Hothotレビュー

360度回転ヒンジを採用した高性能2in1「ThinkPad X1 Yoga」

「ThinkPad X1 Yoga」

 レノボ・ジャパンから登場した「ThinkPad X1 Yoga」は、通称Yogaスタイルとも呼ばれる、360度回転ヒンジを備えた2in1 PCである。ThinkPad X1ファミリーは、ビジネス向けプレミアムノートPCであり、性能と携帯性を重視していることが特徴だ。従来からYogaスタイルのThinkPadはリリースされていたが、ThinkPad X1ブランドとしては初となる。ThinkPad X1 Yogaを試用する機会を得たので、早速レビューしていきたい。

360度回転ヒンジにより4つのスタイルで利用できる

 ThinkPad X1 Yogaは、一見、普通の14型液晶搭載クラムシェル型ノートPCに見えるが、液晶のヒンジが360度回転するようになっており、反対側にたたむことで、タブレットとしても使える、1台2役の2in1 PCである。ThinkPadシリーズのアイデンティティともいえる黒い筐体は、ビジネスの現場にふさわしいデザインだ。本体のサイズは、333×229×15.3〜16.8mm(幅×奥行き×高さ)とスリム、重量は1.36kgで、携帯性は悪くない。

 通常のノートPCとして利用する「ラップトップモード」と、液晶を360度回転させて使う「タブレットモード」以外に、液晶を反対側まで回転させて、山形の状態でヒンジを上にして置く「テントモード」や液晶を反対側まで回転させてキーボード面を下にして置く「スタンドモード」での利用も可能だ。

 ThinkPad X1 Yogaは、店頭モデルと直販モデルがあり、それぞれCPUやメモリ容量、SSD容量などが異なるいくつかのモデルが用意されており、直販モデルについては仕様のカスタマイズも可能だ。今回の試用機は、CPUとしてCore i7-6500U(2.5GHz)を搭載し、メモリは8GB、ストレージとしてNVMe対応の512GB SSDを搭載していた。

ThinkPad X1 Yogaの上面
ThinkPad X1 Yogaの底面
ThinkPadロゴのiの点はLEDになっており、動作中は点灯する
ThinkPad X1 Yogaのヒンジは2軸になっており、それぞれのヒンジが180度回転することで、360度の回転が可能だ
液晶を360度回転させてタブレットモードにしたところ
試用機の本体重量は実測で1,352gであった
試用機のデバイスマネージャーを開いたところ
液晶を360度回転させると、Windows 10もタブレットモードに自動的に切り替わる

2,560×1,440ドットの14型IPS液晶を採用

 液晶は14型で、解像度は2,560×1,440ドットのWQHD表示である。視野角の広いIPS液晶を採用しているため、タブレットモードでの視認性も良好だ。10点マルチタッチ操作に対応しており、額縁部分も含めてフラットになっているため、デザイン的にもすっきりしている。表面の反射率は、ノングレア液晶と光沢液晶の中間くらいで、外光の映り込みもそれほど気にならないレベルだ。発色やコントラストも優秀であり、表示品位は満足できる。液晶上部には、720pのWebカメラが搭載されており、ビデオチャットなどに利用できる。なお、直販モデルでは1,920×1,080ドットのフルHD解像度も選択可能だ。

 さらに、2016年6月には、有機ELモデルの追加も予定されている。有機ELは自発光デバイスであり、応答速度が液晶よりも遙かに高速で、表示色域も広い。有機EL採用モデルは、バックライトが不要になるため、重量も1.27kgに軽減される。

液晶は14型で、解像度は2,560×1,440ドットのWQHD表示である。タッチ操作対応であり、額縁部分も含めて、表面はフラットになっている
液晶上部には720pのWebカメラが搭載されており、ビデオチャットなどに利用できる

タブレットモード時にはキートップが沈んでロックされる「Lift'n' Lock」機構

 キーボードは、6列配列のアイソレーションキーボードであり、最近のThinkPadではお馴染みのタイプだ。キー配列は標準的で、キーピッチは19mm、キーストロークは1.8mmと余裕があるので、快適なタイピングが可能だ。

 このキーボードには、「Lift'n' Lock」と呼ばれる独自の機構が搭載されており、液晶を360度回転させてタブレットモードにすると、キートップが沈んで周りと同じ高さになり、ロックされて押せなくなる。Yogaスタイルの2in1 PCでは、タブレットモード時に底面にキーボードが剥き出しになるので、持ったときに気になるという人も多いが、Lift'n' Lockを搭載したThinkPad X1 Yogaならそうした心配はない。

 ポインティングデバイスとしては、ThinkPadクリックパッドが搭載されている。パッドタイプのデバイスと、キーボード中央のスティックタイプのデバイス(TrackPoint)の両方から構成されており、自分が使いやすいデバイスを使えることが利点だ。キーボード、ポインティングデバイスともに完成度は高く、使いやすい。

