ゲーマー向けハイエンドノートPC
「デル XPS M1710」
〜GeForce Go 7900 GTXやライトアップ用LEDを搭載



XPS M1710

 ノートPCは、デスクトップPCに比べて省スペースであり、我が国の住宅事情にも適しているため、人気が高い。すでに数年前から、国内のPC総出荷台数に占めるノートPCの割合は過半数を超えており、その傾向は今後も強まっていくだろう。

 ノートPCも、用途に応じて、モバイル向けやデスクトップリプレイス向け、AV機能重視のエンターテイメントノートPCなどさまざまな製品が登場しているが、これまであまりなかったのが、コアゲーマー向けのノートPCだ。

 今回取り上げるデルの「XPS 1710」は、ボディデザインからスペックにいたるまで、コアゲーマーの要求に応えるために誕生した製品である。

●鮮烈なレッドとシルバーが印象的なボディデザイン

 デルは、個人向けPCブランドとして、デスクトップPCの「Dimensionシリーズ」とノートPCの「Inspironシリーズ」を長年にわたって展開しているが、今回レビューする「XPS 1710」は、DimensionやInspironとは別のブランド「XPS」シリーズに属する製品だ。XPSは、個人向けPCのプレミアムブランドとして位置付けられており、デザインやスペック、機能など、一般的なPCでは物足りないユーザーをターゲットとしている。

 XPSブランドは、米国で'93年に誕生したが、日本で販売が開始されたのは2003年のことだ。また、2005年まで、XPSシリーズの製品はデスクトップPCしかなかったのだが、2005年米国でノートPCが追加された。デルは、2006年を世界市場においてXPSブランドを本格的に展開する年として位置付けており、日本市場においても、XPS M1710をはじめ、タワー型PC「XPS 700」、20.1型液晶搭載ノートPC「XPS M2010」、モバイルノートPC「XPS M1210」の計4製品を投入した。

 XPS M1710は、ゲーマー向けノートPCと謳うだけのことはあって、ボディデザインも一般的なノートPCとは一線を画している。ゲーマーの中には、派手なタワーケースに電飾パーツを多数使って、まるでデコトラのようなマシンに仕上げている人がいるが(特に海外で多いようだ)、XPS M1710のデザインにもそうした雰囲気が感じられる。液晶背面のレッドとシルバーのカラーが印象的で、2カ所に刻印されたXPSロゴも存在感をアピールしている。仕事で使うには派手すぎるだろうが、個性的なマシンで目立ちたいというゲーマーには受け入れられるだろう。

 また、詳しくは後述するが、液晶背面のXPSロゴ部分とボディ左右側面の空気孔部分、ボディ前面のステレオスピーカー部分にライトアップ用のLEDが組み込まれており、電源を入れると美しく点灯することも特徴だ。このLEDの発光色は、16色の中から自由に選択できるようになっている。本体の重量は3.99kgであり、部屋から部屋へ移動する程度なら問題はないが、常に携帯するには向かないだろう。

XPS M1710の上面。鮮烈なレッドとシルバーの組み合わせが印象的 DOS/V POWER REPORT誌とのサイズ比較。17型ワイド液晶を搭載しているので、本体のサイズはかなり大きい 液晶背面のXPSロゴやボディ左右側面の空気孔部分、ボディ前面のステレオスピーカー部分にライトアップ用LEDを搭載

●ビデオメモリ512MBの高性能GPUを搭載

 高精細な3D描画を駆使した最新のゲームは、CPUやGPUにかかる負荷が非常に大きい。最新ゲームをフルオプションで快適に遊ぶには、高いパフォーマンスが要求される。そこで、XPS M1710は、現時点でのノートPCとして、最高レベルのスペックを実現している。CPUは、モバイル向けデュアルコアCPU「Core Duo T2600」(BTOでT2500やT2400も選択可能)を、チップセットとしてIntel 945PM Expressを採用。メモリスロット(DDR2対応SO-DIMMスロット)を2基装備しており、メモリ容量は最小512MBから最大2GBから選べる(増設は4GBまで可能)。HDDはシリアルATA対応で、80GB/100GB/120GBからチョイスできる。HDDはパック式になっており、容易に交換が可能だ。

