東芝、Android 3.0搭載の「レグザタブレット AT300」

レグザタブレット AT300

6月下旬 発売
価格:オープンプライス



 株式会社東芝は、Android 3.0を搭載したタブレット「レグザタブレット AT300」を6月下旬に発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は6万円前後の見込み。

 CPUにTegra 2(1GHz)、OSにAndroid 3.0を搭載したタブレット端末。Android用アプリケーション「レグザAppsコネクト」に対応し、東芝製液晶TV「レグザ」やBlu-ray Discレコーダ「レグザブルーレイ」(対応製品のみ)のリモコンとして利用できるのが特徴。また、同社独自の電子書籍ストア「ブックプレイス」にも対応する予定。

 液晶は1,280×800ドット(WXGA)表示対応の10.1型LEDバックライト搭載ワイド液晶を搭載。レグザの高画質化機能をベースにした、ソフトウェア上で鮮鋭感を向上させる「レゾリューションプラス」機能や、太陽光の下でバックライト輝度に加えてコントラスト比を向上させることで見やすくする「Adaptive Display」などを備える。

 このほか、スピーカーの音質を改善する「Audio Enhancer」、周囲の騒音に埋もれる成分を強調することで聞き取りやすい音質にする「Auto Ambient Noise Equalizer」、VoIPの音質を改善する「SRS Premium Voice Pro」などの機能を搭載。リモートロックやデータ消去機能、リモートバックアップ機能、紛失時のアラームと位置情報追跡機能などが利用できるセキュリティサービス「McAfee WaveSecure for Android Tablet」も備える。

 メモリは1GBで、ストレージとして16GBのフラッシュメモリを搭載。インターフェイスとして、IEEE 802.11b/g/n対応無線LAN、Bluetooth、HDMI出力、500万画素背面カメラ+200万画素前面カメラ、SDカードスロット、USB、miniUSBなどを備える。

本体正面 本体背面

(2011年 4月 20日)

[Reported by 劉 尭]