 また、パームレスト右側にタッチ式の指紋センサーを搭載。以前はスライド式センサーが採用されていたため、指紋認証時に指をスライドさせる必要があったが、ThinkPad X1 Yogaの指紋センサーは指先を軽くあてるだけで、指紋認証が可能であり、誤認識も少ない。

6列配列のアイソレーションキーボードを採用。キーピッチは19mm、キーストロークは1.8mmと余裕があり、キー配列も標準的で使いやすい
ノートPCとして利用している場合は、このようにキートップが盛り上がり、キーボードからの入力が可能
液晶を360度回転させてタブレットとして使う場合は、キートップが沈み、ロックされるので、手で持ったときも気にならない
ポインティングデバイスとして、ThinkPadクリックパッドが採用されている。スティックとパッドの両方を利用できることが利点だ
パームレスト右側に指紋センサーを搭載。以前のThinkPadに搭載されていたスライド式ではなく、タッチ式のセンサーである

2,048段階の筆圧検知に対応したペンを搭載

 ThinkPad X1 Yogaは、「ThinkPad Pen Pro-3」と呼ばれるペンを搭載していることも特徴だ。このペンは、本体右側面に収納できるようになっているので、紛失する心配はない。また、バッテリを内蔵しており、本体に挿入すると自動的に充電が行なわれる。15秒間で80%の充電が可能で、5分以内にフル充電が完了。フル充電で19時間の利用が可能だ。2,048段階の筆圧検知に対応するほか、2つのボタンを備えており、消しゴム機能などのさまざまな機能を割り当てられる。ペンの精度や応答も優秀であり、快適に手書きメモなどが行なえる。

新型ペン「ThinkPad Pen Pro-3」は本体の右側面に収納できるようになっている
ThinkPad Pen Pro-3は、2,048段階の筆圧検知に対応する
ThinkPad Pen Pro-3は、2つのボタンを備えているほか、バッテリを内蔵しており、本体に挿入すると充電される。フル充電で19時間の利用が可能だ
15秒間で80%の充電が可能で、5分以内にフル充電が完了する
ThinkPad Pen Pro-3を利用しているところ。ボタンを押しながらペンで触れると、書いた線を順番に消すことができる

独自ポートの「One Link+」を搭載

 インターフェイスとしては、USB 3.0×3、Mini DisplayPort、HDMI出力、ヘッドフォン端子のほか、独自ポートのOne Link+も用意されている。有線LANポートは本体には搭載されていないが、One Link+コネクタに接続する有線LAN変換アダプタが付属する。One Link+に、オプションの「ThinkPad One Linkドック」を接続することで、インターフェイスの拡張が可能だ。

 カードスロットとしてはmicroSDカードスロットを搭載。ワイヤレス機能としては、IEEE 802.11ac/a/b/g/n準拠の無線LANとBluetooth 4.1を搭載する。さらに、ジャイロセンサー、デジタルコンパス、光センサー、加速度センサー、近接センサーも搭載する。カードスロットが標準サイズのSDカードスロットでないことが残念だが、それ以外に関しては満足できる仕様だ。

左側面には、電源コネクタ、One Link+、Mini DisplayPort、USB 3.0が用意されている
左側面のポート部分のアップ
右側面には、ThinkPad Pen Pro-3の収納部、電源ボタン、音量ボタン、ヘッドセット端子、USB 3.0×2、HDMI出力が用意されている
右側面のポート部分のアップ
One Link+を有線LANに変換するアダプタが付属している
One Link+−有線LAN変換アダプタの有線LANコネクタ部分

無線LAN常時オンの実測で10時間を超えるバッテリ駆動時間を実現

 公称バッテリ駆動時間は約9.2時間または9.8時間(構成によって異なる)とされているが、実際にバッテリベンチマークソフトの「BBench」(海人氏作)を利用し、1分ごとに無線LAN経由でのWebアクセス、10秒ごとにキー入力を行なう設定でバッテリ駆動時間を計測したところ(電源プランは「バランス」、液晶輝度は「中」)、10時間22分という結果になった。無線LANを常時有効にして、公称を上回る駆動時間を記録したことは高く評価できる。これだけ持てば、1日中、電源がとれない場所で持ち歩いて使う場合も安心だ。ACアダプタも薄型で軽く、携帯性は優れている。

付属のACアダプタ。薄型で持ち運びに便利だ
ACアダプタは20V/3.25Aの65W仕様だ
ACアダプタの重量は実測で265gであった

NVMe対応SSDにより高い性能を実現

 参考のためにベンチマークテストを行なってみた。利用したベンチマークソフトは、「PCMark 8」、「ドラゴンクエストX ベンチマークソフト Ver.1.4K」、「ファイナルファンタジー IXV 蒼天のイシュガルドベンチマーク」、「CrystalDiskMark 3.0.3b」、「CrystalDiskMark 5.1.2」である。比較用として、日本マイクロソフト「Surface Book」、VAIO「VAIO Z(クラムシェルモデル)」、VAIO「VAIO S11」、パナソニック「レッツノートSZ5」の値も掲載した。

