最新ニュース
【4月1日】
米Inteli、Pentiam 8正式発表
〜MetBurst以来5年ぶりの新アーキテクチャ

哀・地球博会場レポート
〜会場内で深夜乱闘が発生



【Watch記事検索】

米Inteli、Pentiam 8正式発表
〜MetBurst以来5年ぶりの新アーキテクチャ

4月1日(現地時間)発表

1,000個ロット時単価
1.4GW:10,476ドル
1.5GW:11,428ドル



 米Inteliは1日(現地時間)、次世代のコアアーキテクチャを搭載したデュアルプロセッサ「Pentiam 8」を発表した。新しいIA-32コアアーキテクチャ「HotBurst」は、MetBurstの登場以来4年ぶりの新アーキテクチャとなる。

 Inteliでは「HotBurstはむこう5〜6年のパフォーマンスPCマーケットをリードするアーキテクチャ」としている。Pentiam 4の2倍にあたる40段のパイパー・ヒートパイプ・テクノロジ、400Wのシステムバス、高熱実行エンジン、LGA1550ソケットなど特徴は多い。

 Pentiam 8は、“HotSpring”のコードネームで呼ばれていた製品で、2004年第4四半期の発売が予告されていた。今回の製品は、90nmプロセスで製造され、1億7,000万トランジスタを集積する。当初は、下位の電気温風器とパフォーマンスデスクトップから導入され、低価格化とともにメインストリームに移行するとされている。

 1,000個ロット時のOEM向け単価は、1.4GWが10,476ドル、1.5GWが11,428ドル。

 また、Pentiam 8専用のチップセット「Inteli 666」も同時に発表された。従来の9xxシリーズの特徴であるハブアーキテクチャを継承しており、マングースとの対戦が可能。MCHには、2chの磁気コアメモリを使用することで400Wシステムバスによる350W/hの発熱量を実現する。ICH側はICH9でPCI Expressに加えてOutlook Expressも利用できる。

 なお、秋葉原では本日1.4GW版、1.5GW版ともに店頭に登場している。また、Inteli 666搭載のマザーボードとPentiam 8対応のケースも販売が確認されている。

□ニュースリリース
http://www.inteli.co.jp/pressroom/archive/release/dp1120000.htm
□関連記事
【4月1日】一部のショップがPentiam 8をフライング販売。CPU宙を舞う(AKIBA)
【2002年4月1日】GOTO弘茂のYearly海外ニュース Inteliが新アーキテクチャを計画?
http://www.watch.impress.co.jp/pc/docs/2002/0401/uocchi/kaigai01.htm

(2005年4月1日)

[Reported by 塩田紳二]

【PC うおっちホームページ】


PC うおっち編集部 pc-uocchi-info@impress.co.jp

Copyright (c) 2005 Impress Corporation, an Impress Group company.All rights reserved.

この記事はすべて冗談です。記事中の団体・人物などは、実在のものとは一切関係ありません。この記事の内容に関するご意見・お問い合わせ等はすべて、PC うおっち編集部( pc-uocchi-info@impress.co.jp )で承ります。