最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

WPC EXPO 2003会場レポート

小粒でも注目の携帯端末たち

会期:9月17日〜20日

会場:日本コンベンションセンター(幕張メッセ)

入場料:2,000円



 ソニーのPalm機、シャープのLinuxザウルス、HPや東芝のWindows Mobile(Pocket PC)の3大プラットフォームが定着した日本のPDA市場。WPC EXPO 2003にはこうした構図をひっくり返すような展示はないものの、注目に値する小型携帯端末がいくつか出品されている。


●ソニーの横綱相撲、「デジタル手帳クリエ」

 国内と北米のPDA市場で大きなシェアを築きあげたソニーのPalm機「クリエ」は、「デジタル手帳」をコンセプトとした新機種を参考出品。音楽や動画などのマルチメディア機能を搭載せず、PIM、電子メール、電子辞書、静止画の表示に機能を絞って、紙の手帳の代替を狙った機種だ。

 現行ラインナップ中で唯一Palm OS 4.1を搭載する低価格機「PEG-SJ33」の後継になると思われるが、OSは5に進化。詳細なバージョンは明かされなかったが、Graffiti 2やデクマ 手書き入力を搭載しているところから、5.2以降と推定される。

 Palm OS 5搭載機となると、CPUはARMアーキテクチャのプロセッサということになる。UX50に引き続きソニーグループ製のプロセッサが採用されるのかどうかが気になるところだが、こちらも「未決定」ということで詳細は明かされていない。

 インターフェイスはメモリースティックスロット(PRO対応)×1とIrDA、USB。搭載される電子メールソフトは、PCまたは携帯電話経由で利用することになる。

 価格はSJ33と同程度とのこと。要は安価なエントリーモデルなのだが、ジョグローラーによる軽快な操作感と、6色が用意された外装の質感は、まったく安っぽさを感じさせない。ソニーの横綱相撲を見せつけられるような、魅力的な機種だ。

【お詫びと訂正】記事初出時、「インターフェイスにBluetoothを搭載」と記述しましたが、搭載されていませんでした。ご迷惑をおかけした皆様にお詫びするとともに、訂正させていただきます。

6色のカラーバリエーションが用意される「デジタル手帳クリエ」 Graffiti 2とデクマ 手書き入力を搭載
ジョグローラーは前面に。メニューはソニーのジョグコントローラ搭載機でおなじみのもの 背面。右上がメモリースティックスロット


●Windows Mobile陣営の新顔、ビクターの「iO」

 国内ではHP、東芝がキープレーヤーとなっているWindows Mobile(Pocket PC)陣営だが、ここにビクターが参入する。参考出品された同社初のWindows Mobile機「iO」は、学習リモコンやAVプレーヤーなど、AV機能の充実を特徴とする。

 CPUにIntel PXA255 400MHz、ディスプレイに240×320ドットの3.5型TFT液晶、インターフェイスにSDカードスロット/CFカードスロット/IrDA/IEEE 802.11b、と、公開されているスペックを見る限りではごく普通のWindows Mobile機。AV機器とのコンビネーションや、各種AV機能はソフトウェアで実現する方向のようだ。価格や発売時期は未定としている。

CFスロットを上面に、SDカードスロットを側面に配する一般的な構成の「iO」。AV機器と組み合わされて展示されていた


●アジアの雄、MiTACも10月に日本へ

 台湾のMiTAC(マイタック)も、日本のPDA市場に参入する。台湾の展示会では大きなスペースに多種多様なPDAを展示する、大手PDAベンダーである。

 同社のWindows Mobile機2機種は、マイクロソフトブースにひっそりと参考展示されている。ブースの係員の説明によれば、コンシューマ向けの販売も行なわれる予定とのこと。

 「Mio558」はCPUにPXA263 400MHz、メモリ64MB、SDカードスロット、Type 2 CFスロットを搭載。125×15.3×74mm(幅×奥行き×高さ)、重量157g。Windows Mobile機としては一般的なスペックだが、IEEE 802.11bとBluetoothの2つのワイヤレスインターフェイスを搭載する。

 「Mio339」はPXA255 400MHz、メモリ64MB、SDカードスロット、121.7×13.8×72.8mm(幅×奥行き×高さ)、重量120gと、これまた一般的。が、こちらは背面にデジタルカメラを内蔵する。撮像素子は30万画素のCMOSなので、画質にはあまり期待できそうにない。しかし、店頭予想価格39,800円のカメラ搭載機ということで、PDAファンの注目を集めそうだ。

