アイ・オー、USB 3.0対応インターフェイスと外付けHDD

USB3-PEX

11月中旬より順次発売



 株式会社アイ・オー・データ機器は、USB 3.0に対応するインターフェイスおよび外付けHDDを11月中旬より順次発売する。対応OSはWindows XP/Vista/7。

 インターフェイスはPCI Express x1接続の「USB3-PEX」、ExpressCard/34接続の「USB3-EXC」で、価格は順に6,615円、8,925円。発売は11月中旬。

 いずれもUSB 3.0を2ポート装備。USB Implementers Forum(USB-IF)のUSB 3.0ロゴ認証を取得予定としている。本体サイズと重量は、USB3-PEXが約85×69mm(幅×高さ)、約50g、USB3-EXCが約34×22.5×110mm(幅×奥行き×高さ)、約35g。USB3-PEXはLowProfile対応ブラケット、USB3-EXCはExpressCard/54アダプタが付属する。

 外付けHDD「HDJ-UT」シリーズは、容量1TBの「HDJ-UT1.0」、1.5TBの「HDJ-UT1.5」の2モデルを用意。価格は順に22,050円、26,565円。発売は12月上旬。USB 3.0インターフェイスを使った場合のデータ転送速度は、同社の測定によると139.3MB/secとしている。

 本体サイズは約46×223×155mm(同)、重量は約1.6kg。USB 3.0ケーブル、ラバーフットが付属する。

USB3-EXC HDJ-UTシリーズ

(2009年 11月 4日)

[Reported by 山田 幸治]

【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
お問い合わせに対して、個別にご回答はいたしません。

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.