ユビキタス、Webで消費電力が監視できる電源タップ「iRemoTap」

iRemoTap

4月26日 発表



iRemoTapの説明を行なった同社 営業マーケティング本部 副本部長 兼 ビジネス開発部長 長谷川聡氏

 株式会社ユビキタスは26日、都内で記者向けのラウンドテーブルを開き、その中で消費電力をWeb画面から監視できる電源タップのコンセプトモデル「iRemoTap(アイリモタップ)」を発表した。

 iRemoTapは、本体内に無線LANモジュールと小型軽量のOS、管理アプリケーション(合計でも1MB未満)を内蔵し、コンセントごとの消費電力を計測して、無線ルーター経由でインターネットのWebサービスに使用状況のログをアップロードする機能を搭載。サービス利用者は、外出先からコンセントの使用状況を監視できるとともに、コンセントごとの電源のON/OFF操作ができる。

 無線設定はWPSをサポートし、ボタンを押すことで容易にネットワークに接続できる。一方Webサービス側からは、独自のユニークIDを入力することでタップを認識し、自動的にユーザーと紐付けする仕組みになっている。タップの登録は複数台できる。

 同社は、そのままでは見えない節電を、クラウドとネットワーク技術で“見える化”を実現する製品として位置づけており、今後もニーズに合わせた機能拡張などを行なっていく。なお、製品化はほかのメーカーを通して実現するか、ユビキタス自体が実現するかは現在検討中としている。

 価格に関しては、サービスと組み合わせて考慮する必要があるうえ、現時点ではまだコンセプトモデルであるため不明としているが、タップ自体は1万円未満に抑えられるとしている。

 iRemoTapおよびそのWebサービスは、2011年5月11日より、東京ビックサイトで開催されるESEC2011のブースにてコンセプトデモを行なう予定。


iRemoTapの概要 節電に向けた取り組みの第一歩 本体内に小型軽量のOSなどを搭載し、制御やログの送信などを行なう
WPSに対応し、容易に設定できる iRemoTapのWebサービスのデモ画面
コンセントごと利用状況の監視ができる 本体内に内蔵されている無線チップ

(2011年 4月 26日)

[Reported by 劉 尭]