 XPS M1710のウリの1つとして、GPUにNVIDIAのGeForce Go 7900 GTXを選択できることが挙げられる。GeForce Go 7900 GTXは、NVIDIAのノートPC向けGPUの中でも、最もハイエンドに位置する製品であり、高い3D描画性能を誇る。筆者が知る限り、日本で発売されているノートPCで、GeForce Go 7900 GTXを搭載したのは本製品が初めてである。ベンチマーク結果については後述するが、3D描画性能は一般的なノートPCに比べてはるかに高く、ハイエンドPCに匹敵する。GeForce Go 7900 GTXを選択した場合、ビデオメモリ容量は512MBとなるが、こちらもノートPC、デスクトップPCを問わず、現時点では最大クラスだ。最新の3Dゲームも、快適に遊べるパフォーマンスを持っているといえるだろう。

 GPUのBTOメニューには、GeForce Go 7900 GSという選択肢も用意されている。GeForce Go 7900 GSは、GeForce Go 7900 GTXの下位にあたる製品だが、それでも一般的なノートPC向けGPUに比べて、3D描画性能は格段に高い。価格を重視するのなら、こちらを選択するのもお勧めだ。

 また、光学ドライブは、DVD±RWドライブまたはCD-RW/DVD-ROMコンボドライブの選択が可能である。

 なお、今回の試用機のスペックは、CPUがCore Duo T2600、メモリが1GB(512MB×2)、HDDが100GB、GPUがGeForce Go 7900 GTX、光学ドライブがDVD±RWドライブ(NEC ND-6550A)というものであった。

DDR2対応SO-DIMMスロットを2基装備しており、最大4GBまでメモリを増設可能 HDDはパック式になっており、ネジを2本外すだけで、パックを取り外すことができる

試用機には、日立GST製のTravelstar 7K100(100GB/7,200rpm)が採用されていた 左側面に、光学ドライブを搭載する

●1,920×1,200ドット表示が可能な17型ワイド液晶を搭載

 液晶ディスプレイとしては、17型ワイド液晶を搭載している。サイズは、一般的なノートPCとしては最大クラスだ。また、解像度が1,920×1,200ドット(WUXGA)と高いことも特徴である。いわゆる光沢タイプの液晶なので、発色は鮮やかで、コントラストも高い。視野角についても不満はない。アクションゲームなどでは液晶の応答速度が重要になるが、いくつかのゲームをプレイした限りにおいては、残像もほとんど気にならず、応答速度は十分だと感じた。また、解像度が高いので、複数のウィンドウを同時に開いても快適に作業が可能だ。

 本体のサイズが大きいので、キーボードにも余裕がある。キーの配置は、ThinkPadシリーズのような7列キーボードになっており、ミスタイプも防げる。ポインティングデバイスとしては、タッチパッドを採用。タッチパッドにも赤色LEDが組み込まれており、電源を入れるとXPSロゴが浮かび上がるようになっている(LEDをOFFにすることも可能)。

「コンピュータの電源を切る」ダイアログボックスに並ぶアイコンの横の長さは約8mmである キーボードは、7列キーボードであり、ゆったりとして使いやすい

 キーボード上部には、MediaDirectボタンが用意されており、電源オフの状態で押すことで、素早くCDやDVDなどの再生が可能なDell Media Direct機能を呼び出すことができる。また、前面部には、マルチメディアキーが用意されており、再生や巻き戻しなど、AV関係の操作が可能だ。

ポインティングデバイスとして、タッチパッドを採用。XPSロゴは赤色に点灯するようになっている XPSロゴ点灯時の様子。発光色を変更することはできない
XPSロゴ消灯時の様子 前面には、マルチメディアキーが用意されている。マルチメディアキーも電源を入れると青色に点灯する

