NEC「VersaPro UltraLite タイプVC」
〜最軽量約868gのCore i7搭載モバイルノート



NEC「VersaPro UltraLite タイプVC」

発売中

価格:BTO



 VersaProシリーズは、NECのビジネス向けノートPCのブランドであり、コンシューマ向けノートPCのLaVieシリーズとは異なる製品ラインナップを展開している。VersaProシリーズの中でも、特に携帯性を重視した製品には、UltraLiteというサブブランドが付けられている。今回モデルチェンジが行なわれた「VersaPro UltraLite タイプVC」は、UltraLiteシリーズの主力製品であり、前モデルと筐体は共通だが、中身のアーキテクチャが一新され、性能が大きく向上していることが魅力だ。

●マグネシウムダイカスト製ボディで軽量化を実現

 VersaPro UltraLite タイプVCの筐体は前モデルと同じで、素材に軽くて丈夫なマグネシウムを採用している。ダイカスト製法により、最薄0.45mm厚まで徹底して薄肉化することで、軽量化を実現。部分的な肉厚化やリブ構造の採用により、強度や剛性も確保している。満員電車での圧迫を想定し、150kgfの面加圧試験や25kgfの点加圧試験をクリアしているほか、76cmの落下テストもクリアしており(すべて非動作時)、安心して持ち歩ける。

 筐体のサイズは、283×210×25〜29.8mm(幅×奥行き×高さ)とスリムで、天板も底面もフラットなので、カバンなどからの出し入れもスムーズだ。重量は、最軽量時構成で約868gと非常に軽い。今回の試用機は無線LAN機能を搭載していたため、実測では897gであったが、軽いことには変わりがなく、片手でも楽に持ち上げられる重さである。

VersaPro UltraLite タイプVCの上面。ボディカラーはシルバーで、落ち着いた印象を受ける 「DOS/V POWER REPORT」誌とのサイズ比較。フットプリントはほぼ同じだ
VersaPro UltraLite タイプVCの底面。底面もフラットである 試用機の重量は実測で897gであった

●Core i7搭載で大幅に性能が向上

 2009年10月に発表された前モデルのVersaPro UltraLite タイプVC VY14A/C-8は、CPUにCore 2 Duo SU9400(1.40GHz)を搭載していたが、新モデルのVersaPro UltraLite タイプVC VY10G/C-Aは、Core i7-620UM(1.06GHz)を搭載している。定格クロックは低くなっているが、Core i7-620UMは、Hyper-ThreadingテクノロジーをサポートしたデュアルコアCPUであるため、4スレッドの同時実行が可能で(Core 2 Duo SU9400は2スレッドの同時実行)、さらにTurboBoostテクノロジーにより、負荷状況やCPUの余裕に応じて最大2.13GHzまでクロックが向上する。そのため、新モデルは前モデルの約1.7倍のパフォーマンスを実現しているとのことだ。チップセットは、Intel QS57 Expressで、メモリはBTOによって1GB/2GB/3GB/5GBから選択可能だ。なお、すべての構成において、1GB分のメモリはオンボードで実装されている。今回の試用機には3GBのメモリが実装されていた。

 ストレージは、160GB HDD、320GB HDD、62GB SSDから選べる。容量重視ならHDDを、性能重視ならSSDを選べばよいだろう。試用機には62GB SSDが搭載されていたが、このSSDは性能に定評のある東芝製を採用しており、動作も非常に軽快であった。光学ドライブは搭載していないが、BTOでUSB接続の外付けDVD-ROMドライブまたはDVDスーパーマルチドライブを追加できる。また、在庫限りとのことだが、USB接続の外付けFDDもプラス6,000円で購入できる。

 また、OSは、Windows 7 Professional/Windows XP Professional SP3/Windows Vista Business SP1から選べるが、試用機にはWindows 7 Professional(32bit版)がプリインストールされていた。

SO-DIMMスロットは1基しか用意されていないが、オンボードで1GBのメモリを実装しているため、最大5GBまでメモリを増設できる BTOで追加可能なUSB接続の外付けDVDポータブルドライブ。電源供給用とあわせて2つのUSBポートに接続する

●ノングレアタイプの液晶を搭載

 液晶ディスプレイは、12.1型ワイドで、解像度は1,280×800ドットである。ノングレアタイプの液晶なので、鮮やかさには多少欠けるが、眩しすぎず、外光の映り込みも少ないので、長時間使っていても目への負担が少ない。仕事で使うのに適したパネルだ。また、BTOメニューのディスプレイの項目には、「スクラッチリペア塗装」という選択肢が用意されている。スクラッチリペア塗装を選ぶと価格が18,000円高くなるが、天板の塗装が細かな擦り傷を自動的に修復する仕上げとなる。

