イベントレポート

ASUS、USB Type-C接続の15.6型ポータブル液晶

〜34型湾曲液晶も

「MB169C+」

 台湾ASUSは6日(現地時間)、CES 2016に合わせて、USB Type-C接続の15.6型ポータブル液晶「MB169C+」を発表した。

 電源およびディスプレイ入力にUSB Type-Cを採用することで、PCとケーブル1本で接続できるようにしたほか、8.5mmの薄さ、800gという軽さを実現。スタンドにもなるケースが付属し、気軽に持ち運んでデュアルディスプレイ環境を実現できる。パネルはIPSで解像度は1,920×1,080ドット。

 発売は第1四半期末を予定しており、価格は199ドルと安価になっている。

左側面
右側面
端子はUSB Type-Cのみ
背面は光沢のある仕上げ

 また、湾曲画面の34型「Designo MX 34」も発表。同社は6月に湾曲34型液晶としてゲーマー向けの「ROG 34-inch Curved G-SYNC Monitor」を発表しており、パネルは同じものを採用しているものと見られるが、本製品はマルチメディア向けとなっており、音質も訴求。M3オーディオチップを搭載し、ASUSのSonicMasterオーディオとBang and OlufsenのICEpower技術に対応。また、2つの8Wスピーカーを内蔵する。

 スタンド部分にはQi対応無線充電台を搭載し、対応スマートフォンなどを置くだけで充電できる。

 解像度は3,440×1,440ドット(約21:9)。パネルはIPS。インターフェイスはHDMI 2.0とDisplayPort。発売は第1四半期。価格は未定。

「Designo MX 34」
スタンドが無線充電台

(若杉 紀彦)