●豊富なインターフェイスを装備

 インターフェイス類も充実している。USB 2.0×6やDVI出力、D-Sub15ピン、Sビデオ出力、IEEE 1394(4ピン)、モデム、Gigabit Ethernetなどを本体に搭載するほか、ExpressCardスロットと5-in-1カードスロット(メモリースティック(PRO)、SDメモリーカード/MMC/xD-ピクチャーカード対応)を装備している。ただし、ExpressCardスロットのフタがダミーカード方式なのは残念だ。また、コンポーネント変換ケーブルも付属している。

左側面には、USB 2.0×2や光学ドライブ(固定式)が用意されている 右側面には、ExpressCardスロットやIEEE 1394、マイク入力、ヘッドフォン出力、5-in-1カードスロットが用意されている 5-in-1カードスロット周りのアップ。5-in-1カードスロットの上側にはIEEE 1394やマイク入力、ヘッドフォン出力が用意されている

背面には、Gigabit Ethernetやモデム、USB 2.0×4、DVI出力、アナログRGB出力(D-Sub15ピン)が用意されている 前面には、ステレオスピーカーとマルチメディアキーが用意されている コンポーネント変換ケーブルが付属する

 ワイヤレス機能としては、IEEE 802.11a/b/g対応無線LANまたはIEEE 802.11b/g対応無線LANを選べるほか、Bluetooth v2.0+EDRも追加できる。独立したワイヤレススイッチは用意されておらず、Fn+F2キーでワイヤレス機能のON/OFFを行なうようになっている。なお、ワイヤレスインジケータは用意されている。

底面の様子。左にはMini PCI Expressカードスロットが、中央にはSO-DIMMスロットが用意されている 試用機では、インテル製のIEEE 802.11a/b/g対応無線LANカードが装着されていた キーボード上部に、無線LANやBluetoothの状況を示すワイヤレスインジケータが用意されている

●ライトアップ用LEDの発光色は16色から選択可能

 XPS M1710の特徴として、液晶背面のXPSロゴ部分とボディ左右側面の空気孔部分、ボディ前面のステレオスピーカーに、ライトアップ用LEDが多数組み込まれていることが挙げられる。輝度も高く、明るい部屋でも光っていることがはっきりわかる。LEDの発光色は、付属のユーティリティ「Dell QuickSet」またはBIOSを利用して、全16色の中から変更できる。

電源を入れると、ボディ左右側面の空気孔部分とステレオスピーカー部分、タッチパッド部分のLEDが光る(液晶背面のXPSロゴも光るが、この写真では写っていない) 側面の空気孔部分のアップ。液晶背面のXPSロゴが光っていることにも注目。側面と前面、液晶背面は別々の色で光らせることが可能
選択できる発光パターンには、複数の色が混ざったものもある 【動画】ライトアップ用LEDの発光色を順番に変化させていった様子(約7MB)

 指定できる発光色は、複数の色が混ざったものもあり、なかなかきれいだ。ちなみに、発光色には「ルビー」、「シトリン」、「アンバー」、「ペリドット」、「エメラルド」など宝石の名称が付けられている。3カ所それぞれを別の色で光らせることができるので、光らせ方のパターンは、4,096通り(16の3乗)にもなる。自分の好みに応じて、発光色を変えられるのは面白い。

ライトアップ用LEDの発光色を変更するには、「Dell QuickSet」を起動し、ゲームインタフェースを選ぶ 3カ所の発光色を別々に16色の中から選ぶことが可能。「すべてのゾーンのリンク」にチェックをつければ、3カ所のスライダーが同期して動くようになる。輝度も変更できる Dell QuickSetでは、パワーマネージメントに関する設定も行なえる
そのほか、ゲームに関係が深い項目の設定も行なえる ライトアップ用LEDの色は、BIOSから変更することも可能

 バッテリは9セル仕様で、80Whと比較的大容量だ。バッテリには5つのLEDが実装されており、残量を知ることができる。なお、バッテリ駆動時間は現在のところ公表されていないが、持ち歩いて使うマシンではないので、バッテリ駆動時間はそれほど重要ではないだろう。ただし、ACアダプタはかなり大きく、重量が0.76kgもある。

