日本HP、省スペースワークステーション「Z200 SFF」
〜従来の1/3の体積にNehalem搭載

HP Z200 SFF/CT Workstation

4月15日 発売
最小構成価格:120,225円



 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は、日本市場に向けた省スペースワークステーション「HP Z200 SFF/CT Workstation」(以下Z200 SFF)を4月15日に発売する。なお、SFFはスモールフォームファクターの略。

 Z200 SFFは、Intel 3450チップセットがベースで、CPUにNehalemベースのCore i3/i5、Xeon 3400を搭載可能。NVIDIA Quadro FX 380 LPやATI FireProなどのロープロフィールのビデオカードが搭載可能となっている。

 通常の省スペースPCと異なり、ECC付のDDR3メモリを使用するなど、信頼性の高さを重視した仕様が盛り込まれている。また、CAD/CAMを始めとするソフトウェアベンダー(ISV)との協力による動作認証や、ワークステーション専用のサポート窓口、長い製品サイクルなど、通常のワークステーションと同じ体制が用意される。

 また、電源効率89%(80PLUS SILVER認証)の電源や、待機電流を1W以下に抑えるWattSaveテクノロジの搭載などにより、グリーン化を計っており、ENERGY STAR v5認証の構成も可能となっている。

 本体サイズは、100×381×338mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約7.6kg。既存機種のZ200に対して約3分の1の容積となっている。

 価格は、Core i3-530(2.93GHz、ビデオ機能内蔵)、2GBメモリ、250GB HDD、光学ドライブ無し、Windows XP Professional(Windows 7 Professionalダウングレード)の最小構成で、120,225円。

岡隆史副社長 日本市場の要請で作られた製品 PCとワークステーションの相違点
ワークステーションはサポート体制が異なる ワークステーションの用途は広がっている グリーン化は企業向けPCでは欠かせない
最小構成で12万円ちょっと 内部はぎっしりという印象

 発表会場では、日本HP 取締役副社長 執行役員 パーソナルシステム事業統括の岡隆史氏が、「省スペースのワークステーションを日本向けに作って欲しいと、ずっとお願いして、ようやく作ってもらえた。ワークステーションは、特殊な存在ではなく、医療を始めとして、さまざまな分野に用途が広がっている。専用サポート窓口の土日祝日対応など、業務で使っていただくための環境も整備したので、これまで使っていただけなかった分野でも活用していただきたい」と述べた。

国内市場のシェア推移 ワールドワイドのシェア推移 地域別のシェア推移

 また、米HPからワークステーション・グローバル・ビジネス・ユニット ワールドワイド・マーケティング ディレクターのジェフ・ウッド氏も登壇した。「HPはCompaqと合併してから、ワークステーション市場ではDellを追いかけてきたが、ようやく追いつき、逆転もした。いまはこの2社が僅差で競り合いながら市場の大半を占めている状態だ」と市場の状況を概観した。

 続いて、ワークステーションにかかっていた布を取り去るが、これまでの話ほど小さくはない。実は、このワークステーションはケースだけで、ウッド氏は、その中から本物のZ200 SFFを取り出した。Z200 SFFの小ささを印象づけるために、わざわざ米国から持参したという。

ベールを取られたワークステーションは意外に大きい 実は、中に本当のZ200 SFFが入っていた ケースの内部はちゃんと保護材が貼ってある
なんとフタにまで保護材が貼ってある。一瞬のプレゼンのために、かけている手間がすごい こんなに小さくなりました 工具無しで簡単に内部がさわれると嬉しそうに説明する

それぞれがZ200 SFFを持ってツーショット。さすがに重そうだった

 ウッド氏はZ200 SFFを持ちながら、「HPのワークステーションは市場では“一番”になります」と述べて、スピーチを締めくくった。また、質疑応答の席でも、「このサイズでこの冷却効率は、他社には真似できない」と技術への自信を見せた。

 実は、この日のモデルチェンジは、既存のZシリーズワークステーション全体に及んでいる。また、IPS液晶を搭載しながら、省電力設計の22型と24型の液晶ディスプレイも発表されている。しかし、発表内容は完全にZ200 SFFに絞り込まれており、この機種にかける日本HPの力の入れ方が並々ならぬ物であることを感じさせた。

(2010年 4月 7日)

[Reported by 伊達 浩二]