最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

インテル、「Centrinoモバイル・テクノロジ」を正式発表

Centrinoモバイル・テクノロジのロゴ

3月12日出荷開始



 インテル株式会社は12日、モバイルPC向けに「Centrinoモバイル・テクノロジ」を発表した。

 Centrinoモバイル・テクノロジは、CPUの「Penitum M」、チップセットの「Intel 855」、無線LANチップの「Intel PRO/Wireless 2100ネットワーク・コネクション」で構成されるブランド。

 同社では、Centrinoモバイル・テクノロジの発表とともに、Centrinoブランドロゴを使用したマーケティングを開始。Pentium M、Intel 855チップセット、Intel PRO/Wirelessを搭載した製品は、Centrinoロゴを使用できる。さらに、ワールドワイドで公衆無線LANスポット(ホットスポット)展開を支援する。

 Pentium Mは0.13μmプロセスで製造される、x86アーキテクチャのモバイル向けCPU。FSBは400MHzで、1MBのL2キャッシュをオンダイで搭載し、マルチメディア命令としてSSE2を実装する。トランジスタ数は7,700万。通常版のほか、低電圧版、超低電圧版が用意される。

 マイクロOpsフュージョン、アドバンスド分岐予測、専用スタック・マネージャ、拡張版SpeedStepなどの技術により、モバイルPentium 4 2.40GHz-M比15%増の性能を実現しつつ、5時間以上のバッテリ持続時間を実現したとしている(MobileMark 2002で計測)。

 Intel 855チップセットには、グラフィックスチップ外付けの855PMと、グラフィックス統合型チップセットの855GMが用意される。メモリは最大2GBまでのDDR266に対応し、USB 2.0をサポートする。

 Intel PRO/Wireless 2100ネットワーク・コネクションはIEEE 802.11b対応の無線LANチップ。IEEE 802.11x、WEPなどのセキュリティ規格をサポートし、将来はソフトウェアアップグレードによりWPAにも対応する。また、無線LANとBluetoothの干渉を抑える技術をサポートする。

 Centrinoモバイル・テクノロジを構成する各チップの1,000個ロット時の単価は以下のとおり。

  • Pentium M 1.60GHz:78,010円
  • Pentium M 1.50GHz:51,800円
  • Pentium M 1.40GHz:36,000円
  • Pentium M 1.30GHz:25,590円
  • 低電圧版Pentium M 1.10GHz:32,090円
  • 超低電圧版Pentium M 900MHz:29,510円
  • Intel 855PM:4,530円
  • Intel 855GM:5,140円
  • Intel PRO/Wireless 210 ネットワーク・コネクション:5,630円

□インテルのホームページ
http://www.intel.co.jp/
□ニュースリリース
http://www.intel.co.jp/jp/intel/pr/press2003/030312.htm
□関連記事
【2月28日】インテル、Centrinoプレス向け事前説明会を開催
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2003/0228/intel.htm
【1月9日】Intel、Baniasの正式名称を「Centrino」に
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2003/0109/intel.htm

(2003年3月12日)

[Reported by tanak-sh@impress.co.jp]


【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
個別にご回答することはいたしかねます。

Copyright (c) 2003 Impress Corporation All rights reserved.