塩田紳二のPDAレポート

NOKIA N810ファーストインプレッション



N810は、液晶サイズなどはN800と同じでCPUクロックなどが向上したが、カメラは液晶横に固定になった。また、左端にあるのは、ホームメニューキーとESCキー。左上には、LEDが組み込まれ、メッセージや通信状態などを通知する

 昨年(2007年)の8月にNOKIAのインターネット端末「N800」を購入した。最初は、あまりデザインが気に入らなかったのだが、使っていくうちに、それほど悪いものではないと感じるようになった。理由はLinuxベースで、いろいろとプログラムの追加などが可能なため、自分好みのマシンにカスタマイズできるからだ。シャープのLinuxザウルスが、同じような構成だったが、Qtopiaベースであったために、少しアプリケーションが特殊で、移植を待たねばならなかった。

 しかし、Nシリーズで使われているLinuxは、デスクトップ用のものに近く、わりと簡単に(場合によってはコンパイルし直す程度で)、Linux用のアプリケーションを動かすことができるので、さまざまなアプリケーションが流通しはじめている。また、アプリケーションマネージャを使えば、インターネットから直接リストをダウンロードし、インストールするプログラムを選択してそのままインストールできるため、いちいち、PCを介して作業する必要がない。これは意外と便利だ。

 さて、このNシリーズの最新モデルがN810である。昨年10月に発表され、年末あたりから、出荷が始まったようである。OSもバージョンアップされたし、待望のキーボードも組み込みになった。買おうかどうしようか迷っていたのだが、円高のニュースを聞いてつい、購入してしまった。メーカー希望価格は479ドルだが、通販などではもう少し安いところもあり、送料などを入れても5万円弱で入手できる。

 今回は、取りあえず概要のみをお届けし、別途、分解レポートを行なうことにする。

●筐体はコンパクトに

 N810のパッケージには、本体、バッテリ、ACアダプタに加え、専用のUSBケーブル(N810はMicro ABタイプのUSBコネクタを採用している)、予備のスタイラス、ソフトケース、自動車用のマウント部品が入っている。取説は、紙を折りたたんだ簡単なものが付属するのみだが、ノキアのサイトから詳しいユーザーズガイドをPDFとしてダウンロードできる。

 自動車用のマウント部品が同梱されているのは、N810をPND(Personal Navigation Device)のように利用するためだと思われる。N810はGPSを内蔵しており、また地図アプリケーションが最初から組み込まれている(ただし、ルート検索などのナビゲーション機能は有料)。

 N810は、一見するとかなりコンパクトである。これに対して、N800は、割と大きいという印象がある。実際には、任天堂のDS Lite程度なのだが、液晶の左右にスピーカーが配置され、全体がアルミパネルになっている。また、スタイラスと回転式のカメラを格納するため、本体後部が出っ張っている。この部分のデザインは個人的にはあまり好みではなかった。

 これに対してN810は一回り程度小さく、また背面もフラット。イメージ的には一枚の板のような感じになった。ただし、カメラは正面のみしか撮影できず、撮影用というよりはテレビ電話用だろう。

 N800とN810の最大の違いは、スライド式のキーボードが内蔵された点。こうした機構があるにも関わらず、N800よりも薄い。スライド式キーボードがついたために、以前の機種で液晶横にあったナビゲーションキーは、キーボード側に移動した。このため、キーボードを引き出さないとナビゲーションキーによる操作はできなくなった。もっとも、閉じた時はスタイラスや指による操作、引き出したときはキーボードによる操作、とはっきりと分かれた感じである。

 ただし、キーボードは少し固めで、使いやすいとはいえないレベル。だが、URLやちょっとしたメールの入力程度なら問題はあまりない。どちらにしても、タッチタイピングが可能なサイズではないし、両手で持って、親指でキーを押すというスタイルになるからである。ただ、方向キーと実行キーであるナビゲーションキー(NOKIAの呼び方は「Scroll Keys」)がN800に比べて押しにくくなったのは残念だ。

N810(上)とN800。実際の大きさはあまり変わらないが、見た目にはN810のほうがコンパクトに見える。液晶横のキーや左右のスピーカー部分がなくなったためだろうか N810はスライド機構を持ちながらも、N800よりも薄くなっている。N800の後ろが出っ張っているのは、スタイラス格納のためと、カメラ回転機構のため

 液晶側には、プログラムを切り替えるアプリケーションスイッチャーのための「SWAP Key」と、メニューなどを取り消す「Escape Key」があるのみ。N800では「Menu Key」やナビゲーションキーが液晶の隣にあったのだが、N810では、この2つはキーボード側に移り、本体をスライドさせないと利用できなくなった。

 このほかにN800と違う部分は、いくつかあって、たとえば、USBコネクタがmicro USBコネクタとなった。国内でもPHSなどが採用しているが、Mini USBよりも薄く、簡単には抜けないようになっている。ただし、ケーブルの入手性はいまのところ低い。本体には1本ケーブルが付属しているので、別途購入する可能性は低いが……。

