最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

アップル、PowerMac/iMac G5説明会を開催

5月11日 開催

連絡先:Apple Storeコールセンター
     Tel.0120-27753-1



 アップルコンピュータ株式会社は11日、4月27日と5月3日にそれぞれ発表した新製品「PowerMac G5」と「iMac G5」についての説明会を同社セミナールームで開催した。

 発表された新製品はいずれも、4月29日から全世界で一斉に発売されている同社の最新OS「Mac OS X 10.4 "Tiger"」(以下、Tiger)をプリインストールしているのが特徴で、筐体デザインなど外観における変更点はない。両製品ともに、すでに出荷が開始されている。特にPowerMac G5は、Tigerのパッケージ版に1日先んじて出荷が始まったこともあって、出荷日である4月28日に同製品を購入したユーザーは、まさに世界最速でTigerを手に入れたひとりとなったはずだ。

●本当のオールインワンに近づいたiMac G5

iMac G5製品担当のプロダクトマーケティング部長である江川大輔氏。今回のiMac G5を「意味のあるアップグレード」と位置づけた

 iMac G5の製品説明は、同社のプロダクトマーケティング部長である江川大輔氏によって行なわれた。同氏は今回の変更点を「意味のあるアップグレード」と総括。前述のとおり外観上では従来モデルとの違いはないが、ラインナップのすべてで液晶パネルサイズを除くほぼすべてのスペックが向上している。

 特にTigerプリインストールを意識としていると思わせる部分が、標準搭載メモリの容量増加とGPUの高スペック化だ。メモリに関するTigerの最低動作環境は256MBとなっているが、複数のアプリケーションをある程度快適に使おうと思ったら、512MB搭載というのが現実的な数字といえる。さらにGPUをRADEON9600へと変更したことで、Tigerに搭載されているCoreImage機能をフル活用できるようになっている。

 従来はオプション扱いだったAirMac ExtremeとBluetooth 2.0+EDRの無線機能もすべてのラインナップで標準搭載となった。標準添付されるキーボードやマウスはワイヤードのものだが、Bluetooth対応のワイヤレスキーボード/マウスや無線LAN対応のベースステーションなどを追加することにより電源ケーブルを除いてケーブルレス環境が実現できることになる。店頭では追加購入という形になるが、AppleStoreのBTOを利用することで最初からワイヤレスキーボード、マウスを選択することが可能だ。

 さらに、EthernetはGigabit化を実現。光学式ドライブはDVDのライティングに対応する上位2モデルで、DVD+R DLをサポートするようになった。オーディオ出力もオプティカル対応へと変更が加えられている。

 今回のモデルチェンジにより、新iMac G5は本当のオールインワンにより近づいたという印象をうける。実際、AppleStoreのBTOを試してみても、無線機能の標準化を大きな要因として、従来モデルに比べてカスタマイズできる要素は大きく減っている。ハードウェアでは、前述のキーボードの変更に加えて、メモリの増量(最大2GBまで)、ハードディスク容量の変更(最大400GB)ぐらいである。ソフトウェアではiLife'05が従来モデルに引き続いてプリインストールされるほか、iWork'05の30日間試用版とMicrosoft Office 2004の30日間試用版も含まれてる。

iMac G5搭載のSuperDriveがDVD+R DLに対応した。DVD±Rでは最大8倍速でライティングが可能 GPUがATI RADEON 9600に変更されビデオメモリが倍増の128MBとなったことで、Haloで表示可能なフレームレートが従来モデルに比べて大幅に向上した
無線機能の標準搭載で、AirMac Extreme BaseStationやワイヤレスキーボード、マウスの導入で電源ケーブル以外のケーブルレス化も容易になる 外観は従来のiMac G5と変わらない。左が20型モデル。デモ展示ではワイヤレスキーボードとマウスを利用してすっきりした印象をみせていた

iMac G5 17型 1.8GHz iMac G5 17型 2.0GHz iMac G5 20型 2.0GHz iMac G5
M9843J/A M9844J/A M9845J/A
CPUクロック周波数 1.8GHz 2.0GHz 2.0GHz
システムバス 600MHz 667MHz 667MHz
搭載メモリ(標準/最大) DDR400MHz(512MB/2GB) DDR400MHz(512MB/2GB) DDR400MHz(512MB/2GB)
HDD(シリアルATA 7,200rpm) 160GB 160GB 250GB
液晶ディスプレイ 17型(1,440×900ドット) 17型(1,440×900ドット) 20型(1,680×1,050ドット)
光学ドライブ コンボドライブ 8倍速(DVD+R DL/DVD±RW/CD-RW) 8倍速(DVD+R DL/DVD±RW/CD-RW)
グラフィックプロセッサ ATI RADEON 9600 ATI RADEON 9600 ATI RADEON 9600
ビデオメモリ 128MB 128MB 128MB
AirMac Extreme 標準搭載 標準搭載 標準搭載
Bluetooth 2.0+EDR(Enhanced Data Rate) 標準搭載 標準搭載 標準搭載
Ethernet Gigabit対応 Gigabit対応 Gigabit対応
AppleStore価格(従来モデルとの差額) 152,040円(-7,250円) 173,040円(-10,500円) 209,790円(-21,000円)

