ロジクール、13個のボタンを搭載したプロユース向けマウス
〜有線/無線の両方で通信が可能

ワイヤレスマウスG700

9月3日 発売
価格:オープンプライス



 株式会社ロジクールは、有線および無線の両方で通信が可能なハイエンドマウス「ワイヤレスマウスG700」を9月3日より発売する。価格はオープンプライスで、直販価格は9,980円。

 USBケーブルと付属のUSB無線アダプタのどちらでも通信が可能なマウス。USBケーブルは着脱式となっており、無線アダプタをPCにつなぐと2.4GHz帯の無線式になる。無線アダプタは本製品専用のもので、有線だけでなく無線でも1,000Hzの高速な通信が可能で、細かく、素早い制御が必要なクリエイティブユーザーやゲームユーザーに好適としている。

 ニッケル水素バッテリが付属し、充電はUSBケーブルで行なうが、有線接続時はバッテリを取り外した状態でも動作する。また、無線アダプタは底面のふたを開けて、バッテリのそばに収納できる。

左側面に4つのボタンと3個のLEDを搭載

 全部で13個のボタンを搭載するのも大きな特徴。左右ボタン、ホイール(左右チルト含め3ボタン扱い)に加え、左側面に4つ、左ボタンの脇に3つ、ホイールの手前に1つのボタンを装備。ボタンの割り当ては付属ソフトで変更し、その設定は5種類まで本体内のメモリに保存できるので、一度設定すれば、他のPCでも同じ設定で利用できる。ホイールは、回転時のクリック感のあるモードとクリック感のない高速回転モードを、手前にある専用ボタンで切り替えられる。

 左側面には3個のLEDがあり、色と表示パターンで、プロファイル、解像度、充電状態を知ることができる。

 底面には電源スイッチを装備。標準ではアイドル状態が続くとスリープへ移行するが、ソフトでスリープに移行しないようにも設定できる。

 センサーはレーザーで、解像度は200〜5,700dpi。ポーリングレートは125/200/250/333/500/1,000Hzから選択可能となっており、非力なPCではレートを下げてCPU負荷を減らすことができる。最大加速は30G、最大速度は165インチ/sec。

 対応OSは、Windows XP/Vista/7。本体サイズと重量は、マウスが79.8×126.3×45.9mm(幅×奥行き×高さ)/151g(バッテリ含む)、無線アダプタが14.4×18.7×6.1mm(同)/2g。ケーブル長は170cm。

(2010年 8月 23日)

[Reported by 若杉 紀彦]