.biz

PC Watch .bizでは、法人向けの製品やサービスを取り上げます。

ヤマハ、キューブ型の会議向けUSBスピーカーフォン

「FLX UC 500」

 ヤマハ株式会社は、子会社の米Revolabs製会議向けUSBスピーカーフォン「FLX UC 500」を4月下旬より発売する。価格は税別60,000円。

 「FLX UC 500」は、6人程度のWeb会議などでの利用に最適なマイクスピーカー。音声帯域幅が広く聞き取りやすいスピーカーや、360度どこからでも広範囲の周波数を収音できるマイク、さらにエコーキャンセラー機能等の音声処理技術の組み合わせにより、遠隔コミュニケーションに適した高音質を実現するとしている。ヤマハはRevolabsを2014年3月に完全子会社化しており、FLX UC 500は初のヤマハ取り扱いのRevolabs製品となる。

 主な仕様は、マイクの集音周波数帯域が160〜12,000Hzで、スピーカーの再生周波数帯域は160〜20,000Hz、最大音量は93dB(0.5m離れて計測)。最大消費電力は15W。

 対応OSはWindows 7/8/8.1、Macintosh OS X 10.9/10.10、
Chrome OS。接続インターフェイスはUSB 2.0。サイズは150×150×123mm(幅×奥行き×高さ)で、重さは1kg。電源はACアダプタ。

(佐藤 岳大)