最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

東芝、64GB SSD搭載/863gの「dynabook SS RX1」

dynabook SS RX1

12月21日 発売

価格:オープンプライス



 株式会社東芝は、モバイルノートPC「dynabook SS RX1」の新モデルを12月21日に発売する。価格はオープンプライス。

 重量が約1kgの12.1型モバイルノートPC。6月に発表された夏モデルからメインメモリを2GBに強化し、無線LANをIEEE 802.11a/b/g/nドラフト2.0対応とした。このほか、筐体の堅牢性について、ドイツの認証機関からも100kgfの耐久試験の認証を受けた。

2スピンドルモデル

 ラインナップと店頭予想価格は、64GBのSSDを搭載する「RX1/T9E」が40万円前後、80GB HDDを搭載する「RX1/T7E」が25万円台、光学ドライブを外して軽量化した1スピンドルの「RX1/S7E」が23万円前後の見込み。

 2スピンドルのRX1/T7EにOffice 2007 with PowerPoint 2007をプリインストールした「RX1/T8E」も用意され、28万円前後の見込み。

 そのほかの主な仕様は共通で、CPUに超低電圧版Core 2 Duo U7600(1.20GHz)、メモリ2GB(最大値)、チップセットにIntel 945GMS Express(ビデオ機能内蔵)、1,280×800ドット(WXGA)表示対応12.1型ワイド液晶(省電力LEDバックライト)を搭載。2スピンドルのRX1/T9E、RX1/T8E、RX1/T7EはDVDスーパーマルチドライブを装備する。

 OSはWindows Vista Businessで、HDD搭載モデルはWindows XP Professionalのリカバリメディアが付属する。

 インターフェイスはUSB 2.0×3、IEEE 802.11a/b/g/nドラフト2.0無線LAN、Gigabit Ethernet、ミニD-Sub15ピン、指紋センサー、音声入出力などを備える。

 バッテリ駆動時間はHDD搭載モデルが11時間(Vista時)。SSDモデルは標準バッテリ(バッテリパック2900)で6.2時間、同梱のバッテリパック5800では12.5時間。

 本体サイズは約283×215.8×19.5〜25.5mm(幅×奥行き×高さ)。重量はSSDモデルが863g、バッテリパック5800搭載時が983g、HDD搭載の2スピンドルモデルが1,094g、1スピンドルモデルが1,014g。

□東芝のホームページ
http://www.toshiba.co.jp/
□ニュースリリース
http://www.toshiba.co.jp/about/press/2007_12/pr_j1701.htm
□製品情報
http://www3.toshiba.co.jp/pc/catalog/ss_c/071217rx/index_j.htm
□関連記事
【6月5日】「dynabook SS RX1は東芝22年間のノートPC技術を集結」
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2007/0605/toshiba2.htm
【6月5日】東芝、最薄部19.5mmのCore 2 Duo搭載ノート「dynabook SS RX1」
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2007/0605/toshiba.htm

(2007年12月17日)

[Reported by yamada-k@impress.co.jp]

【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
お問い合わせに対して、個別にご回答はいたしません。

Copyright (c)2007 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.