デル「Inspiron Mini 12」
〜Atom搭載ノートの新しい形




デル「Inspiron Mini 12」

発売中

価格:89,800〜99,800円



 デルのAtom搭載ネットブック「Inspiron Mini 9」登場からまだあまり時間は経過していないが、Inspiron Miniシリーズの新モデルとなる「Inspiron Mini 12」が新たに登場した。ただInspiron Mini 12は、一般的なAtom搭載ネットブックとは異なり、低価格モバイルノートという位置付けがなされている点が興味深い。今回、Inspiron Mini 12を試用する機会を得たので、ネットブックとどのように異なる製品に仕上がっているのか、見ていくことにしよう。

●大きく、薄く、軽い

 Inspiron Mini 12を、まずひと目見て感じた印象は、かなり大きいな、というものだった。フットプリントは、299×229mm(幅×奥行き)と、Inspiron Mini 9の225×175.5mm(同)と比較してふた回りほど大きくなっている。箱を開けて、Inspiron Mini 12を取り出そうとしたときに、その印象を強く受けた。Inspiron Miniシリーズの製品ということから、Inspiron Mini 9のイメージと重ね合わせていたことも大きく影響していたのかもしれないが、実際にDOS/V POWER REPORT誌と比較してみても、その大きさが再認識できる。

 しかし、Inspiron Mini 12を手に取った瞬間、その印象は大きく変わった。なぜなら、本体の厚さが20.9〜24mmと非常に薄く、また軽量に仕上げられているためだ。

 本体の厚さはInspiron Mini 9よりも薄く、かなり驚いた。MacBooK Airには負けるものの、ThinkPad X300に匹敵するほどの薄さであり、10万円を切る価格でこれだけの薄さを実現している点は特筆に値する。この薄さなら、ブリーフケースなどに入れて持ち歩く場合でも、ほぼ苦にならないはずだ。

 また本体サイズの割に軽量な点も大きな魅力だ。本体重量はカタログスペックが約1.24kg、実測値では1,276gであった。重量自体は飛び抜けて軽量というわけではなく、Inspiron Mini 9よりも重い。しかし、実際に手に持ってみると、本体サイズが大きいこともあるのか、数字以上に軽く感じる。フットプリントは大きいものの、本体の薄さと重量を考えると、携帯性は全く問題ないと考えていいだろう。

 本体デザインは、Inspiron Mini 9のものを踏襲。本体角は丸みを持たせた、親しみやすい印象のボディは、まさにInspiron Mini 9譲りだ。天板カラーにオブシディアンブラックとパールホワイトの2色を選択できる点も同様。どちらのカラーも光沢感が強く、見た目にも高級感を感じさせる。

フットプリントは299×229mm(同)と、B5ファイルサイズノートと同等か、それ以上の大きさがある DOS/V POWER REPORT誌よりもまだひとまわり大きいほどだ 本体正面。本体の厚さは20.9〜24mmと、Inspiron Mini 9よりも薄い
本体重量は、実測値で1,276gであった。本体が大きいこともあり、手にすると数字以上に軽く感じる カラーは、Inspiron Mini 9同様、パールホワイトとオブシディアンブラックの2色展開。こちらはオブシディアンブラックだ 本体角に丸みを持たせた、親しみやすいデザインも、Inspiron Mini 9譲りだ

●12.1型WXGA液晶を搭載

 Inspiron Mini 12の最大の特徴となるのが、液晶ディスプレイだ。Atom搭載ネットブックのほとんどが、10.2型以下の液晶ディスプレイを搭載しているのは、マイクロソフトが定めるULCPCの基準をクリアするため。それに対しInspiron Mini 12では、最近になって許可されたWXGA(1,280×800ドット)表示対応の12.1型液晶ディスプレイを搭載。このサイズおよび解像度の液晶は、携帯性重視のモバイルノートに広く採用されているもので、一般的なAtom搭載ネットブックとは一線を画す表示環境を実現している。実際に使ってみても、デスクトップの狭さを感じることは全くなく、一般的なノートPCとほぼ同じ感覚で利用できた。

 ただ、気になる点もある。それは、表面の光沢処理が強く、映り込みがかなり激しいという点だ。確かに、光沢処理のおかげで表示される画像は鮮やかなのだが、比較的明るい映像を表示させた状態でも、ディスプレイに映り込む自分の姿を容易に確認できてしまう。また、天井の照明もくっきり映り込んでしまう。利用する場所にもよるが、オフィスでは天井の照明が映り込む可能性が非常に高く、かなりイライラさせられるかもしれない。

