UQ、WiMAXサービスを7月1日に正式スタート
〜月額4,480円、一日600円のコースも

UQ WiMAX

7月1日 開始



UQコミュニケーションズ代表取締役社長 田中孝司氏

 UQコミュニケーションズ株式会社は6月8日、WiMAXサービス「UQ WiMAX」を7月1日に正式スタートすると発表した。

 6月8日に都内で開かれた記者会見では、同社代表取締役社長 田中孝司氏が、UQ WiMAXサービスの概要や今後の展開について説明した。


●オープン化

 冒頭で同氏は、2月26日に開始した試用サービスから紹介し、「試用サービス開始当初から、7月1日の正式スタートを目指してやってきたが、約束を果たすことができた。この4カ月の間、ユーザーから“高速で快適である”といった評価から、“もっとエリアを拡大して欲しい”という声を得ることができた」と話した。

 続いて、WiMAXのオープン化について説明。従来の携帯電話市場は、通信事業者がサービスや製品、流通などを統合してきたが、WiMAXでは標準規格に合わせてサービスや製品が自由に流通できる。これによって「デバイスのオープン化」と「ネットワークのオープン化」が実現するとした。

 携帯電話では、まずキャリア事業者を選んでから、デバイスを選ぶという制限がユーザーに課されていたが、WiMAXではユーザーがデバイスを購入してから、好きなオペレータを選択することができる。これによりユーザーはデバイスを選択する自由が得られるとした。

 一方、MVNO(仮想移動体サービス事業者)についても、業種や業界を超えた新しいオペレータが登場。その一例として、ISPの@niftyやBIGLOBE、家電量販店のヤマダ電機やビックカメラ、通信キャリアのKDDI、商社のDiSなどを紹介した。

オープンな市場の形成 リテールデバイスの登場によりユーザーにデバイスを選択する自由が生まれる 購入後のオンライン登録で好きなオペレータを選択することができる

●料金プラン

 料金プランについては、予告通り7月1日より開始する月額4,480円の「UQ Flat 完全定額プラン」のほかに、任意の日に1日600円で利用できる「UQ 1day 1日利用プラン」を追加し、10月1日よりスタート。また、最大3台までのデバイスを1台あたり200円で追加できる「機器追加オプション」を7月1日より提供する。

 このうちUQ Flatは登録料2,835円が必要だが、UQ 1dayと機器追加オプションは登録料無料となっている。また、UQ FlatとUQ 1dayプランは、10月1日開始予定の地下鉄や新幹線内、空港ラウンジで無線LAN接続する「UQ Wi-Fiオプション」が無料で利用できる。

月額4,480円の定額プラン 600円で1日だけ利用できるプラン
2台目移行は追加200円で利用可能 定額プランと1日プランではWi-Fiオプションが利用可能

●エリアの拡大

 サービスの提供エリアについて田中氏は、「7月1日のサービス開始時点において、首都圏では主要エリアはすべてカバーする。まだ多摩地域、埼玉、千葉において未カバーエリアが多いが、順次増やしたい」とした。

 名古屋はまだ穴があるもののほぼすべてカバーしたという。一方、苦戦しているのは京都、大阪、神戸などの関西方面で、カバーしていないエリアが多い。

 ユーザーの利用エリアが対応かどうかの不安を抹消するために、“Try WiMAX”キャンペーンを7月1日から提供する。ユーザーがUQ WiMAXホームページで申し込めば、データ通信カードまたはWi-Fiゲートウェイセットを無償で貸与し、15日間無料で利用できる。

 また、7月以降、ピンポイント住所からWiMAX提供エリアかどうかを調べられるホームページを公開し、ユーザーに対して提供地域を明確にしていく方針を明らかにした。

首都圏のカバーエリア 名古屋のカバーエリア
関西のカバーエリア 15日間利用無料で機器を貸し出すサービスも

●WiMAXは第3の波
Intel 主席副社長 兼 最高セールス&マーケティング責任者のショーン・マローニ氏

 Intel 主席副社長 兼 最高セールス&マーケティング責任者のショーン・マローニ氏も発表会で登壇し、IntelとUQの協業について語った。

 同氏は、'80年代に普及したEthernetによってインターネットが発展し、'90年代後半に普及したWi-FiによってノートPCが発展した過去を挙げ、そして「WiMAXが第3の波になる」と指摘。携帯電話と比較して、スマートフォンのデータ帯域幅が30倍、PCでは450倍に上るとし、「現在ではインターネットが生活に溶け込むようになっているので、WiMAXが不可欠だ」と説明した。

 特にネットブックの勢いはグローバルで伸びており、2009年末には100近いモデルが出荷されると予測。WiMAX搭載も必須になるだろうとした。また、アメリカを含む世界各国でもWiMAXの需要があり、現在4億3,000万人をカバーしているが、2010年までには8億人を目処にカバーしたいとした。

 WiMAXを利用したデモとして、車で都内を巡回し、撮った動画をリアルタイムにWiMAX経由で送信してセンターで管理する様子を紹介し、「今後もこういったアプリケーションが増えると期待している」と語った。


Ethernet、Wi-Fi、そしてWiMAXの普及 広帯域幅へのニーズの拡大
ネットブック市場の拡大 WiMAXを利用した動画ストリーミングのデモ
WiMAX対応機器やソリューションを開発した12社の代表。

 発表会の最後で、WiMAX対応機器、またはソリューションを開発した12社の代表が登壇。WiMAX正式サービススタートを祝辞し、自社の製品を紹介した。なお、各製品については別記事を参照されたい。

 質疑応答では、「イー・モバイルのように100円PCのような展開はするのか」という質問に対し、田中氏は、「イー・モバイルによってネットブック市場環境が形成されたので、尊敬はしている。しかし我々は前述のようにオープンなデバイスとネットワークを構築しているため、我々UQとしては“ありえない”」と答えた。


(2009年 6月 8日)

[Reported by 劉 尭]

【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
お問い合わせに対して、個別にご回答はいたしません。

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.