 また、メモリカードは、miniSDカードとなり、内部のSDカードスロットは廃止された。ただし、2GB相当のメモリが内蔵されており、これが内部SDカードスロットの代わりになって、ここにスワップ領域を作ることができる。

 その他、CPUのクロックが向上し400MHzになった。CPU自体は、TI OMAP 2420で変更はない。(表1)は、N770〜N810までのスペックを比較したものである。

本体上部。液晶がスライドするため、スイッチ類はすべてキーボード側になっている。ボタン類もアルミのような質感の金属になっていて、割と高級感がある。また、本体右側にスタイラスを格納できる。ボタンは、写真左から、ロックキー、電源ボタン、ズームインキー、ズームアウトキー、フルスクリーンキー キーボードをスライドさせたところ。キーボード左側にあるのが4方向のカーソルキー(NOKIAはスクロールキーと呼ぶ)と実行キーを組み合わせたナビゲーションキー、その下がメニューキーだ。これは、N800では、液晶の横にあった 背面も正面同様、ガンメタルのような色遣いで、安っぽくない感じになっている。なお、Nokiaロゴのあるパネルはバッテリケースのフタになっている
液晶の横には、明るさセンサー(地球アイコンの左側)とカメラ(その下の黒い四角)、ホームキーとエスケープキーがある。また、左上角には、LEDがあり、メール受信や通信状態に応じて点灯する。明るさセンサーは、周囲の明るさに応じてバックライトなどを調節するためのもの スタンドが組み込みなので、単体で立てておくことができる。また、側面下部にあるminiSDカードスロットやMicroUSBコネクタは、このスタンドを畳むと隠れる位置にある N810パッケージに付属の自動車用マウント。車側とはネジ止めする

【表1】N810 とM800、N770のスペック比較
 N810N800N770
CPUTI OMAP 2420-400MHzTI OMAP 2420-330MHzTI OMAP 1710-250MHz
RAMDDR 128MBDDR 128MBDDR 64MB
Flash256MB+2GB256MB128MB
LCD800x480/16bitカラー タッチパネル付き
メモリカードスロットminiSD×1 SDHC対応(max 8GB)SD×2 SDHC対応(max 8GB)RS-MMC×1(Dual Voltage対応)
無線LAN802.11b/g
BluetoothV2.0+EDRV2.0V1.2
BattBP-4L(1,500mAh)BP-5L(1,500mAh)
動作時間スタンバイ状態で14日、連続動作で4時間スタンバイ状態で12日、連続動作で3.5時間スタンバイ状態で7日、連続動作で3時間
カメラVGA解像度(動画、静止画)回転機構なしVGA解像度(動画、静止画)回転機構ありなし
GPS内蔵なし
USBmicro USBmini USB
その他マイク、スピーカ、3.5mm NOKIA AV端子
サイズ128×72×14[mm](226g)144×75×13[mm](206g)141×79×19[mm] (230g) カバー含む
OSInternet Tablet OS 2008Internet Tablet OS 2007Internet Tablet 2005 software/OS 2006
発表2007/10/172007/1/82005/3/25(出荷は2005/11/07)

●OSもバージョンアップ

 N810には、Internet Tablet OS 2008(以下OS2008)が搭載されている。これは、Linuxをベースにしたもの。N800のものは、OS2007と呼ばれていて、トップページのデザインなどが変更されているほか、標準のアプリケーションが一部変更になっている。基本的な操作などは、従来のOS2007と同一である。なお、このOS2008は、N800用もリリースされており、アップデートが可能だ。なお、OSなどに関してはN800の記事を参照されたい。また、OS2007同様、maemo CJK Supportで日本語表示が可能になるが、これ自体はまだβ版。しかし、Webブラウザでの表示やテキスト、PDFの表示は可能になっている。

 標準アプリケーションは、基本的には同じだが、前述のMapソフトウェアやコンソールウィンドウになるX Terminalなどが追加されている(表2)。また、Webブラウザは、Operaベースのものから、Firefox系のレンダリングエンジンを使ったものに変更された。これは、Firefox 3.0となる予定のレンダリングエンジン(microなどを使って作られたもので、ユーザーインターフェイス部分は、Internet Tablet OS用になっている。とはいえ、HTMLから画面を作る方法(レンダリング)やJavaScriptの振る舞いは、Firefoxとほぼ同じであり、デスクトップ版のFirefoxのようにAJAXを使って作られたサイトなどの表示がちゃんと行なえる。

 たとえば、Googleカレンダーのようなサイトの場合、Operaでは、簡易表示でないと正しく表示が行なえなかった。Google Mapも、表示がおかしかったり、ドラッグでつまみを動かして拡大率を変えるのがうまくできなかったが、OS2008のWebブラウザでは動くようになった。また、このWebブラウザには、Adobe Flash 9相当のプラグインも標準で組み込まれている。

 標準でGPSが搭載されたため、地図表示ソフトウェアが搭載され、内部メモリカードスロットには、地図データが記録されて出荷される。このソフトウェアは、NaviCore社のもので、有償のサービスとしてナビゲーション機能を別途購入することができる。ただし、現状では、日本はサポート範囲ではないため、日本国内の地図も用意されていない。