 Atom搭載マシンということで、パフォーマンス自体はあまり期待できず、マルチメディア系の用途での活用が厳しいことを考えると、当初からノングレア液晶を採用しても良かったのではないだろうか。また、BTOでノングレア液晶の選択肢が用意されるというのでもいいだろう。この点についての今後の仕様変更を期待したい。

 ちなみに、液晶ディスプレイ上部には、130万画素のWebカメラが標準搭載される。

1,280×800ドット表示対応の12.1型ワイド液晶を搭載。B5サブノートと同等のサイズ/解像度を実現し、表示環境はネットブックを大きく凌駕する 液晶表面の光沢処理が強く、自分の姿や照明などがくっきり映り込んでしまう 液晶パネル上部には、130万画素のWebカメラが搭載される

●キーボードの使い勝手は申し分なし

 Inspiron Mini 9での最大の欠点であったキーボードは、本体サイズの大きさもあり、Inspiron Mini 12では完全に解消されている。

 キーピッチは約17.5mmと、サブノートクラスのノートPCのキーボードとほぼ同等。Enter付近の一部のキーピッチが狭くなっている点はやや気になるものの、適度なストロークやクリック感があり、キーボード自体のたわみもほとんど感じない。もちろん、Inspiron Mini 9で問題とされた、いびつなキー配列も一切なく、全体的な使い勝手は申し分ない。今回試用したのは日本語キーボードが搭載されているモデルだったが、BTOで英語キーボードの選択も可能となっている。

 ポインティングデバイスのタッチパッドも、申し分ない使い勝手だ。本体サイズが大きい分、タッチパッドの面積も広く、操作時に窮屈さを感じることは全くない。クリックボタンも適度なクリック感があり、扱いやすい。

 本体サイズを考えると当然ではあるが、キーボードとポインティングデバイスに関しては、サブノートまたは一般ノートと遜色のない操作性が実現されており、テキスト入力など入力作業が中心の用途でも全く問題なく利用できると考えていい。

キーボードは、Inspiron Mini 9のようないびつな配列は一切なく、使い勝手に問題はない キーピッチは約17.5mmと、サブノートPCのキーボードとほぼ同等。適度な堅さとストローク、十分なクリック感がある
Enterキー付近の一部のキーでは、ピッチが狭くなっている部分もある タッチパッドは十分広く、クリックボタンも適度なクリック感があり、こちらも扱いやすい

●メインメモリは1GBで増設不可能

 では、Inspiron Mini 12の基本スペックを確認していこう。

 CPUは、Inspiron Mini 9にも搭載されているAtom Nシリーズではなく、Atom Zシリーズとなる。今回試用した製品は、1.6GHz動作のAtom Z530を搭載する上位モデルだったが、1.33GHz動作のAtom Z520を搭載するモデルも用意される。チップセットはIntel System Controller Hub(SCH)で、仕様はMID向けプラットフォーム(Centrino Atomプラットフォーム)相当となる。

 メインメモリは、標準で1GBのDDR2 SDRAMを搭載。メインメモリはSO-DIMMなどのメモリモジュールによって取り付けられているのではなく、CPUやチップセットが搭載されるモジュールに直接搭載されている。増設用のメモリスロットも用意されていないため増設は不可能だ。

 内蔵ストレージは、60GBまたは80GBのHDDが搭載される。試用機では80GBのHDDが搭載されていた。ちなみに、本体底面はメモリ増設用などの窓は用意されておらず、内部を確認できなかった。デバイスマネージャによると、Samsung製の1.8インチドライブ「HS082HB」であった。速度はSSDよりも遅いが、容量ははるかに多く、アプリケーションのインストールやデータの保存にも心強い。

 無線機能は、IEEE 802.11b/g対応の無線LANとBluetooth V2.1+EDRを標準で搭載する。拡張性が低いことを考えると、Bluetoothが標準で搭載されている点は嬉しい。また、無線LANに加えて、100BASE-TX対応の有線LAN機能も搭載する。

 本体側面には、USB 2.0×3と、SDカード/SDHC/メモリースティック(PRO)/MMC対応の5-in-1カードリーダー、アナログRGB出力などを備える。拡張性自体は乏しいものの、USB 2.0が3ポート用意されている点は評価できる。