 キーボードは全85キーで、キーピッチは17.55mm、キーストロークは2.5mmと十分だ。キー配列も標準的であり、キータッチもしっかりしているので、快適にタイピングが行なえる。BIOSメニューで、「Fnキー」と左「Ctrlキー」の入れ替えが可能なことも評価できる。「Fnキー」+「1」キーおよび「Fnキー」+「2」キーに任意のアプリケーションの起動を割り当てることも可能だ。さらに、キーボード下には防水シートが貼られており、万一液体をキーボードにこぼしても、水滴がPC内部に入り込むことを遅らせる構造になっている。ポインティングデバイスとしては、NXパッドを搭載。オーソドックスな2ボタンタイプのタッチパッドで、こちらも操作性は良好だ。また、BTOメニューで、スクロールホイール付きの光学式マウスまたはスクロールホイール付きのレーザーマウスの追加も可能だ。

VersaPro UltraLite タイプVCは、ノングレアタイプの12.1型ワイド液晶を採用しており、解像度は1,280×800ドットだ キーボードは全85キーで、キーピッチ17.55mm、キーストローク2.5mmと、このクラスのキーボードとしてはゆったりしている。キー配列も標準的なのでタイピングしやすい
ポインティングデバイスとして、NXパッドを搭載。オーソドックスな2ボタンタイプのタッチパッドで、操作性も良好だ スクロールホイール付き光学式マウスの追加も可能

●挿抜耐久性を強化した強化USBコネクタを採用

 インターフェイスとして、USB 2.0×4やミニD-Sub15ピン、Gigabit Ethernetなどを搭載する。このクラスのモバイルノートとしては、USB 2.0の数が多く、たくさんのUSB機器を接続したい人には嬉しい。また、USB 2.0ポートは左側面に1つ、右側面に3つ用意されているが、右側面の一番手前側のUSBポートは、通常に比べて挿抜耐久性を強化した強化USBコネクタが使われている。このコネクタは、挿抜1万回の耐久試験をクリアしており、暗号化や認証鍵としてUSBメモリを使う場合などは、強化USBコネクタに挿すようにすれば安心だ。カードスロットとして、SDメモリーカードスロットとType2 PCカードスロットを搭載。ただし、どちらのスロットもフタはダミーカード方式になっているので、紛失する恐れがある。

 ワイヤレス機能もBTOでカスタマイズ可能であり、IEEE 802.11a/b/g/n対応無線LANやBluetooth Ver.2.1+EDR、FOMAハイスピード対応のワイヤレスWANの搭載が可能だ。なお、無線LANとBluetoothはそれぞれ単独で搭載できるが、ワイヤレスWANは必ず無線LANとの同時搭載になる(無線LAN、Bluetooth、ワイヤレスWANの3つの同時搭載も可能)。本体前面にはワイヤレススイッチが用意されており、ワンタッチでワイヤレス機能の有効/無効を切り替えられるので便利だ。

左側面には、ミニD-Sub15ピンやLAN、USB 2.0、マイク入力、ヘッドフォン出力が用意されている 右側面には、PCカードスロットとUSB 2.0×3、SDメモリーカードスロットが用意されている。右側面の一番手前側のUSBポートは、通常よりも挿抜耐久性の高い強化USBコネクタが使われている SDメモリーカードスロットとPCカードスロットのフタはダミーカード方式である
前面の左端にワイヤレススイッチが用意されている ワイヤレススイッチのアップ

●大容量バッテリ装着時は公称11.7時間駆動を実現

 VersaPro UltraLite タイプVCは、バッテリ駆動時間が長いことも魅力だ。バッテリは2種類のサイズがあり、小さい方がバッテリ(M)、大きい方がバッテリ(L)と呼ばれている。今回の試用機にはバッテリ(M)が装着されていたが、BTOメニューでバッテリ(L)に変更することも可能だ。バッテリ(M)では、公称約7.7時間(JEITA測定法、Windows 7 Professional時)の駆動が可能とされている。また、バッテリ(L)なら、同条件で公称約11.7時間もの長時間駆動が行なえる。バッテリ(M)の重量は約225g、バッテリ(L)の重量は約315gであり、差は90gしかないので、バッテリ(L)を装着してもほとんどの構成で1kgを切る。

 実際に、バッテリベンチマークソフトの「BBench」(海人氏作)を利用し、1分ごとにWebサイトへの無線LAN経由でのアクセス、10秒ごとにキー入力を行なう設定でバッテリ駆動時間を計測したところ、4時間23分の駆動が可能であった(電源設定は「バランス」に設定、バックライト輝度は中)。無線LANを常時オンにした状態でこれだけ持てば、十分合格だ。バッテリ(L)を装着すれば、駆動時間は約1.5倍に延びるので、AC電源のないところで長時間使いたいという人には心強いだろう。ACアダプタもコンパクトで軽く、携帯性は優秀だ。ウォールマウントプラグも付属しており、壁などのACコンセントに直接差し込んで固定できるのも便利だ。

