笠原一輝のユビキタス情報局

2006 International CESプレスプレビューレポート
〜Intel Core Duo搭載のモバイルノート登場



 International CES 2006は、1月4日夕方(現地時間)に行なわれるMicrosoftのビル・ゲイツ会長兼CSAの基調講演から開幕する。

 開幕を控えた会場ではブースの設営などの準備が進む中、報道関係者向けにCESの会場で展示される製品のプレビューが行なわれた。その中からPC分野の注目製品を紹介していきたい。

●Centrino Duoノートを多数展示したASUSTeK

 台湾のマザーボードベンダASUSTeK Computerは、最近ではマザーボードのみならず、ノートブックPCベンダとしても認知されている。ナショナルブランドが強力な日本市場は別としても、アジア市場においてASUSのノートPCは、注目を集める存在でそれなりのシェアも獲得している。

 今回ASUSは「W2J」、「W5F」、「S6F」、という3つのノートPCを展示した。これらの製品はCESで発表されるとみられている“Centrino Duo Mobile Technology”、つまりNapaプラットフォームと呼ばれてきた新しいモバイルPC向けコンポーネントを採用している。

 Centrino Duoは、CPUにIntel Core Duo(Yonah DC)を採用し、チップセットにIntel 945GMないしはIntel 945PM、無線LANチップにIntelのIntel Pro/Wireless 3945ABGを搭載している。

 「W2J」はIntel Core Duo、Intel 945PM、Intel Pro/Wireless 3945ABGを搭載するCentrino DuoプラットフォームのノートPCで、17型ワイドの液晶ディスプレイを搭載したハイエンドノートPCだ。GPUにATIのMobility Radeon X1600を搭載しており、高い3D性能を備えるのが特徴だ。

 「W5F」は2スピンドルのサブノートPCで、Intel Core Duo、Intel 945GM、Intel Pro/Wireless 3945ABGを搭載するCentrino DuoプラットフォームのノートPC。液晶は12.1型ワイド液晶を搭載しており、解像度はWXGA。液晶部分に回転可能なLCDカメラを備えているのが大きな特徴となっている。

「W2J」。17型ワイド液晶の大型ノートだがラッチレスなのはユニーク 「W5F」は12.1型ワイド液晶/2スピンドルノートPC。液晶部分に回転可能なCCDカメラを備えている

 「S6F」はさらに小さい11.1型ワイド液晶を搭載した2スピンドルのサブノートPC。Intel Core Duo(低電圧版)、Intel 945GM、Intel Pro/Wireless 3945ABGを搭載している、Centrino Duoプラットフォームとなっている。

 また、ASUSTeKはイタリアの自動車メーカー「ランボルギーニ」との協業を行なっていくことを明らかにした。今回CESのブースではランボルギーニのロゴがついたノートPCが展示される予定になっており、今年の第2四半期には具体的な製品として発表していきたいとのことだった。

「S6F」は11.1型ワイド液晶の2スピンドルノートPC 展示されていたランボルギーニノート。AMD&Acerのフェラーリノート対抗なら、やはりこれだろう

●Viivのデモを初公開

 また、ASUSTeKでは、Intelが5日のポール・オッテリーニ社長兼CEOの基調講演で公開すると見られている“Intel Viiv Technology”(以下IVT)に対応したPCとDMA(Digital Media Adaptor)のデモを行なった。

 ASUSが公開したのは、デジオンの「DiXiM」をソフトウェアに採用したDMA(ASUS AS862)で、ローカルでDVDの再生ができるほか、ネットワーク経由でIVTに対応したPCにアクセスし、コンテンツの再生が可能になっていた。

 IVT自体は、昨年の8月のIDFで発表されたが、デモは公開されていなかった。IntelがIVT用に用意しているメディアサーバーソフトウェアのリリース時期が今年の後半になったこともあって、公開の場でのデモは行なわれていなかったのだ。

 今回のデモでは、DiXiMベースのDMAからIVT対応PCにアクセスし、“Intel Media Server”と表記されたIntelのメディアサーバーに接続し、ビデオが再生された。

