後藤弘茂のWeekly海外ニュース

PS3は「e-Distribution」のためのプラットフォーム
〜久夛良木健氏インタビュー(3)




 PLAYSTATION 3(PS3)発売へと、いよいよ加速し始めたソニー・コンピュータエンタテインメント(SCEII)。しかし、従来のゲーム機とは一線を画すエンターテイメントコンピュータPS3の戦略は、まだ浸透しているとは言い難い。

 同社を指揮する代表取締役社長兼グループCEOの久夛良木健氏に、PS3の戦略とビジョンを伺った。

●7年越しのネットワークエンターテイメント構想

【Q】 あまり強調されていないが、PLAYSTATION 3(PS3)ではネットワークが要(かなめ)だと理解している。'99年に米サンノゼで開かれた「Microprocessor Forum(MPF)」で、あなたは、ブロードバンドネットワークを通じて、さまざまなエンターテイメントコンテンツを配信する「e-Distribution」構想を示した。PS3になって、ようやくあの時のビジョンに近づいてきたように見える。

【久夛良木氏】 ようやく! 本当に、ようやく。本当は、あの時(PlayStation 2)やりたかったんだけど、できなかった。

 あの時、e-Distributionって僕が言ったら、アメリカでの反応“何だそりゃ状態”だった。それはそうだよね、アメリカでは、まだモデムの世界だったから。まずISPと話をするところから始まって、ブロードバンドらしい話ならCATV会社と話をしなければならない状況。e-Distributionどころじゃない(笑)。それで結局、(PS3まで)持ち越してしまった。

【Q】 日本はブロードバンド化が先行していたが、ワールドワイドの展開を考えると、構想が早過ぎたということか。

【久夛良木氏】 ところが、そうこうしているうちに音楽で、アップルがe-Distributionを実現しちゃったじゃない。だから、こちらもいよいよかなと。

【Q】 そのためのネットワーク機能、そのためのHDD、そのためのネットワークサービス。PS3では、必要なインフラを揃えようとしているように見える。

【久夛良木氏】 まさにやるよ。しかも、PS3発売の初日からネットワークサービスをやるよっていうのがメッセージ。

 また、茶谷(茶谷公之氏。コーポレート・エグゼクティブ兼CTO)とか川西(川西泉氏。コーポレート・エグゼクティブ, ソフトウェア開発本部 本部長, 兼ネットワークシステム開発部 部長)とか、うちの開発のチームのあごが上がっちゃうかもしれないけど。ここでやらなかったら、次にいつどこでやるよ、っていうのがあるから。

Future Market
PDF版はこちら
Future NETWORK
PDF版はこちら
e-Distribution
PDF版はこちら

●基本サービスの上のコンテンツでビジネスをする

【Q】 しかし、これまでカンファレンスなどではネットワークの部分をあまり強調していないように見える。7年前に、e-Distributionをビジョンとして掲げたのとは差がある。

【久夛良木氏】 販売店と、ネットサービスについての話をしてもというのはあるから、E3ではそれほど言わなかっただけ。

【Q】 流通向けには、ビジネスの部分があるのでネットワークを押し出すことができなかった?

【久夛良木氏】 でも、ネットワークでのマッチングサービスや何やの基本的な部分からはお金をいただかない。そういったところは、PCでは当たり前じゃない。PCで当たり前のことを、家庭用のコンソールで何をたいそうなことを言うのかな、というのがある。

 だから、基本サービスは当たり前にしておいて、コンテンツでビジネスしちゃおうと。例えば、「GT(グランツーリスモ、SCEIのカーレースゲーム)」とかでも、(ユーザーの側から)これが欲しいというものが出てくると思う。サーバー側を、Cellサーバーにするという話もあるし。

【Q】 ネットワークコンテンツが浸透するにはどれくらいかかると思うか。

【久夛良木氏】 そんなに時間かからないと思う。ネットワークが当たり前になって、つながるインフラが当たり前になって。1年〜2年たったら当たり前と皆思っていると思う。

【Q】 '99年の講演では、2005年頃にネットワークのコンテンツの時代だと語っていた。多少のずれがあるが、ほぼ予想通りか?

