やじうまPC Watch

Googleが血糖値を測定するスマートコンタクトレンズを開発中

〜涙の血糖値を測定、異常を検出しLEDで警告

スマートコンタクトレンズ
1月16日(現地時間)発表

 米Googleは16日(現地時間)、糖尿病患者に向け、血糖値を測定するスマートコンタクトレンズを開発中であることを明らかにした。

 糖尿病患者は、常日頃血糖値に変化がないか確認する必要があるが、そのためには指先から採血する必要があるため、リスクを知りながらもその作業を怠る人も少なくない。そこでGoogleでは、目に装着するだけで血糖値を測定できるスマートコンタクトレンズのプロトタイプを開発した。

 血糖値は通常、血液から測定するが、涙からも測定できる。ただし、涙も集めることや測定が困難なため、あまり普及していないが、Googleは薄いコンタクトレンズ2枚の間に、超薄型のグルコースセンサーと無線チップを埋め込んだ。また、同社ではこのコンタクトレンズにLEDを埋め込むことも検討しており、それが実現すると、血糖値に異常が起きたら、LEDが光り、目に直接知らせられるようになる。

 まだ開発は初期段階であり、Googleではアメリカ食品医薬品局や製造メーカー、アプリ開発メーカーなどのパートナーを探しながら、今後の開発を続けていくとしている。

(若杉 紀彦)