 結果は下の表に示した通りで、PCMark 8のスコアは、同じCPUを搭載したVAIO S11よりやや低いが、上位のCore i7-6600Uを搭載したSurface Bookよりは高いという結果になっている。Surface Bookは、SSDの性能がThinkPad X1 Yoga(NVMe対応SSD搭載モデル)に比べて低いため、こうした結果になったと思われる。

 CrystalDiskMark 5.1.2の結果は、シーケンシャルリードQ32T1が2,519MB/sを記録するなど、非常に好成績だ。PCI ExpressとNVMeに対応した超高速SSDの威力がはっきりとわかる。14型2in1の中でもトップクラスの性能といえるだろう。

ThinkPad X1 Yoga ThinkPad X1 Yoga Surface Book(キーボード装着時) VAIO S11
CPU Core i7-6500U(2.5GHz) Core i7-6600U(2.6GHz) Core i7-6500U(2.5GHz)
GPU Intel HD Graphics 520 GeForce Intel HD Graphics 520
PCMark 8
Home conventional 2590 2481 2779
Home accelerated 3167 2908 3284
Creative conventional 2694 2666 2725
Creative accelerated 4036 3753 3655
Work conventional 2794 2719 3046
Work accelerated 3995 3793 4270
ドラゴンクエストX ベンチマークソフト Ver.1.4K
1,280×720ドット 最高品質 7048 11424 7083
1,280×720ドット 標準品質 8339 12913 8000
1,280×720ドット 低品質 9644 15010 9309
1,920×1,080ドット 最高品質 3822 6409 3967
1,920×1,080ドット 標準品質 4950 7777 5094
1,920×1,080ドット 低品質 5979 9053 6129
ファイナルファンタジーIXV 蒼天のイシュガルドベンチマーク
1,280×720ドット 最高品質 1812 3746 未計測
1,280×720ドット 最高品質(Direct X9相当) 2326 4727 未計測
1,280×720ドット 高品質(デスクトップPC) 1976 4229 未計測
1,280×720ドット 高品質(ノートPC) 2416 5407 未計測
1,280×720ドット 標準品質(デスクトップPC) 3449 7785 未計測
1,280×720ドット 標準品質(ノートPC) 3462 7779 未計測
CrystalDiskMark 3.0.3b
シーケンシャルリード 1848MB/s 954.8MB/s 1515MB/s
シーケンシャルライト 1535MB/s 598.8MB/s 1237MB/s
512Kランダムリード 1350MB/s 535.5MB/s 1107MB/s
512Kランダムライト 1517MB/s 598.5MB/s 1206MB/s
4Kランダムリード 50.39MB/s 42.93MB/s 43.57MB/s
4Kランダムライト 133.1MB/s 115.8MB/s 108.6MB/s
4K QD32ランダムリード 490.6MB/s 612.7MB/s 320.0MB/s
4K QD32ランダムライト 400.6MB/s 511.8MB/s 301.2MB/s
CrystalDiskMark 5.1.2
シーケンシャルリードQ32T1 2519MB/s 1632MB/s 未計測
シーケンシャルライトQ32T1 1542MB/s 602.7MB/s 未計測
4KランダムリードQ32T1 500.3MB/s 605.2MB/s 未計測
4KランダムライトQ32T1 248.1MB/s 516.7MB/s 未計測
シーケンシャルリード 1598MB/s 931.7MB/s 未計測
シーケンシャルライト 1546MB/s 602.3MB/s 未計測
4Kランダムリード 52,80MB/s 44.85MB/s 未計測
4Kランダムライト 144.6MB/s 166.0MB/s 未計測

携帯性も性能もペンも重視という、欲張りな方に最適

 ThinkPad X1 Yogaは、360度回転ヒンジを備えた2in1であり、14型ノートPCとしては軽さ、薄さもトップクラスだ。今回は試用できなかったが、後日追加される有機ELモデルなら、さらに重量が軽減される(その分価格は上がることになるが)。

 PCとしての性能も、第6世代Coreファミリーや高速SSDの搭載により、Atomベースの低価格2in1とは大きな差がある。液晶解像度も2,560×1,440ドットと高いため、モバイルPCとしてだけでなく、メインマシンとしても快適に使える。また、筆圧検知対応のペンが付属していることも魅力だ。タブレットモードで縦画面にしてペンを使えば、レポート用紙などにメモを書いてる感覚で使える。バッテリ駆動時間も長く、外回りが多い営業職などにも最適だ。

 プレミアムモデルとして位置付けられていることもあり、価格が高めなことが唯一の弱点であるが、それだけの価値はある製品といえる。

(石井 英男)