最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

Office 2004 for Mac Professional Edition発売イベント開催

7月23日 開催



 マイクロソフト株式会社は、7月23日午後7時25分から、東京 代官山のクラブスペース「UNIT」で行なわれた「J-WAVE CREATIVE & COOL SESSION powered by Microsoft Office for Mac」(J-WAVE主催)に特別協賛するとともに、報道関係者向けの製品説明会を開催した。

 同イベントは、Macintosh版Officeの最新版である「Office 2004 for Mac Professional Edition」が、出荷開始となったことを記念して開催されたもの。UNITでは、J-WAVEのリスナー800人を招待。5人のゲストが参加し、翌朝午前6時までイベントが行なわれている。招待客以外の一般客も23日午後11時から当日券による入場が可能。

「アップルの服部さんに2年前に約束したMac版ゲームソフトがようやく投入できた」と話すマイクロソフトの五十嵐章事業部長 Officeに加え、周辺機器、ゲームソフトなどプロタクトを続々追加する姿勢を示した参考展示された「Optical Mouse by S+ARCK」。中央が青やオレンジに光る

 UNITの階上となるUNICEで行なわれた報道関係者向けの説明会では、マイクロソフトの執行役パーソナルシステム事業部 五十嵐章事業部長が、「6月18日に、Standard Editionを出荷したが、本日、Professional Editionを出荷できた。Macintosh向けの製品は、Officeだけに留まらず、マウスやキーボードなどのハードウェアのほか、新たなカテゴリーとしてMacintosh用のゲームソフトを投入する。Macintoshユーザーにとって、役に立てていただけるような環境をもっと提供していきたい」と挨拶した。


 会場には、Office 2004 for Macハンズオンコーナーや、開発スタッフを配置した質問コーナー「Ask The Experts」などのコーナーが設けられ、来場者とOffice開発者の情報交換を行なわれたほか、出荷が遅れている「Virtual PC for Mac Version 7 with Windows XP Professional」のデモンストレーションなどが行なわれた。

 また、五十嵐事業部長が触れたように、新製品として、Philippe Starck氏デザインによる新マウス「Optical Mouse by S+ARCK」が参考展示されたほか、新たに「Microsoft Mac Games Collection」の投入が発表され、第1弾ソフトとなる「Halo COMBAT EVOLVED」が自由にプレイできるように展示されていた。

Ask The Expertsのコーナー。30インチのシネマスクリーンと、G5を展示 「Halo COMBAT EVOLVED」会場では自由にプレイできるようになっていた 地下1階のUNICEでプレスカンファレンスとデモストレーションを開催。地下2階のUNITでは、朝6時まで5人のゲストによるライブが行なわれる
Professionalには、「Virtual PC for Mac Version 7 with Windows XP Professional」が搭載される Ask The Expertsでは、実働デモも行なわれた

 午後7時25分からの説明会では、Office 2004 for Mac Professional Editionの説明と、Microsoft Mac Games Collectionの紹介の2つのセッションに分かれて説明が行なわれた。

 Office 2004 for Mac Professional Editionの説明では、マイクロソフトのMacintosh製品担当 仲尾毅氏が、「2年半ぶりのMacintosh版Officeの投入となった今回の製品は、“Mac ファースト、Mac オンリー”の機能とともに、Windows版Officeとの互換性にこだわった製品。発売以来、その点に対する高い評価を得ている。Virtual PCの出荷が遅れているのが残念だが、Professional Editionの購入者には後送する形で提供する」と説明した。

 Microsoft Mac Games Collectionの説明では、マイクロソフトのゲーム製品担当 風間彩氏が「日本は、世界的に見ても、Macintoshの個人ユーザーへのインストールベースが多い。それにも関わらず、日本語版のゲームソフトが少ない状況にあった。“Microsoft Mac Games Collection”という名称からもわかるように、今後、数多くのMacintosh版ゲームソフトを投入したい」と抱負を語った。

 米国において、Microsoft Game Studiosに参加しているゲームソフトメーカーが、日本のマイクロソフトの開発部門と連携しながら、Macintosh版ソフトの日本語化とともに、Windows版の移植などを進めることでラインアップを強化する考えだ。

米DestineerでMacintosh用ソフトのジェネラルマネージャを勤めるアル・シリング氏「五十嵐さんと飲んだときに話したのは、フライトシミュレータのMac版を投入するという話だったのに」と会場の笑いを誘う、アップルコンピュータ プロダクトマーケテイング部 服部洋部長

 また、ゲストとして登壇した米DestineerでMacintosh用ソフトのジェネラルマネージャを勤めるアル・シリング氏は、「Haloは奥深いストーリーが特徴。これをMicrosoftと組んで、Macintosh版として日本に投入できるのにはすばらしいこと。日本のMacintoshユーザーにも、今後発売されるローカライズされたMac Games Collectionの数々をぜひ楽しんでほしい」とコメント。

 会場に駆けつけたアップルコンピュータのマーケティング本部ワールドワイドディペロッパリーションズ/プロダクトマーケティング部 服部浩部長も「Macintoshでは、新たにグラフィックボードを追加することなく、そのままでゲームが楽しめる。一般のユーザーにも気軽に、Macintoshでゲームを楽しんでほしい」と話した。

□J-WAVEのホームページ
http://www.j-wave.co.jp/
□イベント案内
https://www.j-wave.co.jp/topics/0407_microsoft.htm
□「Office 2004 for Mac」製品情報
http://www.microsoft.com/japan/mac/products/office2004/
□Halo COMBAT EVOLVED製品情報
http://www.microsoft.com/japan/games/halomac/
「ID for Web Life」製品情報
http://www.digitalstage.net/jp/product/id/
□関連記事
【4月7日】マイクロソフト、Macintosh版「Office 2004」
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2004/0407/ms.htm
【5月19日】Office 2004 for Mac体験版ダウンロードスタート
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2004/0519/ms.htm
【6月18日】マイクロソフト、Office 2004 for Mac発売イベントをアップルストアで開催
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2004/0618/ms.htm
【7月9日】Microsoft、デザイナーPhilippe Starck氏デザインのマウス
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2004/0709/ms.htm

(2004年7月23日)

[Reported by 大河原克行]


【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
個別にご回答することはいたしかねます。

Copyright (c) 2004 Impress Corporation All rights reserved.