最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

カシオ、新型EXILIM発表会を開催
〜フラッグシップ機はEX-S100

EX-S100が入った箱を開けるモデルたち

8月25日開催



 カシオ計算機株式会社は25日、都内で新型EXILIMの発表会を開催した。

 発表会では“ZOOM EXILIM”の最新型「EX-Z55/Z50」と、“CARD EXILIM”の最新型「EX-S100」の詳細を、同社開発本部 QV統括部 商品企画部の中山仁次長が解説した。

●カスタム液晶で小型化と機能を両立

「プロジェクトX」のQV-10の回でもおなじみ、開発本部 QV統括部 商品企画部の中山仁次長

 EX-Z55では、2.5型の大型液晶を搭載するにあたり、TFT液晶パネルを同機のために新開発したことを第一にアピール。

 従来のパネルでは、液晶の周囲にドライバを載せていたため、ボディが大型化したり、光学ファインダを搭載するスペースがなくなっていた。新開発のパネルではドライバを液晶上部に集中させることで小型化し、かつ、光学ファインダ用の取り付け穴をパネルにあけた。

 これにより小型ボディに大型液晶を載せ、かつ光学ファインダも装備できた。デジタルカメラ向けTFT液晶を内製する同社の強みが生かされた部分といえるだろう。

 また、液晶の大型化、撮像素子の高画素化にもかかわらず、CIPA準拠の撮影可能枚数はEX-Z40の360枚から400枚に増加したこともアピール。「再生だけなら6時間20分もつ。例えば3時間再生した後でもまだ200枚撮れる」とし、同シリーズの特徴である長いバッテリ寿命は「液晶が大きくなり、“撮る”だけでなく“見る”頻度が多くなるほど重要」と述べた。

EX-S100(左)とEX-Z55 EX-Z55の概要 液晶をカスタムして光学ファインダの搭載スペースを作った
バッテリ寿命はEX-Z40よりも長い。他社との比較では2〜3倍は持つとした 歪んだ画像を補正する「ビジネスショット」も新搭載

●EX-S100こそフラッグシップ

薄型ボディに光学ズームを搭載したEX-S100

 EX-S100の説明では、ビデオで同社開発本部 デザインセンター 第二デザイン室の井田幸彦 室長や同デザイン室の長山洋介氏が登場し、デザインへのこだわりをアピールした。

 長山氏は「デザインコンセプトは生活者との共存。部屋のキーなどのように、リビングルームに無造作に置かれても絵になる」と述べた。“共存”のテーマはボディの各部でも繰り返されており、ボディの四隅に配されたネジ様のパーツを「最先端デジタル機器としてのクールな仕上げに対し、ノスタルジックな温かみのあるパーツを共存させた」としたほか、「前面はレンズを中心とした“サークル”、背面は液晶の“スクエア”をモチーフにまとめ、共存させた」とした。

 EX-S100の小型化技術について中山仁次長は「セラミックレンズによる小型のズームレンズ」と「高密度実装による基板の小型化」をあげ、「容積79ccで、ズーム付きデジタルカメラとしては世界最小」とした。また同機を「EXILIMの進化の象徴」として開発したと述べた。

 同機の説明が始まる際に司会者は「EXILIMシリーズ、フラッグシップモデルの登場です」と紹介した。通常ならシリーズ中もっともハイスペックな撮像素子やレンズを積む「EX-P600」がフラッグシップとされるところだが、EXILIMシリーズではEX-S100のように技術やコンセプトの先進性を重視する同社の姿勢が、司会者の言葉や中山次長の説明から伺えた。

EX-S100の概要 光学ズーム搭載機として世界最小 セラミックレンズにより薄いズームレンズユニットを実現
基板も小型化された デザインセンターのスタッフもビデオで登場 オプションのイタリア製本皮ケース

●第4コーナーが見えてきたデジカメ市場

 説明会の冒頭では同社の鈴木洋三 常務取締役が同社のデジタルカメラビジネスへの取り組みを説明した。

 現在のデジタルカメラ市場について鈴木常務は「第4コーナーが見えてきた。勝ち組と負け組が決まるのも、そう遠い将来ではない」と、市場が成熟しつつあり、厳しい状況であるとの見方を披露。

 こうした中で同社は、「他社と差別化できるキーテクノロジー」、「独創的な商品企画力」を重視して、「最後の勝負」(鈴木常務)を乗り切る。前者の実例として、デジタルカメラ向けのTFT液晶で世界No.1のシェア、古くは電卓からのカスタムLSIの設計技術、「軽薄短小ローパワー」を実現する高密度実装技術の3つをあげた。

 企画力についても「カシオはデジタルのコンシューマーエレクトロニクスの商品群を中心にしてきた企業」とし、デジタルコンシューマー製品の商品企画力における自信を披露した。

鈴木洋三 常務取締役(中) 歴代EXILIMも展示された

□カシオのホームページ
http://www.casio.co.jp/
□ニュースリリース
http://www.casio.co.jp/release/2004/exs100_exz55_exz50.html
□関連記事
【8月2日】カシオ、世界初の透過性セラミックスレンズを開発
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2004/0802/casio.htm
【8月25日】カシオ、光学2.8倍ズーム カードデジカメ「EXILIM EX-S100」
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2004/0825/casio1.htm
【8月25日】カシオ、2.5型液晶と光学ズームの「EXILIM EX-Z55/Z50」
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2004/0825/casio2.htm
【8月25日】プロカメラマン山田久美夫のカシオ「EXILIM S100」実写画像
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2004/0825/yamada.htm

(2004年8月25日)

[Reported by tanak-sh@impress.co.jp]


【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
個別にご回答することはいたしかねます。

Copyright (c) 2004 Impress Corporation All rights reserved.