本体左側面。側面から見ても、本体の薄さが際立っている 左側面には、電源コネクタ、アナログRGB出力、USB 2.0×2の各端子が用意されている 本体背面。中央にバッテリーが取り付けられており、端子類は一切ない
本体右側面。側面は左右ともすっきりとした印象を受ける 右側面には、5-in-1カードリーダー、ヘッドホン・マイク端子、USB 2.0×1、100BASE-TX対応有線LANの各端子が用意されている 本体底面。メモリ増設や内蔵HDDにアクセスする窓はなく、非常にすっきりしている
ACアダプタは、プラグ一体型のものが付属する ACアダプタは、サイズは特に小さいことはないものの、重量は179.5g(実測値)と軽く、本体との持ち歩きも苦にならないだろう

●OSはVistaを採用し、やや動作が重い

 OSは、Windows Vista Home Basic SP1を採用する。SCHのWindows XP向けドライバが用意されていないことを考えると仕方のない選択なのかもしれないが、実際に使ってみると、メインメモリ搭載量が1GBということもあり、動作はかなり重く感じてしまう。ウィンドウやアプリケーションを開くときなど、常に1テンポ待たされるという印象だ。

 当初、SCHはメインメモリの搭載量が1GBまでの対応であったが、9月に仕様が改訂され、2GBまでの対応へと拡張された。つまり、Inspiron Mini 12でも2GBのメモリを搭載して登場してもおかしくない状態だ。開発のタイミングが絡んでいるのかもしれないが、OSにWindows Vistaを採用するのであれば、やはり2GBのメインメモリを搭載してもらいたかった。

 ただ、動作がやや重いという点以外は、特に大きな問題は感じない。SD解像度のWMVファイルの再生は特に問題を感じることはなく、YouTubeやニコニコ動画などの動画サイトにアップロードされている動画再生も問題はなかった。

 また、HDクオリティの動画ファイルに関しても、30fpsのものであれば、H.264およびWMV9ともに比較的スムーズに再生できた。これは、SCHが持つ動画再生支援機能によるものだろう。ただし、全画面表示を行なったり、60fpsの動画ファイルを再生させた場合には、コマ落ちや映像と音声のずれが激しくなるようだ。このあたりは、SCHの動画再生支援機能の制限、またはパワー不足によるものと考えられる。このように、ある程度スムーズに再生できるファイルが限られるものの、HDクオリティの動画ファイルの再生も視野に入れられる点は嬉しい。

 ところで、Inspiron Mini 12は、Inspiron Mini 9同様ファンレス仕様となっている。HDDは搭載しているものの、HDDの動作音もほとんど確認できないほどで、ほぼ無音に近い。これなら、図書館などちょっとした音でも気になる場所での利用も全く不安がない。また、ファンレスとはいっても、使用時に本体底面やキーボードなどが熱くなることもない。実際、ベンチマークテストを行なったり、動画ファイルを再生させるといった、比較的重い作業を行なっている場合でも、本体底面がほんのり温かくなる程度でしかなかった。

メインメモリが1GBのため、Windows Vistaの動作は重く、アプリケーションの起動などに待たされる感覚が強い YouTubeやニコニコ動画の動画再生は特に問題ない。また、HDクオリティの動画ファイルも、ファイルによってはスムーズに再生できる

●バッテリ駆動時間は2時間前後

 では、いつものようにベンチマークテストを、と言いたいところではあるが、Inspiron Mini 12はOSとしてWindows Vistaが採用されているため、他のAtom搭載ネットブックと直接ベンチマーク結果を比較できない。そこで、ベンチマークテストの結果は参考値としたい。利用したベンチマークソフトはFuturemarkの「PCMark05(Build 1.2.0)」と、スクウェア・エニックスの「FINAL FANTASY XI Official Benchmark 3」だ。また、Inspiron Mini 12では、Windows Vistaパフォーマンス評価の結果も掲載しておく。

 この結果のうち、Windows Vistaパフォーマンス評価の結果が、体感に近い値かもしれない。とはいえ、メインメモリが1GBしか搭載されていないことによる体感の重さが数値に表れていない点は考慮する必要がある。


Inspiron Mini 12 Wind Notebook U100 Extra Inspiron mini 9 Eee PC 901-X Eee PC 4G-X
CPU Atom Z530(1.6GHz動作) Atom N270(1.6GHz動作) Atom N270(1.6GHz動作) Atom N270(1.6GHz動作) Celeron M 353(630MHz動作)
ビデオチップ Intel System Controller Hub Intel 945 GME Express Intel 945 GME Express Intel 945 GME Express Intel 910 GML Express
メモリ 1GB 2GB 1GB 1GB 512MB
OS Windows Vista Home Basic SP1 Windows XP Home Edition SP3 Windows XP Home Edition SP3 Windows XP Home Edition SP3 Windows XP Home Edition SP2
PCMark05 Build 1.2.0
PCMark Score 1058 1484 1267 1280 818
CPU Score 1441 1475 1486 1499 997
Memory Score 2243 2381 2360 2278 1111
Graphics Score 251 519 541 534 326
HDD Score 2738 4469 N/A 1526 1411
FINAL FANTASY XI Official Benchmark 3
LOW 705 1467 1476 1478 961(*1)