【久夛良木氏】 まあ、そんなものだと思う。すでに、Apple Computerがここまでやっているわけじゃない。Googleだって当たり前にのように(ネットワークを)使っている。もう、目の前に来ている。ところが、Microsoftは、(Xbox 360は)ゲーム機だよと言って、ちょっと前のステップにいるんだよね。

●e-Distributionが進むと最終的にはディスクはなくなる

【Q】 e-Distributionのアイデアからすると、光学ディスクドライブは盲腸のように見える。ネットワークデジタルエンターテイメントの時代になったら、最終的にはローカル側の光学ドライブは重要ではなくなって行くのでは。例えば、HDDだけのPLAYSTATIONとか。

【久夛良木氏】 本当はHDDもないはずなんだけど……最終的にはね。サーバー側にデータを全部持って行くなら、いつかは(ドライブは)いらないとなるかもしれない。同じような話はあって、Google端末なんてアイデアも出ているみたいだけど、それが実現したら、超シンクライアントだよね。でも、(ディスクレスを実現する)そのためには、サーバーが大事で、なかなか難しい。

【Q】 最終的にはPLAYSTATIONもネットワークのクライアントになるかもしれないけど、中期的には光学メディアでの配布が必要と考えているのか。

【久夛良木氏】 家庭用のTVで、これから2K1K(フルHD解像度)が表示できるようになる時に、それを十分楽しめるだけのビットコンテンツがサーバ側にあるという世界はまだちょっと難しい。だからBDは配布メディアとしては十分存在できる。

 また、産業界、流通界はそうじゃないとやっていけない。今、DVDのセールスが落ちて一生懸命次を見つけたいと皆思っているわけで、PS3は大ウェルカムだよね。フラットTV売りたい側からとってもPS3は起爆剤。でも、僕がまた、5年先みたいな(ビジョンの)話をしたら、みんな食えないじゃない(笑)。

 でも、PS3の発売直後から当然のようにサーバーにつなぐ状態となったら、流れとして、そこ(e-Distribution)に行っちゃうと思う。

●Cellコンピューティングへと続くe-Distribution

【Q】 e-Distribution構想の中には、コンテンツを配布するだけでなく、コンピューティングもサーバー側で行なう分散コンピューティング、つまりCellコンピューティングも含まれていると理解している。

【久夛良木氏】 そう、それもやりたい。Cellコンピューティングというと、遠い話みたいだけど、すでに、ある意味、Googleがそうじゃない? セントリックコンピュータ側で処理する、あれだね。仕組みは言わないと言ってるけど、ローカル(PC)側でやっていないのは確かだから。Googleだけじゃない。みんなもうやり始めている。

【Q】 Cellコンピューティングは、それをリアルタイムコンピューティングの世界でやろうとするところが違う点だ。今年2月の半導体カンファレンス「ISSCC 06」でのあなたのキーノートスピーチでは、最後の大きな丸は'99年のネットワークドエンターテイメントではなく、リアルタイムコンピュータになっていた。

【久夛良木氏】 いや、前から、頭の中では、(ネットワークドエンターテイメント)はリアルタイム(コンピューティング)に決まっていると考えていた。ゲーム機から始まったんだから、それは当然でしょ。リアルタイムでなければザネット(インターネット)がすでにあるんだから。

Next Computing
(※別ウィンドウで開きます)
PDF版はこちら

【Q】 ISSCCのプレゼンテーションは、コンピュータとしての視点で、それを明示しただけということか。

【久夛良木氏】 そうだ。最初は、Cellコンピューティングは、PS3という、箱庭の世界で始まるが、その先では、ネットワークに広がってゆく。

●Cellコンピューティングについては平行して開発

【Q】 Cellコンピューティングをネットワークで実現するには、Cellオブジェクトをネットワーク上で交換するためのソフトウェアプラットフォームが必要となる。その開発の状況があまり見えてこない。

【久夛良木氏】 Cellコンピューティングについては、まだ言うのはちょっと早いかもしれない。だけど、(ゲームプラットフォームの整備と)平行でやっている。これは、茶谷(CTO)が担当して、進めている。E3はトレードショーだから、本体とゲームソフト。年末に向けてナンボっていう感じで、リテーラーとのミーティングがほとんどだった。そこでCellコンピューティングといっても仕方ないから、言わなかった。CES(Consumer Electronics Show:米ラスベガスで開催される家電ショウ)だったら、違うだろうけど。

【Q】 Cellコンピューティングの要素の1つとなるCellサーバーの進展はどうか。

【久夛良木氏】 IBMさんと共同で色々やっている。

【Q】 SCEIからサーバーを出す可能性はないのか。

【久夛良木氏】 あるかもしれない。

【Q】 やるならゲームサーバー向けになる?

