーションを取りそろえる。

 ハードウェアの内部仕様は、まだほとんど公開されていない。Windows RT機は、重量676g、厚さ9.3mmで、HD解像度10.6型液晶、ストレージ32GB/64GB、31.5Whバッテリ、microSD、USB 2.0、Micro HD Video(詳細不明)端子、Office Home & Student 2013などを装備。

 Windows 8 Pro機は、重量903g、厚さ13.5mmで、フルHD解像度10.6型液晶、ストレージ64GB/128GB、42Whバッテリ、microSDXC、USB 3.0、Mini DisplayPortなどを装備。

 発売日は、Windows RT機がWindows 8発売と同時で、Windows 8 Pro機はそれから約90日後の予定。価格は未定。米国のMicrosoft Store店舗およびオンラインショップで販売する。

横から見たところ 背後のキックスタンドを出したところ
Type Coverをつけたところ カバーのカラーバリエーション

(2012年 6月 19日)

[Reported by 若杉 紀彦]