 なお、AS862はDVD、MPEG-1/2、DiVX、Xvid、WMV9などのビデオフォーマットが再生可能であるほか、音楽(MP3、WAVなど)、写真(JPEGなど)の再生にも対応している。ビデオ出力はSビデオ、コンポジット、コンポーネントを備えており、最大で1080pの出力が可能であるという。音声出力はアナログの他、S/PDIFを備えている。ネットワーク機能としては有線LANの他、IEEE 802.11b/gの無線LANを備えている。

DMAのAS862。Intel Viiv Technologyに対応しており、ソフトウェアにはデジオンのDiXiMを搭載している IVT対応PCにインストールされているIntelのメディアサーバーにアクセスするデモ。IntelのViiv対応メディアサーバーが公開されたのは今回が初めて すでに各所でViivやCentrino Duoのロゴが確認できる

●FICがIntel Core Duoを搭載したミニPCを展示

 同じく台湾のFICは、Intel Core Duoを搭載したミニPCとノートPCを展示した。

 ミニPCは、“GE2”という開発コードネームで、これまでIntelとFICが共同で開発してきた製品だ。すでに昨年のIDFなどで公開されており、その際は“Golden Gate”という開発コードネームだった。

 GE2の特徴は、266×172×42mm(幅×奥行き×高さ)という非常に小さな筐体に、デュアルコアのIntel Core Duo(T2300/T2400/T2500/T2600/T2700)が搭載されていることだ。もちろん、フルファンクションのPCだ。

 チップセットはIntel 945G、7.1chのオーディオ出力を備えており、DVD-RWに対応した光学ドライブ、TVチューナ、Bluetooth、Ethernet内蔵、DVI出力、3つのUSBポート、カードスロット(SD/MS)、IEEE 1394という仕様になっている。対応OSはWindows XP Media Center Edition 2005となっている。

 FICによれば、第2四半期には出荷したいとのことで、価格はCPUやHDDなどの構成によるが499ドル〜999ドル程度になると予想されているという。日本でも販売したいという意向はあるようだが、どのような販売形態になるのか(ベアボーンか、完成PCか)も含めて現時点では未定とのことだ。

 FICのCentrino DuoプラットフォームノートPCはGTシリーズと呼ばれており、15.4型ワイド液晶(WXGA)を搭載したフルサイズノートPCとなっている。重量は2.8kg。CPUはIntel Core Duoプロセッサ(T2300/T2400/T2500/T2600/T2700)に対応しており、チップセットはIntel 945GMまたは945PM、無線LANはIntel Pro/Wireless 3945ABGとなっている。GPUはATIのMobility Radeon X700またはX1600が搭載可能になっている。

FICのGE2。Intelの開発コードネームでは「Golden Gate」と呼ばれていたミニPC。標準でBluetoothにも対応しており、LogitechのBluetoothキーボードが使われていた FICのGTシリーズ。Centrino DuoプラットフォームのノートPC。GPUはMobility Radeon X1600まで対応する

●Skypeに対応したWi-Fi携帯電話を展示したASUSTeK

Wi-Fi対応で、Skypeクライアントにもなる携帯電話。日本でホットスポットを展開する企業などに採用を呼びかけていきたいと説明していた

 ASUSTeKは、携帯電話事業にも積極的に取り組んでいる。今回、展示したのは、無線としてWi-Fi(2.4GHz、bかgかは不明)を利用しており、ホットスポットなどに接続して利用する。また、一般の携帯電話としての機能も有しており、W-CDMAの携帯電話としても利用できるという。

 ユニークなのは、Skypeのクライアント機能を有していることだろう。つまり、ホットスポットに無線LANで接続した場合、SkypeがインストールされたPCと通話できるのだ。つまり、ホットスポットの利用代金だけで通話が可能になる。ホットスポットの利用代金が無料であれば、タダで通話できることになる。なお、現時点ではあくまでサンプルで、いつ出荷するのかなどは未定とのことだが、もし日本でも導入されたら、かなりインパクトがあるのではないだろうか。

□関連記事
【1月4日】「2006 International CES」、5日開幕
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2006/0104/ces01.htm
【2005年12月5日】【笠原】いくつもの難題を抱えて船出するViivテクノロジ
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2005/1205/ubiq134.htm
【2005年8月26日】【IDF】デジタルホーム向けの新ブランド「Viiv」を発表
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2005/0826/idf05.htm

バックナンバー

(2006年1月5日)

[Reported by 笠原一輝]


【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp ご質問に対して、個別にご回答はいたしません

Copyright (c) 2006 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.