エルピーダ、QimondaからGDDRのライセンス/資産を取得

8月6日 発表



 エルピーダメモリ株式会社は6日、独Qimonda AGとGDDRの技術導入や設計資産の一部を譲り受けることで合意した。これにより、エルピーダはグラフィックDRAM事業に参入し、2010年上期に1GbitのGDDR3とGDDR5の出荷を開始する。

 エルピーダがQimondaの技術資産を取得し、グラフィックスDRAM事業に参入する。技術開発はエルピーダのミュンヘンデザインセンターにて、Qimondaのエンジニア50名弱を中心に進める。2010年上期に1GbitのGDDR3とGDDR5を出荷する予定。これらの製品はQimondaで量産/設計完了の実績があり、Qimondaのプロセス技術を継承するWinbond Electronicsに生産を委託する。2010年下期には2GbitのGDDR5の量産を広島工場にて開始する。

 エルピーダは、汎用DRAMを始めGDDR DRAMや高速XDR DRAM、Mobile RAMといったすべてのDRAM分野をカバーするベンダーは世界的にも限られており、DRAM市場において同社が果たす役割は非常に大きいとしている。

(2009年 8月 6日)

[Reported by 松山 靖之]

【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
お問い合わせに対して、個別にご回答はいたしません。

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.