東芝、業界最大320GBの1.8インチHDD

MK3233GSG

11月5日 発表



 株式会社東芝は5日、業界最大容量となる320GBの1.8インチHDD「MK3233GSG」を発表した。12月より量産を開始する。

 1.8インチHDDで最大容量となる320GBのHDD。垂直磁気記録方式を改善し、記録密度を801Mbit/平方mmに向上させることで同容量を実現した。また、SATAインターフェイスと16MBのバッファを搭載し、記録密度の向上と合わせて、内部転送レートを従来モデル「MK2529GSG」から15%向上させた。

 主な仕様は、ディスク枚数が2、ヘッド数が4で、回転数が5,400rpm。平均シークタイムは15ms。インターフェイスはSATA(3Gbps)。消費電力はシーク/アイドル/リード時のいずれも1.3W。騒音レベルはアイドル時が18dB、シーク時が4dB低減して19dB。

 本体サイズは54×78.5×8mm(幅×奥行き×高さ)、重量は62g。

 320GBモデルのほか、250GBの「MK2533GSG」と160GBの「MK1633GSG」も同時に発表されている。

(2009年 11月 5日)

[Reported by 松山 靖之]

【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
お問い合わせに対して、個別にご回答はいたしません。

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.