□マイタックジャパンのホームページ
http://www.mitac.co.jp/
□ニュースリリース
http://www.mitac.co.jp/PDArelease.htm

Mio558(左)と、Mio339。どちらも日本語版のOSが動作している。ケース内に展示されており、触ることはできない マイクロソフトブースには、いまだ日本では音沙汰がないWindows Mobile Smart Phoneの海外モデルも参考展示されている


●チームつかもと、幕張に参上

 「歩くウェアラブルPCのショーケース」こと塚本昌彦 助教授(大阪大学大学院 情報科学研究科 マルチメディア工学専攻)のNPO「チームつかもと」が、各種ベンダーに交じって、会場の一角に堂々たるブースを構えている。

 展示内容は同チームが研究開発したウェアラブル・コスチュームとグッズ類、そして、鈴鹿8時間耐久レースに参加した時の機器。コスチュームには、鈴鹿でNTT未来ねっと研究所の板生知子研究員が着たワンピース(を再現したもの)も含まれる。件のワンピースには「ともたん1号」なる名前が付いていた。

 ブースではヘッドマウントディスプレイを装着して、鈴鹿のログを見ることもできる。説明してくれるのは、液晶ディスプレイ付きのユニフォームを着た、チームつかもとの学生さんだ。

□チームつかもとのホームページ
http://www.teamtsukamoto.com/cgi-bin/wiki/wiki.cgi
□チームつかもとのブース情報
http://www.teamtsukamoto.com/cgi-bin/wiki/wiki.cgi?page=WPC
□関連記事
【6月23日】ウェアラブル普及を目指すNPO「チームつかもと」始動!
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2003/0623/tsuka.htm
【8月7日】【本田】ウェアラブルPC、PDA、視覚障害者向けアプリケーションに共通するキーテクノロジ
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2003/0807/mobile212.htm

きらびやかなコスチュームが衆目を集めるチームつかもとのブース 「ともたん1号」(左)と「つかもと1号」
鈴鹿で使われたヘッドマウントディスプレイで、レースのログを見ることができる。モデルはブースの説明員。胸のディスプレイと、背後に写っている説明員の背中のディスプレイに注目 NECのタブレットPCをおしゃれに持ち運ぶ こちらはチームつかもとのブースではなく、タカラのブースにあった、ミノルタのヘッドマウントディスプレイ。衛星デジタル放送のモバイル受信端末のディスプレイとして検討されている。タカラはその放送の、コンテンツ制作に乗り出す


●離陸寸前の電子書籍、2つの端末が登場

 松下電器産業と東芝のブースには、電子書籍専用端末が展示されている。

 松下電器産業のものは、「ΣBook」と名づけられており、XGA(1,024×768ドット)表示可能なグレースケールの7.2型液晶×2を装備。1度描画された画像が、再描画されるまで電源無しでそのまま表示される「記憶型液晶」を使用している。書籍データはSDメモリーカードに保存する。電源は単3アルカリ乾電池×2。開いたときのサイズは292×12.7×205mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約520g。

 特筆すべきは37,900円で11月から販売されるということだろう。本体価格がやや高いため、中高年層を狙うということで、コンテンツも中高年向きのものが多いそうだ。

 東芝の端末「SD-book」は、640×960ドットの7.7型低温ポリシリコンTFT液晶×2を採用している。松下同様SDメモリーカードに書籍を保存するが、電源はリチウムイオンバッテリ。カラー表示ができ、音声再生機能やFlash再生機能を搭載する。発売の予定はの今ところないが、松下のものより高機能で、電子書籍リーダー以外の機能も併せ持つこともできそうだ。

松下電器産業のΣBook。いったん表示されたデータは、再描画されるまでは、電源を切っても消えない。東芝の端末よりも薄く、カラーバリエーションも用意される。外装は樹脂製だが、中高年層に市販されるだけあって、安っぽさはない
東芝のSD-book。松下のものと比べると厚ぼったいが、重くはない

□WPC EXPO 2003のホームページ
http://arena.nikkeibp.co.jp/expo/2003/
□関連記事
【9月18日】デジタル総合展「WPC EXPO 2003」開幕
〜NECが燃料電池搭載ノートなどを展示
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2003/0918/wpc01.htm
【9月17日】アジア最大級のデジタル総合展「WPC EXPO 2003」が開幕(AV)
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20030917/wpc01.htm

(2003年9月19日)

[Reported by tanak-sh@impress.co.jp]


【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
個別にご回答することはいたしかねます。

Copyright (c) 2003 Impress Corporation All rights reserved.