オンキヨー、Core i7スレートPCのメモリ/SSD強化モデル

「TW3A-A31」シリーズ

5月中旬より順次発売

直販価格:89,800円〜134,800円



 オンキヨーデジタルソリューションズ株式会社は、11.6型スレートPC「TW3A-A31」シリーズの追加モデルとして、メモリやSSDを強化した3モデルを5月中旬より順次発売する。

 3月に発表された製品のメモリ/SSD容量を強化した。Windows 8 Consumer Previewを試したいユーザーなどへの要望に応える形で追加された。そのほかは発売中のモデルとほぼ同じ。

 最上位の「TW3A-A31C79H」は、メモリ4GB、SSD 128GBに強化。そのほかの主な仕様は、Core i7-2677M(1.80GHz、ビデオ機能内蔵)、Intel HM65 Expressチップセット、1,366×768ドット表示/マルチタッチ(静電容量式)対応11.6型ワイド液晶、Windows 7 Home Premium(SP1、32bit)を搭載。直販価格は134,800円。発売時期は5月中旬。

 Core i3-2367M(1.70GHz)を搭載する中位の「TW3A-A31C38H」、Celeron 867(1.40GHz)を搭載する下位の「TW3A-A31E88H」はそれぞれSSDを64GBに強化。直販価格は順に99,800円、89,800円。発売時期は5月下旬。

 インターフェイスはIEEE 802.11b/g/n無線LAN、Bluetooth 3.0+HS、USB 2.0、miniHDMI出力、SDカードスロット、130万画素Webカメラ、ヘッドフォン出力などを装備。3軸加速度センサー、照度センサーを内蔵する。

 バッテリ駆動時間は、Core i7モデルが約6.1時間、Core i3/Celeronモデルが約6.5時間。本体サイズは299×209×18mm(同)、重量は約1.09kg。

(2012年 4月 25日)

[Reported by 山田 幸治]