 その他オンラインで入手可能なソフトウェアは、OS2007用のものなどが基本的に利用できる。内蔵のアプリケーションマネージャは、無線LAN経由でインターネットから直接ソフトウェアのリストをダウンロードしてインストールできる。いちいち、PC経由でダウンロード、転送といった手間がいらない。ただし、使いこなすには、リポジトリ(インストールパッケージを登録したサイト)の設定やRed Pillモードと呼ばれる上級者向けのモードに変更する必要はある。場合によっては、動作がおかしくなるようなこともあるので、初期状態は、Linuxなどを知らなくても安全に使えるようになっているが、知識の豊富なユーザー向けの切り口はちゃんと残してある。

 また、シェルを使うためのX Terminalが標準で入り、メニューにも登録されている。これまでは、別途インストールしたり、開発者モードに変更などのややこしい作業が必要だったのだが、これで簡単にシステムファイルなどが変更可能になった。

ホーム画面。N800と違って、初期状態では、アプレットは3つしか登録されていない。画面左側のアイコンが、ブックマーク、コミュニケーション、メインメニューに対応し、実行中のアプリケーションアイコンがこの下に並ぶ メインメニューを開いたところ。項目、6つまではスクロールなしで表示できる。左側のサブメニューをタップして切り替えることもできる。画面サイズの割にアイコンが大きいので、指でも問題なく選択可能 付属のMAPSは、NaviCore社開発のソフトウェアで、米国モデルでは北米の地図がフラッシュメモリ(内蔵メモリスロットなので消去も可能)に記録されて出荷される。なお、地図は、インターネットからダウンロードすることができる
β版であるmaemo CJK Supportで日本語化すると、Webブラウザで日本語表示が可能になる。拡大率100%でPC Watchのホームページはこういう感じで見える 日本語化するとIMEとしてAnthyが組み込まれる。これで日本語の入力も可能になる。ただし、追加したアプリケーションによっては、入力ウィンドウが正しい位置に表示されないこともある 日本語化するとPDFリーダでも日本語が表示できるようになるが、ファイル形式によっては文字化けすることがある

【表2】N810のアプリケーション構成
メニューApp名OS2007との比較概要
My selectionMap新規地図ソフト
Skype通話ソフト
Rhapsody音楽配信
Media Playerメディア再生
Images画像表示
Helpヘルプ
InternetWeb変更Webブラウザ
Bookmarksブックマーク管理
RSS Feed readerRSSリーダ
Communicationcontacts連絡先管理
E-Mail電子メール
Internet callインターネット電話
Chat変更メッセンジャー
Gizmo新規通話ソフト
UtilitiesFile managerファイル管理
Calculator電卓
Clock世界時計
Notesテキストメモ
PDF readerPDF表示
Sketchお絵かき
Searchファイル検索
X Terminal新規端末エミュレーション
SettingControl panel設定
Application Managerアプリケーション管理
Backup/Resotreバックアップ
Connection manager接続管理
Teach handwriting手書き学習
ExtrasChessチェス
Blocks落ちモノゲーム
Mahjong上海ライクなゲーム
Marblesボールを使う倉庫番ライクなゲーム
Get Started新規初期設定ウィザード

●Bluetooth内蔵なので携帯電話などの通信機能を利用できる

 キーボードがついたのはうれしいが、筐体が小さいため、キーボードはお世辞にも打ちやすいとはいえない。特に、最上段は、液晶の端がギリギリのところにあるのと、打鍵感というかキー自体がかなり堅く、ちょっと押しにくい。この大きさなので、最初から長文を入力しようとは思わないが、URLや検索語の入力程度までという感じだ。ソフトウェアキーボードのように画面を隠さないので、使い勝手が向上している部分もあり、トータルとしては評価できる改良点といえるだろう。どうしても長い文章を入れたいのなら、Bluetoothキーボードが利用できる。

 ざっと使った感じ、N800よりも小さくてキーボード付き、ブラウザもGoogle系のサービスと相性が良くなったので、GmailやGoogle Map、カレンダー程度ならノートPCの代わりとして十分利用できる。巨大なファイルでなければ、PDFも読める。現状、EM・ONEとBluetoothで接続して外出先で利用している。psShutXPというソフトを使ってEM・ONEのディスプレイだけをオフにして、カバンの中に入れっぱなしにしてある。EM・ONEをときどきスタンバイから復帰させてやる必要はあるが、一度接続できれば、しばらくはちゃんと動く。PDAを2台も持ち歩いて少し奇妙だが、ノートPCを持ち歩くよりは軽い。

□関連記事
【2007年10月17日】【塩田】Nokia「Internet Tablet N800」レポート
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2007/1017/pda65.htm

バックナンバー

(2008年3月25日)

[Reported By 塩田紳二 / Shinji Shioda]


【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp ご質問に対して、個別にご回答はいたしません

Copyright (c) 2008 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.