【COMPUTEX 2012】Acerプレスカンファレンスレポート
〜世界初11.6型フルHDタッチパネル液晶搭載Ultrabookなど

世界初、11.6型フルHDタッチパネル液晶を搭載するUltrabook「Aspire S7 11.6-inch Model」。重量は約1kgで、9時間のバッテリ駆動が可能

会期:6月5日〜6月9日(現地時間)
会場:Taipei World Trade Center Nangang Exhibition Hall
   Taipei World Trade Center Exhibition Hall 1/3
   Taipei International Convention Center



 COMPUTEX TAIPEI 2012開幕を翌日に控えた6月4日、Acerはプレスカンファレンスを開催し、今後発売を予定している新製品などの発表を行なった。

 今回発表された新製品は、3モデル6製品で、全てがWindows 8搭載PCだ。その中で最も注目される製品が、Ultrabookの新モデル「Aspire S7」だ。11.6型と13.3型の2製品がラインナップされており、どちらもフルHD表示対応の液晶パネルを搭載。また、Windows 8搭載ということもあり、双方ともタッチパネルを搭載。11.6型フルHD液晶搭載Ultrabookや、タッチパネル搭載のUltrabookの発表は、このAspire S7が世界初となる。

 Aspire S7は非常に薄く軽量なボディも実現。11.6型、13.3型ともに12mm以下と非常に薄く、フルHD液晶搭載Ultrabookで世界最薄としている。展示されていた実機を見ると、前方から後方までほぼ均一な厚さとなっており、薄さが際立っている。ボディは金属製で、13.3型モデルは天板部分にゴリラガラスを採用し、薄型ながら剛性もある。

 CPUには超低電圧版のIvy Bridgeを採用し、双方ともUSB 3.0ポートとMicro HDMI出力に加えThunderboltも標準で搭載する。重量は、11.6型が約1kg、13.3型が約1.3kgで、バッテリ駆動時間は11.6型が約9時間、13.3型が約12時間。

 Aspire S7以外にも、Windows 8搭載スレートPCや、液晶面を水平まで傾けられ、ピボット機構も備えるWindows 8液晶一体型PCなども発表された。発表会の詳細は後ほど更新する。

13.3型フルHDタッチパネル液晶搭載Ultrabook「Aspire S7 13.3-inch Model」。重量は約1.3kg、12時間のバッテリ駆動が可能 どちらもThunderboltを標準標準
Windows 8搭載スレートPC「ICONIA W700」。11.6型フルHDタッチパネル液晶を搭載。単体での利用はもちろん、付属のクレードルを利用しデスクトップPCスタイルでも利用可能 27型フルHDタッチパネル液晶搭載のWindows 8一体型PC「Aspire 7600U」。液晶面を水平まで倒して利用したり、ピボット機構で縦画面でも利用できる

(2012年 6月 4日)

[Reported by 平澤 寿康]