【MWC 2012レポート】【Huawei編】
独自クアッドコアCPU搭載世界最速スマホを発表
〜“Tegra 3より高速で低消費電力”。搭載タブレットも公開

「Ascend D quad」

2月26日(現地時間)発表



 中国Huawei DeviceはMWC 2012開幕前日の26日(現地時間)、独自開発したクアッドコアCPU「K3V2」を搭載するスマートフォン「Ascend D quad」シリーズを発表会を開催。同社会長のRichard Yu氏が説明を行なった。

 K3V2について、発表会では詳細な説明はなかったため、どのようなアーキテクチャなのか、どれくらいのプロセスルールを採用しているのかなどは不明であるが、4基のCPUコアと16基のGPUコアを内蔵するハイエンドプロセッサとなる。CPUのクロックは1.2GHzと1.5GHzの2種類が用意。GPUについてはパートナーが開発したIPを採用しているという。

 高速なコアを複数搭載することで、従来のデュアルコア搭載スマートフォンはもとより、同じクアッドコアであるNVDIAのTegra 3に比べても通常の操作で約49%、グラフィックスに至っては2倍以上高速というベンチマーク結果を示し、Yu氏は「Ascend D quad」シリーズを“世界最速のスマートフォン”と表現した。

 なお、前述の通り、プロセッサの詳細は不明だが、64bitメモリアクセスに対応し、チップサイズは世界最小クラスとしている。

Richard Yu氏 K3V2の概要 通常アプリケーションのベンチマーク結果
グラフィックスベンチマークの結果 3Dゲームにおけるフレームレート 64bitメモリアクセスにも対応

 性能を引き上げるのと同時に、新製品ではバッテリ駆動時間の延長にも配慮。「AI(人工知能)技術」と呼ぶ省電力機能を実装し、コア管理をインテリジェントに行なうほか、リーク電流制御や、500μs単位でのリアルタイム電力スケーリングにより、CPUレベルで50%の省電力化を図った。

 また、同社のインフラ事業で培ったノウハウを活かし、より短い時間で電波信号を検知するアルゴリズムを搭載し、電波状況が悪く、消費電力が上がるというケースを減らした。これらにより、他社製品に比べ本体の消費電力を最大3割削減した。

 Ascend D quadの標準モデルは1,800mAhのバッテリを搭載するが、バッテリ駆動時間は1〜2日に及ぶ。さらに、「Ascend D quad XL」は、2,500mAhの大容量バッテリを搭載し、最大で2〜3日間の使用が可能という。なお、XLモデルについては、将来的にサイズを変えないままで3,000mAhに近い容量にまでさらに増やす予定があるという。

プロセッサの消費電力を半減 より早く電波を捕まえて無駄な電力消費を減らす 結果1〜3日程度の運用が可能という

 性能面以外でも、音質・画質、そして扱いやすさにも注力した。液晶は720×1,280ドット表示対応の4.5型と、画素密度は330ppiとiPhone 4(326ppi)をわずかに超えながらも大型であるため、高精細な画面を頻繁な拡大/縮小を行なわずに閲覧できる。また、32bit True Color表示可能なIPS+パネルを採用し、高画質を実現。太陽光下でも見やすいとしている。また、背面カメラには裏面照射型800万画素CMOSセンサーを採用する。

 音質については、5.1chのDolby Mobile 3.0 Plusに対応。また、「earSmart」と呼ばれるノイズキャンセリング機能を搭載し、通話の音声品質も向上させた。発表会では、この音質についてもベンチマーク結果が数値で示され、GALAXY NuxesやiPhone 4Sよりも高品位な通話が可能だとした。

32bit表示対応IPS+パネル採用 送出および受信音声のベンチマーク結果 左から、雑踏、公園、カフェ、ライブハウスでのS/N比

 このほか、OSはAndroid 4.0、メモリ1GB、ストレージ8GB、130万画素前面カメラ、IEEE 802.11b/g/n無線LAN、Bluetooth 3.0+HSなどを搭載する。

 なお、ほぼ同じ構成でTI OMAP 4460(デュアルコア1.5GHz)を搭載する「Ascend D1」も用意される。

 本体サイズと重量は、D quadとD1が64×129×8.9mm(幅×奥行き×高さ)/約130g、D quad XLが64×129×10.9mm(同)/約150g。この64mmという幅は、従来の4.3型よりも狭く、片手で十分に扱うことができるという。本体色はブラックとホワイトの2モデル。

上面。電源ボタンとイヤフォン端子 左側面。microHDMIはMHLに対応 下面
右側面 背面 ホワイトモデル

 4月末頃より量産を開始し、夏前頃から出荷を開始予定。グローバルモデルとなり、Yu氏は、中国、欧州、米国のほか日本でも発売を行なうことを明らかにした。

 D1については、LTEモデルも用意され、こちらも日本での発売が予定されていることを明言した。D quadのLTEモデルは第3四半期以降の予定。

 発表会の終了後は実機が展示されたが、これと一緒に、K3V2を搭載するフルHDの10型タブレット「MediaPad 10 FHD」が参考展示された。

参考展示されたMediaPad 10 FHD 液晶はフルHD
側面。十分薄型に見える 背面

(2012年 2月 27日)

[Reported by 若杉 紀彦]