アップルの最新OS「Mac OS X Snow Leopard」が発売

8月28日 発売
価格:3,300円



Snow Leopard

 アップルの最新OS「Mac OS X Snow Leopard」が日本時間の28日に発売された。Apple Store銀座には、熱心なユーザー約50人が詰めかけ、通常よりも1時間早い午前9時に開店して対応した。

 その後、昼休みにかけてさらに多くのユーザーが来店し、夕方にはさらなる混雑が予想されている。下記の写真は午後1時前の同店の様子だ。また、僚誌Akiba PC Hotlineによると、秋葉原のMac Collection Akibaでは28日0時に深夜販売が行なわれ、約150人が列を形成した。

 同社の説明員は、「かんたん、きれい、楽しいがMacの魅力。それを突き詰めたのがSnow Leopard。大きく変わってはいないが、充分成功しているものを無理に変える必要はなく、新機能を追加してブラッシュアップされている」とアピール。

 実際、Leopardのパッケージ版は、Appleの歴史上最も売れたパッケージソフトになっており、それにあやかりLeopardを踏襲してSnowが付加されているのだという。

 Snow Leopardでは64bit対応の強化、Grand Central Dispatchによるマルチコア対応の強化、OpenCL対応が大きな変更点として挙げられている。細かな部分ではExposeやQuickTime、Finderが強化されより使い勝手が向上している。また、MicrosoftのExchangeに対応するなど、Windowsユーザーにもアピールするアップデートとなっており、さらなるシェアの獲得を狙う構えだ。

Apple Store銀座の様子(13時前)
強化されたExpose 最新のQuickTimeでは動画のトリミングも可能に

(2009年 8月 28日)

[Reported by 松山 靖之]

【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
お問い合わせに対して、個別にご回答はいたしません。

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.