ニュース

ワコム、筆圧8,192レベル対応デジタイザ搭載の4K Windowsタブレット「MobileStudio Pro」

~感度4倍の「Pro Pen 2」を初搭載

MobileStudio Pro 13

 株式会社ワコムは6日、外出先でもクリエイティブな制作環境が必要なプロクリエイター向けの小型軽量ペンタブレット「MobileStudio Pro」を発表した。11月下旬より発売予定で、詳細の発売日及び価格は追って発表する予定。

 ワコム最新のペン技術を搭載した「Pro Pen 2」を初めて付属。感性を引き出す自然な書き心地を実現するために開発されたこのペンは、筆圧感知レベルをこれまでの4倍となる8,192レベルにまで引き上げ、筆先のニュアンスを忠実に表現するという。傾きは±60度。

Pro Pen 2

 ラインナップは13.3型と15.6型の2モデルだが、15.6型モデルにはCGや画像処理に好適というNVIDIAのQuadro M1000Mを搭載。また、物体を3Dスキャンしてデータを制作したいユーザー向けにIntelのRealSenseカメラを搭載したモデルも用意(13.3/15.6型ともに512GBモデルのみ装備)。「ZBrush」や「Fusion 360」といった3Dモデリングソフトで利用できる。

 同社のペンタブレットのユーザーインターフェイスを踏襲するのも特徴で、液晶の横にエクスプレスキーやタッチリングを備え、ペンにもサイドスイッチを装備。ショートカットを割り付け素早く操作できる。また、変換アダプタ「Wacom Link」を用いれば、Macと接続して液晶ペンタブレットとしても使用できる。

 いずれの液晶ディスプレイも最大輝度は150cd/平方m、コントラスト比は1,000:1、視野角は上下/左右ともに178度などとなっている。また、無線キーボード、モバイルスタンド、ソフトケース、替え芯などが付属する。

MobileStudio Pro 13

 13.3型の「MobileStudio Pro 13」は4モデル展開で、全て2,560×1,440ドット(WQHD)表示対応の高輝度IPSパネルを搭載。Adobe RGBカバー率は96%。主な仕様は最下位モデルがCore i5-6267U(2.9GHz)/メモリ4GB/ストレージ64GB、下位モデルがCore i5-6267U/メモリ8GB/ストレージ128GB、上位モデルがCore i7-6567U(3.3GHz)/メモリ8GB/ストレージ256GB、最上位モデルがCore i7-6567U/メモリ16GB/ストレージ512GB。

 グラフィックスはCPU内蔵のIris Graphics 550で、OSは下位2モデルがWindows 10 Home、上位2モデルがWindows 10 Pro。インターフェイスは、UHS-II対応microSDカードリーダ、USB Type-C×3、IEEE 802.11ac対応無線LAN、Bluetooth 4.1、前面500万画素Webカメラ、音声入出力などを搭載。

 センサーはGPS、電子コンパス、加速度、照度、ジャイロ。バッテリはリチウムポリマーで、駆動時間は最大6時間。本体サイズは336.6×228.8×16.4mm(幅×奥行き×高さ)、重量は1,320g。

MobileStudio Pro 16

MobileStudio Pro 16

 15.6型の「MobileStudio Pro 16」は2モデル展開で、いずれも3,840×2,160ドット(4K)表示対応の高輝度IPSパネルを搭載。Adobe RGBカバー率は94%。仕様は下位モデルがCore i5/メモリ8GB/Quadro M600M(2GB)/ストレージ256GB、上位モデルがCore i7/メモリ16GB/Quadro M1000M(4GB)/ストレージ512GBとなっている。

 いずれもOSはWindows 10 Pro。インターフェイスはUHS-II対応microSDカードリーダ、USB Type-C×3、IEEE 802.11ac対応無線LAN、Bluetooth 4.1、前面500万画素/背面800万画素Webカメラ、音声入出力などを搭載する。

 センサーはGPS、電子コンパス、加速度、照度、ジャイロ。バッテリはリチウムポリマーで、駆動時間は最大6時間。本体サイズは418×262×19mm(同)、重量は2,200g。