レノボ、Windows 7搭載の11.6型CULVノート

IdeaPad U150

発売中
価格:オープンプライス



天板やパームレストに三角形を組み合わせたパターン

 レノボ・ジャパン株式会社は、Windows 7の登場に合わせCULV CPUを搭載した11.6型ノートPC「IdeaPad U150」を発売した。価格はオープンプライス。

 CULV CPUを採用し、約7時間のバッテリ駆動時間とAtomより1段上のパフォーマンスを実現したノートPC。天板やパームレストに三角形を組み合わせたパターン加工が施されている。店頭予想価格は通常モデルが72,800円前後、Office Personal 2007を追加したモデルが92,800円前後の見込み。

 主な仕様は共通で、1,366×768ドット表示対応11.6型液晶ディスプレイ、Celeron SU2300(1.2GHz)、Intel GS45 Expressチップセット(ビデオ機能内蔵)、2GBメモリ(最大8GB)、250GB HDD、OSにWindows 7 Home Premiumなどを搭載する。

 インターフェイスは、IEEE 802.11a/b/g/n対応無線LAN、Bluetooth V2.1+EDR、Gigabit Ethernet、USB 2.0×2、USB/eSATAコンボポート、マルチカードリーダ、HDMI、ミニD-Sub15ピン、130万画素Webカメラ、音声入出力など。

 本体サイズは291.8×192.4×24〜34.3mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約1.5kg。バッテリはリチウムイオン。

(2009年 10月 22日)

[Reported by 松山 靖之]

【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
お問い合わせに対して、個別にご回答はいたしません。

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.