最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

ロボットの総合博覧会「ROBODEX2003」開催
〜燃料電池を搭載するロボットなどが初展示

4月3日〜6日開催

会場:パシフィコ横浜

入場料:一般   1,200円
     小中学生  600円
     小学生未満 無料



 ロボットの総合博覧会「ROBODEX2003」が4月3日〜6日までの4日間、パシフィコ横浜にて開幕する。入場料は大人1,200円、小・中学生は600円で、小学生以下は無料。開催前日となる2日は、報道関係者向けのプレスプレビューが開催され、本番さながらのデモが公開された。

 今年で第3回目となるROBODEXは、2003年4月7日が鉄腕アトムの誕生日ということもあり、会場中央にはそれを記念する「ATOM DREAM Factory」を設置。会期中は、連日アトム誕生の瞬間を演出するアトラクションが実施される予定。また、開催最終日の6日には、アトム誕生の前夜祭が開催される。

 展示会場は従来の約1.5倍に拡張され、38団体、90種類の人間共存型ロボットが展示される。今年はソニーの2足歩行SDR-4X IIの試作機が初公開となるほか、出渕裕氏のデザインで話題を呼んだ、産業技術総合開発機構(NEDO)の2足歩行ロボット HRP-2 Promet(プロメテ)、人間の顔の認識や、人に追従する動作が可能な知能技術を搭載したホンダのASIMOなども一般初公開となる。

 また、燃料電池を搭載したロボットも初登場し、綜合警備保障、東芝などから参考出展されている。特に綜合警備保障の試作警備ロボット「XFCR-01」では、高濃度のメタノールを利用することで、将来的には連続24時間の運用も可能になるという。

 PC Watchでは、追って詳細なレポートをお伝えする予定。

クレードル(?)に腰掛ける、ソニーのSDR-4X II ダンスを披露するSDR-4X IIの試作機。今回は新体操のリボンも、華麗にクルクルと回転させることができる

重機を操作するHRP-1Sのデモ。NEDOのブースではHRP-2による資材搬送デモや起き上がり動作などのデモが公開される予定 富士通のHOAP-2。HOAP-1との違いは首や手首への自由度の追加や、バックラッシュの低減など。写真右は逆立ちを披露中

綜合警備保障が参考出展した警備ロボット「XFCR-01」。補助電源に5.8%のメタノールを利用する燃料電池を搭載している。将来的にはさらに高濃度のメタノールを利用可能にすることで、24時間の稼働を実現できるという 東芝から参考出展された「アプリ君 機能拡張モデル」。補助バッテリに燃料電池を搭載。名前のとおり、各モジュールを換装することで、簡単に機能アップができるという

サンヨーのブースに展示されたお手伝いロボット。Segwayのように2輪でバランスを取りながら移動する。胴体中央のテーブルは常に水平が保たれるように制御され、水が入ったコップなどを運べる

サンヨーが参考出展した「お掃除 Robo」。残念ながら稼働デモは実施されない バンダイのブースに展示されていた米Evolution Roboticsのパーソナルロボットキット「ER-1」(右)。左は新製品のミニノート対応版。価格は600ドル前後

今回のROBODEXオフィシャルサポーターとなった女優の上戸 彩さん

□ROBODEX2003のホームページ
http://www.robodex.org/
□関連記事
【3月24日】ソニー、ROBODEX2003に二足歩行ロボット「SDR-4X II」出展
〜運動機能や対話機能などを強化
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2003/0324/sony.htm
【2002年12月10日】川田工業、出渕裕氏デザインの2足歩行ロボット「Promet」公開
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2002/1210/promet.htm
【2002年3月27日】「ROBODEX2002」プレスプレビューレポート
〜28日よりパシフィコ横浜で開幕
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2002/0327/robodex1.htm

(2003年4月2日)

[Reported by kiyomiya@impress.co.jp]


【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
個別にご回答することはいたしかねます。

Copyright (c) 2003 Impress Corporation All rights reserved.