ロジクール、Unifying対応アイソレーションキーボード「K360」
〜省スペースタイプ、電池寿命は約3年

ロジクール ワイヤレスキーボード K360

6月24日 発売

価格:オープンプライス



 株式会社ロジクールは、省スペース設計でアイソレーションキーを採用したワイヤレスキーボード「K360」を6月24日より発売する。価格はオープンプライス、直販価格は4,980円。

 メインキーとテンキーの間にキーを持たない日本語105レイアウトで、キーピッチは19mmを維持しつつ幅を381mmとコンパクトにしたキーボード。キー間に隙間のあるアイソレーションタイプのキーを採用した。キースイッチはメンブレン。キーストロークは3mm。Webブラウザやメーラー、マルチメディア操作系のホットキーを備える。

 電源は単3乾電池×2、電池寿命は最大3年。本体サイズは381×155×19mm(幅×奥行き×高さ)、重量は512g。8度の角度調節が行なえる。

 ワイヤレス通信は2.4GHz帯で、独自のUnifyingに対応。1つのレシーバでそのほかのUnifying対応機器を同時に6台まで接続できる。通信距離は最大10m。レシーバのサイズは18×13×5mm(同)、重量は2g。

(2011年 6月 10日)

[Reported by 山田 幸治]