リチウムイオンバッテリ(M)は、7.2V/6,100mAhという仕様だ CDケース(左)とリチウムイオンバッテリ(M)のサイズ比較
ACアダプタもコンパクトで軽い CDケース(左)とACアダプタのサイズ比較
付属のウォールマウントプラグ ウォールマウントプラグのACプラグ部分は折りたたんで収納できるようになっている ウォールマウントプラグをACアダプタに取り付けたところ。壁のACコンセントにそのまま差し込んで固定できる

●A4サイズノートに迫る性能を実現

 参考のためにベンチマークを計測してみた。利用したベンチマークプログラムは「PCMark05」、「3DMark03」、「FINAL FANTASY XI Official Benchmark 3」、「ストリーム出力テスト for 地デジ」、「CrystalDiskMark」で、比較対照用にレノボ「ThinkPad T410s」、ソニー「VAIO P」(オーナーメードモデル)、ソニー「VAIO P」(店頭モデル)、NEC「LaVie M」の値も掲載した。

 PCMark05のCPU Scoreは3596で、Atom搭載機に比べると2倍程度のスコアになっており、Celeron SU2300搭載のLaVie Mに比べても2割以上高い。さすがに通常電圧版のCore i5-430Mを搭載したThinkPad T410sに比べると、半分以下のスコアになっているが、今回試用したVersaPro UltraLite タイプVCは、高速SSDを搭載しているため、HDD Scoreが高く、総合スコアのPCMarksでは、ThinkPad T410sにかなり迫っている。動作もキビキビしており、動画エンコードのようなCPU性能が大きく効いてくる作業以外で、性能に不満を感じることは少ないだろう。

  VersaPro UltraLite タイプVC ThinkPad T410s VAIO P (オーナーメードモデル) VAIO P (店頭モデル) LaVie M
CPU Core i7-620UM (1.06GHz) Core i5-430M (2.26GHz) Atom Z560 (2.13GHz) Atom Z530 (1.6GHz) Celeron SU2300 (1.2GHz)
ビデオチップ CPU内蔵コア CPU内蔵コア US15X内蔵コア US15W内蔵コア Intel GS45内蔵コア
PCMark05
PCMarks 5092 5677 1468 1054 2826
CPU Score 3596 7375 1808 1369 2966
Memory Score 3965 6184 2571 2215 3066
Graphics Score 1684 2610 263 224 1397
HDD Score 16265 4291 11585 3311 4948
3DMark03
1,024×768ドット32bitカラー(3Dmarks) 2714 4101 457 355 2048
CPU Score 771 1068 232 202 495
FINAL FANTASY XI Official Benchmark 3
HIGH 1631 2458 463 404 1367
LOW 2410 3808 809 672 1995
ストリーム出力テスト for 地デジ
DP 100 96.63 31.87 30.53 76.43
HP 100 99.97 68.07 73.37 99.97
SP/LP 100 100 97.7 99.97 99.97
LLP 100 99.97 99.77 99.97 99.97
DP(CPU負荷) 27 21 87 84 68
HP(CPU負荷) 13 12 97 85 42
SP/LP(CPU負荷) 8 7 94 55 28
LLP(CPU負荷) 8 6 92 56 22
CrystalDiskMark 2.2
シーケンシャルリード 164.2MB/s 36.20MB/s 82.46MB/s 61.05MB/s 60.31MB/s
シーケンシャルライト 39.58MB/s 40.05MB/s 51.33MB/s 39.21MB/s 66.25MB/s
512Kランダムリード 142.6MB/s 23.30MB/s 76.98MB/s 58.53MB/s 27.50MB/s
512Kランダムライト 34.53MB/s 24.25MB/s 44.80MB/s 1.606MB/s 31.19MB/s
4Kランダムリード 7.629MB/s 0.425MB/s 7.702MB/s 4.485MB/s 0.369MB/s
4Kランダムライト 13.66MB/s 0.961MB/s 17.18MB/s 1.731MB/s 0.984MB/s
BBench
Sバッテリ(標準バッテリ) 4時間23分 4時間15分 4時間48分 4時間17分 3時間39分
Lバッテリ 未計測 なし 未計測 未計測 7時間26分
Xバッテリ なし なし なし なし なし

●ビジネス向けモバイルノートとしての完成度は高い

 VersaPro UltraLite タイプVCは、重さ900gを切る携帯性に優れたボディと、最新のCore i7搭載による高いパフォーマンスが魅力の製品である。ただし、直販価格は、最小構成時でも248,000円、試用機構成では30万円を超えるという、価格の高さが気になる。「軽量」「高性能」「長時間駆動」の3つを満たす本製品は、モバイルノートとしての完成度は高い。本製品をベースにした、より低価格なコンシューマ向けモデルが欲しいところだ。

バックナンバー

(2010年 7月 13日)

[Text by 石井 英男]