9セルのバッテリを採用。5つのLEDで残量を知らせるインジケータも装備している バッテリは、11.1V、80Whという仕様だ ボタンを押すことで、残量インジケータが点灯し、バッテリ残量がわかる
VHSビデオテープ(左)とバッテリのサイズ比較 VHSビデオテープ(左)とACアダプタのサイズ比較。ACアダプタのサイズはかなり大きい

●コアゲーマーも満足できる高い3D描画性能を誇る

 参考のために、いくつかベンチマークテストを行なってみた。ベンチマークプログラムとしては、PCMark05や3DMark03、3DMark05、FINAL FANTASY XI Official Benchmark 3を利用した(電源プロパティの設定は「常にオン」で計測)。

 結果は下の表にまとめたとおりである。比較用にVAIO type A、Let'snote CF-Y5やFMV-BIBLO MG75S、Lenovo 3000 C100の結果もあわせて掲載した。どのベンチマーク結果も、非常に優秀であり、特に3DMark03やFINAL FANTASY XI Official Benchmark 3の結果は、VAIOノートシリーズのフラッグシップモデルであるVAIO type Aと比べても、大きく上回っている。これだけのパフォーマンスがあれば、最新の3Dゲームを高解像度でプレイしても、快適に動くはずだ。

【表】XPS M1710のベンチマーク結果
 XPS M1710VAIO type ALet'snote CF-Y5FMV-BIBLO MG75SLenovo 3000 C100
CPUCore Duo T2600Core Duo T2600Core Duo L2300Core Duo T2300Pentium M 740
ビデオチップGeForce Go 7900 GTXGeForce Go 7600 GTIntel 945GMS内蔵Intel 945GM内蔵Intel 915GM内蔵
PCMark05
PCMarks50864548237327831937
CPU Score50404687349338512798
Memory Score32603097242627222623
Graphics Score627743947541096721
HDD Score40784661297731473362
3DMark03
1,024×768ドット
32bitカラー(3Dmarks)
18279113569961467899
CPU Score1016922479571464
3DMark05
1,024×768ドット
32bitカラー(3Dmarks)
8515未計測未計測未計測未計測
CPU Score5781未計測未計測未計測未計測
FINAL FANTASY XI Official Benchmark 3
HIGH67955384165621501673
LOW88957414271932272839

 XPS M1710は、ゲーマー向けノートPCという名に恥じない、高いパフォーマンスを誇る製品である。一般的なビジネスアプリケーションを使ったり、インターネットを活用するだけならここまでの3D描画性能は必要ないが、ノートPCで最新ゲームをプレイしたいという人には、有力な選択肢となるだろう。いわゆるLANパーティ(自分たちでPCを持ち寄って、ネットワーク対戦ゲームを楽しむパーティ)に、持っていくためのマシンとしても向いているだろう。

 今回の試用機構成の価格は35万円程度とかなり高価ではあるが、CPUをCore Duo T2400にし、GPUをGeForce Go 7900 GSにしたベーシック構成の最小モデルでは、24万円程度で購入できる。ベーシック構成でも最新ゲームを動かすのに十分なパフォーマンスを持っているので、コストパフォーマンスを重視するならベーシック構成がお勧めだ。

□デルのホームページ
http://www.dell.co.jp/
□XPS M1710の製品情報
http://www1.jp.dell.com/content/products/productdetails.aspx/
xps_m1710?c=jp&l=jp&s=dhs

□関連記事
【5月9日】【大河原】デルが最上級エンターテイメントPCに力を注ぐ理由
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2006/0509/gyokai158.htm
【5月8日】デル、GeForce Go 7900搭載ゲーマー向けノート
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2006/0508/dell1.htm

バックナンバー

(2006年6月6日)

[Reported by 石井英男]


【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp ご質問に対して、個別にご回答はいたしません

Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.