太字は変更点

●ビデオ周りが強化されたPowerMac G5

PowerMac G5の製品説明はプロダクトマーケティングの小尾秀男氏が行なった

 PowerMac G5の製品説明は、プロダクトマーケティングの小尾秀男氏によって行なわれた。iMac G5同様に、PowerMac G5でもTigerプリインストールを前提としたスペックの底上げが行なわれている。上位モデルでは従来から512MBのメモリを搭載してはいたが、今回のラインナップではこれまで256MBだった下位モデルも512MBが標準となった。AGP 8X Proスロットに搭載されているビデオカードも、NVIDIA GeForce FX5200 UltraからATI RADEON 9600へと変更され、ビデオメモリも64MBから128MBへと増加されている。

 また最上位モデルである2.7GHzデュアルには、RADEON 9650が標準搭載されている。このビデオカードはDVI端子を2個装備し、一方がDualLink DVIに対応している。DualLink DVIには同社が発売する30型のCinema HD Displayを接続できるほか、もう一方のDVI端子に23型までのCinema Displayを接続可能だ。つまり最上位モデルでは30型と23型のデュアルディスプレイ環境を利用できることになる。

 下位2モデルでもデュアルディスプレイ環境は標準化されているが、こちらはいずれも23型以下によるデュアル環境となる。もちろんいずれのモデルでも、従来から提供されているNVIDIA GeForece 6800 Ultra DDLビデオカードを導入することで、30型デュアルの環境を実現することが可能だ。

 光学式ドライブもiMac G5同様DVD+R DLをサポートするようになった。iMac G5に搭載されるものより高速なドライブとなっており、DVD±RのライティングではiMac G5が最大で8倍速であるのに対し、PowerMac G5では最大で16倍速となっている。

 搭載されているインターフェイス類はほとんど変更がないが、今回のモデルからV.92対応内蔵モデムがオプション扱いとなり標準搭載品から外れることになった。現在のインターネット環境やPowerMac G5の製品としての位置づけを考えると、まさに時代の流れともいうべき変更点だろう。どうしても内蔵モデムが必要な場合は、BTOで追加することができる。

 ちなみに、従来モデルの2.5GHzデュアルに採用されていた水冷システムは、今回のラインナップでもハイエンドの2.7GHzデュアルモデルにのみ搭載されている。2.0GHzデュアル、2.3GHzデュアルはともにファンによる冷却となっている。

 従来からラインナップされていた1.8GHzのシングルプロセッサモデルも継続販売される。

PowerMac G5の機能強化ポイントのまとめ。2.7GHzデュアルが今回のハイエンドモデル Tigerにおけるパフォーマンスの向上にGPU性能は欠かせない要素となる ビデオカードの選択によって利用できるデュアルディスプレイの構成が異なる
デモ機は2.7GHzデュアルモデル。外観は従来モデルと変わりがない。インターフェイスでは、内蔵モデムがオプション扱いになった 2.7GHzデュアルに標準で搭載されるATI RADEON 9650。256MBのビデオメモリを搭載する。ファンレス仕様だ ATI RADEON 9650ビデオカードを使うと、DualLink DVI端子に30型Cinema HD Displayを、DVI端子に23型以下のディスプレイをつないだデュアルディスプレイ環境が実現可能

PowerMac G5 M9747J/A M9748J/A M9749J/A
CPUクロック周波数 2.0GHz×2 2.3GHz×2 2.7GHz×2
フロントサイドバス 1.0GHz 1.15GHz 1.35GHz
搭載メモリ(標準/最大) DDR400MHz(512MB/4GB) DDR400MHz(512MB/8GB) DDR400MHz(512MB/8GB)
HDD(シリアルATA 7,200rpm) 160GB 250GB 250GB
光学ドライブ 16倍速(DVD+R DL/DVD±RW/CD-RW) 16倍速(DVD+R DL/DVD±RW/CD-RW) 16倍速(DVD+R DL/DVD±RW/CD-RW)
グラフィックプロセッサ ATI RADEON 9600 ATI RADEON 9600 ATI RADEON 9650
ビデオメモリ 128MB 128MB 256MB
拡張スロット PCI×3(64bit 33MHz) PCI-X×3(64bit 133MHz×1、100MHz×2  
AppleStore価格(従来モデルとの差額) 236,040円(-15,750円) 293,790円(-21,000円) 351,540円(-15,750円)

太字は変更点

□アップルコンピュータのホームページ
http://www.apple.co.jp/
□製品情報
http://www.apple.co.jp/imac/
http://www.apple.co.jp/powermac/
□関連記事
【5月4日】アップル、"Tiger"搭載のiMac G5
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2005/0504/apple.htm
【4月28日】アップル、デュアル2.7GHz「Power Mac G5」など
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2005/0428/apple.htm
【2004年9月2日】アップル、iMac G5を国内で初公開
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2004/0902/apple02.htm
【2004年6月9日】アップル、水冷システム搭載PowerMac G5の説明会を開催
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2004/0618/apple.htm

(2005年5月11日)

[Reported by 矢作晃]

【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
お問い合わせに対して、個別にご回答はいたしません。

Copyright (c) 2005 Impress Corporation, an Impress Group company.All rights reserved.