最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

AMD、45nmプロセスクアッドコアの「Phenom II」を正式発表

Phenom II X4のロゴ

1月8日(現地時間) 発表



 米AMDは8日(現地時間)、45nm SOIプロセスを採用したデスクトップ向けクアッドコアCPU「Phenom II」を正式発表した。日本でも1月10日よりボックス版の発売が開始される。

 先だって発表されたサーバー/ワークステーション向けのShanghaiコアOpteronをベースにしたプロセッサ。これまでの65nm SOIから45nm SOIプロセスへとシュリンクされたほか、いくつかの機能改善を施し、ブランド名もPhenomからPhenom IIへと変更された。

Phenom IIの外観はPhenomと共通

 主立ったPhenomとの相違点は、共有L3キャッシュ容量が2MBから6MBになった点と、DDR2-1066に加え、DDR3-1333にも対応する点(ただし、当初の対応メモリはDDR2のみとなる)。

 また、クロック当たりの性能を改善し、動作クロックも最大3GHzまで引き上げることで、従来のPhenom最上位モデルに対して、およそ2割程度性能を向上させた。なお、同社によるとPhenom IIは空冷で4GHz程度、液体窒素を使った環境では6GHzまでオーバークロック可能としている。

 消費電力面では、Cool'n'Quiet 3.0を実装。Pステートが追加され、動作最低クロックが1GHzから800MHzに下がり、動作電圧も下がったことで、動作クロックを上げつつも、TDP(熱設計消費電力)は、これまでと同じレベルにとどめた。

 製品ラインナップは、Phenom II X4 940 Black EditionとPhenom II X4 920。1,000個ロット時のOEM価格は、それぞれ275ドルと235ドル。前者がコアクロック3GHzで非倍率固定、後者が2.8GHzで倍率固定である以外、仕様はほぼ共通。

 L1キャッシュはコアごとにデータ64KB+命令64KB、L2キャッシュはコアごとに512KB、L3キャッシュは共有で6MB。バスインターフェイスはHyperTransport 3.0でリンク速度は1.8GHz。トランジスタ数は7億5,600万で、ダイサイズは258平方mm。コア電圧は0.875〜1.5V。TDPは125W。最大周辺ケース温度は62℃。CPUソケットはSocket AM2+。

 AMDではこのPhenom IIと、AMD 790FX/GXチップセット、Radeon HD 4800シリーズを組み合わせたものを「Dragonプラットフォーム」と称している。Phenom+AMD 790+Radeon HD 3800で構成される「Spiderプラットフォーム」と比較して、平均で5割前後、ゲームでは最大3倍程度性能が向上したとしている。

 Socket AM3(DDR3)に対応したPhenom IIは2009年第1四半期中に出荷開始の予定。現行のPhenom X4/X3シリーズは当面、販売を継続する。

既存のPhenomから総合性能(DDR3対応を含めて)は2割程度向上 Phenom II+AMD 790FX/GX+Radeon HD 4800でDragonプラットフォームを構成 SpiderプラットフォームとDragonプラットフォームの性能比較

□AMDのホームページ(英文)
http://www.amd.com/
□ニュースリリース(英文)
http://www.amd.com/us-en/Corporate/VirtualPressRoom/0,,51_104_543~129698,00.html
□ニュースリリース(和文)
http://www.amd.com/jp-ja/Corporate/VirtualPressRoom/0,,51_104_543~129707,00.html
□製品情報(英文)
http://www.amd.com/us-en/Processors/ProductInformation/0,,30_118_15331_15917,00.html
□関連記事
【2008年11月13日】AMD、45nmプロセスを初採用したShanghaiコアOpteron
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2008/1113/amd.htm
【2007年11月19日】AMD、デスクトップ向けネイティブクアッドコア「Phenom」を正式発表
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2007/1119/amd.htm

(2009年1月8日)

[Reported by wakasugi@impress.co.jp]

【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
お問い合わせに対して、個別にご回答はいたしません。

Copyright (c)2009 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.