*1:外部ディスプレイを接続し、表示解像度1,024×768ドットで測定

Windows Vistaパフォーマンス評価
プロセッサ 3.0
メモリ 4.4
グラフィックス 2.9
ゲーム用グラフィックス 2.8
プライマリハードディスク 4.4
付属の標準バッテリは、容量24Whの3セルバッテリだ。容量が少ないためバッテリ駆動時間もやや短い

 次に、バッテリ駆動時間の検証だ。こちらは、Inspiron Mini 9と同じように、液晶輝度は最大に設定し、無線LANおよびBluetoothも動作させた状態で、動画ファイル(WMV9、ビットレート1,156kbps、640×480ドット)をWindows Media Player 11を利用して連続再生させることで行なった。

 結果は1時間42分と、Inspiron Mini 9よりもかなり短い数字であった。ただ、Inspiron Mini 12の標準バッテリは、容量24Whの3セルバッテリで、Inspiron Mini 9の4セルバッテリよりも容量が少なく、この結果も当然だろう。また、バックライト輝度を最低にし、無線LANとBluetoothをオフにして計測してみたところ、約2時間24分と40分ほどの延長が確認された。テスト条件が比較的過酷なこと、またバッテリ駆動時間のカタログスペックが最大3時間32分とされていることを考えると、ある程度納得できる数値ではあるが、これでもまだ少ないと感じる。本体重量がもう少し増えてもいいので、6セル大容量バッテリが用意されれば魅力が大きく向上すると思うので、今後のオプションの充実を期待したい。

バッテリ駆動時間
動画ファイル(WMV9、ビットレート1156kbps、640×480ドット)連続再生時
Inspiron Mini 12 1時間42分
Inspiron Mini 12(液晶輝度最低、無線LAN/Bluetoothオフ) 2時間24分
Inspiron mini 9 2時間16分
Eee PC 901-X 3時間26分
Eee PC 4G-X 2時間35分

●モバイル用途中心のサブマシンとして魅力

 Inspiron Mini 12は、WXGA表示対応の12.1型液晶を搭載するとともに、扱いやすいキーボード、フットプリントは大きいものの薄く軽いボディと、モバイルノートとしての魅力はかなり大きい。OSとしてWindows Vistaを採用し、メインメモリが1GBしか搭載されないため動作が重いという弱点はあるものの、テキスト入力やWebアクセス、メールチェックといった比較的軽い作業であれば不満を感じることなく利用できるため、用途を絞れば問題ない。ただ、メインメモリを2GB搭載していれば、パフォーマンス的にもより満足できたはずであり、残念な部分だ。

 また、上位モデルで99,800円、下位モデルで89,800円という価格(どちらも店頭先行販売モデルの価格)も議論となる部分だろう。比較対象をネットブックとした場合には、基本スペックがほとんど同じで液晶を大きくしただけに映り、かなり高く感じてしまうはずだ。しかし、比較対象を携帯性重視のサブノートとした場合には、Atom採用によってスペックや機能を抑え価格を半額近くまで下げている、と映る。どう捉えるかはユーザーによって変わってくるとは思うが、筆者としては後者の印象が強い。欲を言えば、あと1万円安いと魅力も一気に高まるが、今後デル直販サイトで購入できるようになれば、割引きキャンペーンが行なわれる場合もあると思うので、そちらを狙うのがいいかもしれない。

 Inspiron Mini 12は、外出時のテキスト入力やメールチェック、Webアクセスなどに利用する、ビジネスモバイル用途のサブマシンとして捉えると、かなり幸せになれるマシンだ。液晶を拡大したことで、いわゆるネットブックとは異なる位置づけのマシンになったと考えるべきだろう。

□関連記事
【10月27日】デル、Atom Z530/12.1型液晶搭載モバイルノート
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2008/1027/dell1.htm
【10月27日】Atom搭載モバイルノート「Inspiron Mini 12」ファーストインプレッション
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2008/1027/dell2.htm

バックナンバー

(2008年11月7日)

[Reported by 平澤寿康]


【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp ご質問に対して、個別にご回答はいたしません

Copyright (c) 2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.