日本HP、ツールレスでメンテナンスできる一体型ワークステーション「Z1」

HP Z1 Workstation

4月26日 発売
価格:252,000円〜588,000円



 日本ヒューレット・パッカード株式会社(日本HP)は、ツールレスで容易にメンテナンスできる一体型ワークステーション「HP Z1 Workstation」を4月26日に発売する。

 上90度にチルト可能なスタンドで液晶面を接地面と水平に設置し、液晶を起こすと内部すべてにアクセスできる液晶一体型のワークステーション。システムクーラーをはじめ、メモリ、ビデオカード、HDD、光学ドライブ、電源ユニットなどもツールレスで取り外しできるようになっている。

本体背面 右側面下部のインターフェイス 右側面上部に電源ボタンやLEDインジケータを備える
左側面に収納可能なトレーを備え、Windowsのステッカーを貼りつけている 液晶面が水平になるとスタンドがロックされ、再度起こすためにはボタンを押したまま引き起こす レバーを起こすと液晶面がフタのように上がるようになっている
マザーボードの説明が貼られている システムクーラー システムクーラーを取り外したところ。電源は4ピンで、マザーボード直付けとなっている
HDDもレバーで換装可能 光学ドライブを取り外しできる(ただしケーブルが繋がれている) メモリは直接アクセスできる
Mini PCI Expressのスロット ビデオカードはMXM方式 ビデオカード側のMXM端子
マザーボード側のMXMコネクタ ビデオカードのファンの電源もコネクタで嵌るようになっている 内部実装用のUSB 2.0のAコネクタも見える

 CPUやメモリ、ストレージ、光学ドライブ、ビデオカードの違いで2モデルが用意される。

 下位の「Z1e/ZC3.3/1TK/8Xb/1000MA/kp JPN2」は、CPUにXeon E3-1245(3.3GHz)、メモリ8GB、Quadro 1000M(1GB)ビデオカード、1TB HDD、スロットイン式DVDスーパーマルチドライブなどを搭載し、価格は252,000円。

 上位の「Z1e/ZC3.5/300K+1/16Xc/4000A/kp JPN2」は、上記からCPUをXeon E3-1280(3.5GHz)、メモリを16GB、ビデオカードをQuadro 4000M(2GB)、ストレージを300GB SSD×2、光学ドライブをスロットイン式BDドライブに変更し、価格は588,000円。

 そのほかの仕様はほぼ共通で、Intel C206チップセット、2,560×1,440ドット表示対応27型ワイドIPS液晶ディスプレイ、OSにWindows 7 Professional(64bit)を搭載。

 液晶の仕様は、色域がNTSC比96%、中間色応答速度が12ms、最大輝度が380cd/平方m、コントラスト比が1,000:1、視野角が上下/左右ともに178度となっている。

 拡張ベイは3.5インチ×1または2.5インチ×2。拡張スロットはXMX×1(PCI Express x16相当、2.0対応)、Mini PCI Express x3(2.0対応)。インターフェイスは、USB 3.0×2、USB 2.0×4、IEEE 1394、DisplayPort、Gigabit Ethernet、IEEE 802.11a/b/g/n対応無線LAN、Bluetooth、Webカメラ、音声入出力などを備える。また、内部にUSB 2.0コネクタを1基、USB 2.0ピンヘッダを2基備える。

 本体サイズは660.4×419.1×584.2mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約21.32kg。USBキーボードとレーザーマウスが付属する。

(2012年 4月 9日)

[Reported by 劉 尭]