AMD、Bulldozerアーキテクチャの「AMD FX」シリーズを正式発表
〜8コア最上位モデルは水冷付き

「AMD FX」

10月12日(現地時間)発表



 米AMDは12日(現地時間)、Bulldozerアーキテクチャを採用し、最大で8コアを搭載するクライアント向けCPU「AMD FX」シリーズを発表した。

 クライアント向けで最大となる8コアを内蔵するCPU。アーキテクチャは新規に開発されたBulldozerで、昨今のAPUと違い、グラフィックス機能は内蔵しない。Bulldozerコアの特徴は、フェッチやデコード、浮動小数点などの利用頻度の低いユニットは共有しつつ、整数スケジューラや、実行パイプライン、L1データキャッシュなどを2基ずつ搭載し、1つのモジュールでデュアルコアとして機能する。命令セットは、Intelが先に実装したAVXやAESに対応。また独自のXOP、FMA4命令も追加した。

 TDPに収まる範囲内で、半分のコアを標準周波数より一時的にオーバークロックするTurbo COREを「Max Turbo」とし、新たに、標準状態より高く、Max Turboよりは低い周波数に全コアをオーバークロックさせる状態を「Turbo Core」とした。具体的に、8コアでベースが3.6GHzのFX-8150は、Turboコアで8コアが3.9GHzになり、Max Turboで4コアが4.2GHzとなる。なお、Turboはモジュールごとに機能するため、6コア製品ではMax Turboの状態になるのは、1モジュール=2コアまでとなる。

 オーバークロック耐性の高さも売りとしており、全製品で倍率固定が解除されている。実際、先だって同社は、AMD FXで液体ヘリウムによる冷却を利用して8GHz超のオーバークロックを達成し、ギネス世界記録に登録されたと発表している。

 CPUソケットはSocket AM3+。チップセットは従来のAMD9シリーズが対応。メモリはDDR3-1866にまで対応する。L2キャッシュは1モジュール(2コア)あたり2MB、共有L3キャッシュは8MB。プロセスルールは32nmで、TDPは95〜125W。

8コア製品のブロックダイヤグラム プラットフォームのブロックダイヤグラム
Turbo Core、Max Turboの効果 FMA4による効果

 7製品がラインナップされ、その内、FX-8150、FX-8120、FX-6100、FX-4100の4製品が10月下旬以降より発売される。なお、最上位のFX-8150は、日本が世界に先行して500個の限定発売となるが、水冷CPUクーラーとのバンドルのみで単体では販売されない。メーカー推奨販売価格は、8150が33,800円、8120が18,800円、6100が14,980円、4100が9,980円。

 各製品の主な仕様は下記の通り。

  基本周波数 Turbo Core Max Turbo TDP コア数
FX-8150 3.6GHz 3.9GHz 4.2GHz 125W 8
FX-8120 3.1GHz 3.4GHz 4GHz 95W/125W 8
FX-8100 2.8GHz 3.1GHz 3.7GHz 95W 8
FX-6100 3.3GHz 3.6GHz 3.9GHz 95W 6
FX-4170 4.2GHz n/a 4.3GHz 125W 4
FX-B4150 3.8GHz 3.9GHz 4GHz 95W 4
FX-4100 3.6GHz 3.7GHz 3.8GHz 95W 4

(2011年 10月 12日)

[Reported by 若杉 紀彦]