E3会場でスタックされていたPS3ツール

【久夛良木氏】 1つは、ゲームサーバー。これは、無茶苦茶、面白いことができる。E3でも、開発ツールをスタック(ラックに重ねて設置)しているのは、Cellサーバーのイメージを先取りしたかったから。E3会場では、2Uのユニットをスタックして、各ユニットをFTPサーバーに結んだ。だから、日々、(サーバーにアップするゲームプログラムを更新することで自動的に)より進化したゲームがE3期間中楽しめるようになっていた。

 そのうちポリフォニーデジタル(SCEIのゲームスタジオ、グランツーリスモシリーズなどを開発している)のサーバーにつないだりできるようになる。だから、そのサーバがCellになってほしいというのはある。Cellを1,000台以上、数千台とか、電源が持つ限りつないで、サイバーワールドを造るなんてことをやってみたい。


●インタビュー解説

 ビジョン自体は非常に明瞭だ。未来はネットワークにあり、ネットワークでディストリビュートされるデジタルコンテンツへと向かう。PS2の時に掲げたこのターゲットはぶれてはいないが、PS3になってようやくそのピースが揃ったと考えていることがわかる。PS3では、ローンチ時からネットワークサービスも提供するのは、その先のネットワークデジタルコンテンツ中心の世界への道を舗装するためだ。

 このあたりは、Xbox 360のXbox Liveと戦略は共通する。敷居を低くすることで、SCEIは「PS3=ネットワーク当たり前」の状態に持って行こうとしているようだ。いったんユーザーがネットに乗ってしまえば、ネットワークコンテンツへと誘えるだろうと見ている。

 もちろん、完全にe-Distributionに移るには、年単位の時間が必要となる。しかし、コンシューマ向けTVディスプレイの解像度はHDTVでいったん踊り場となる。それに対して、ネットワークの帯域は連続して広がり、サーバーのコンピューティングパワーも上がってゆく。そうすると、どこかの時点で、コンテンツの容量に十分なネットワークインフラが整うため、ネットワークコンテンツへと比重が変わって行くと考えるのは自然だ。

 PS3ではBDがクローズアップされることが多いが、より長期のビジョンでは、実はSCEIが光学ディスクメディアにこだわっていないことがわかる。現状では、ネットワーク帯域とデータ量のバランスから光学メディアは重要だが、ネットワークへと次第に移ってゆくというビジョンだ。これは、すでにネット中心に回っているコンピュータの世界では、ごく当たり前のビジョンだが、物理的なメディアへのこだわりの強いゲーム業界では、インパクトがある。ビジネスモデルの再改革になるからだ。

 さらに、e-Distributionは、分散コンピューティングを前提に設計されたCellが加わることで、もうワンステップ上がった。Cellコンピューティングでは、パッケージ化されたソフトウェアCellをネットワーク経由で分散することで、ローカルのPS3以上のコンピューティングパワーを使えるようになる。インタビューでは言ってるように、現状のインターネットではリアルタイム性の強い分散化は難しい。しかし、Cellコンピューティングによって、分散型のリアルタイムコンピューティングを実現するというのが、理想のビジョンだ。ただ、Cellコンピューティングについてはインタビューでもニュアンスが伝わるように、フェイズはずれそうだ。

 PS2では、ネットワークコンテンツ化は理想としてはあっても、世の中のネットワークインフラだけでなくSCEI自体の態勢が全然追いついていなかった。しかし、PS3世代では、「ここでやらなかったら、次にいつどこでやるよ」と言う言葉でわかるように、かなり真剣に取り組んでいる。しかし、SCEIにとって、経験が薄い領域であり、ハードルが高いことは確かだ。

□関連記事
【6月8日】【海外】ビジネスモデルを変革するためのPS3の価格戦略
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2006/0608/kaigai277.htm
【6月7日】【海外】コンフィギュレーションが可能なPLAYSTATION 3
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2006/0607/kaigai276.htm
【5月10日】【海外】PS3、“59,800円”の意味
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2006/0510/kaigai269.htm
【3月20日】【海外】PS3はHDDを前提としたLinuxマシーンに
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2006/0320/kaigai254.htm

バックナンバー

(2006年6月9日)

[Reported by 後藤 弘茂(Hiroshige Goto)]


【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp ご質問に対して、個別にご回答はいたしません

Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.