Intel、6コア/3.2GHzのCore i7-970や1.8GHzのAtom D525などを追加
〜Core i7-870などは大幅値下がり

7月18日(現地時間)改訂



 米Intelは18日(現地時間)、OEM向け1,000個ロット時のCPU価格表を改訂。Core i7-970などハイエンドモデルを追加するとともに、従来製品の一部について価格改定、および削除を行なった。

 追加になったのは、各シリーズで最上位に位置するもの。Core i7-970は、Extreme Editionを除くCore i7として初の6コアモデル。クロックは3.2GHz、L3キャッシュは12MB、価格は885ドル。

 このほか低電圧版Core iに、3GHz駆動、L2キャッシュ8MBのi7-870S(351ドル)が、Core i5では、2.8GHz駆動、L3キャッシュ8MBのi5-760(205ドル)、Atomでは、1.8GHz駆動、L2キャッシュ1MB、デュアルコアのD525(63ドル)と、1.8GHz駆動、L2キャッシュ512KB、シングルコアのD425(42ドル)が追加された。なお、これらの新製品はすでに先週末から秋葉原店頭などで発売されている。

 価格が改定されたものとしては、Core i7-870(2.93GHz)が562ドルから294ドルに48%、Xeon X3480(3.06GHz)が589ドルから328ドルに44%値下げ。Core i3-540(3.06GHz)、Pentium E6600(3.06GHz)、同E5500(2.8GHz)も十数%値下げされた。

 また、一部プロセッサの下位モデルと、Xeon 5400番台のほとんどが価格表から削除された。

(2010年 7月 20日)

[Reported by 若杉 紀彦]