東京ゲームショウ 2010 PC関連レポート
〜日本エイサー最新PC、ユニットコムの怪物ノートPCが展示

会期:9月16日〜9月19日 開催(16日〜17日はビジネスデー)

会場:幕張メッセ



 社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)主催による、国内最大のゲームイベント「東京ゲームショウ 2010」が16日、幕張メッセで開幕した。会期は9月16日〜19日の4日間、16日〜17日がビジネスデー、18日〜19日が一般公開日。

 最新ゲームの発表などは僚誌GAME Watchをご覧いただくとして、本稿は会場に展示されていたPC関連のトピックをお伝えする。

●日本エイサーのCore i7-875K搭載のゲーミングPCを展示

 PCゲームを紹介する「ゲームPCコーナー」では、各社の最新PCゲームタイトルが展示されているが、このブースでは、展示に利用されている全てのPCおよび液晶ディスプレイを日本エイサーが提供している。展示に利用されているPCは、CPUにCore i7-870(2.93GHz)を搭載する「ASM5910-N74F/G」と、CPUにCore i7-875K(同)を搭載する「ASPIRE G PREDATOR AG5900-N74F/G」の2製品で、どちらも9月17日より発売開始となる最新モデルだ。

 上位モデルのAG5900-N74F/Gは、ブラックのボディにオレンジのラインが目をひく、独創的なデザインのタワーケースが特徴。前面上部にUSBポートを4ポート配置し、ゲームコントローラなどのUSB機器を手軽に利用できるように配慮。また、前面下部のフタを開けると、カードリーダとともに、3.5インチHDD用のリムーバブルベイが2基あらわれ、ケース前面から手軽にHDDの増設が可能となっている点も大きな特徴だ。ビデオカードにGeForce GTX 470搭載カードを採用し、3D描画能力も申し分ない。4GBのメインメモリ、1TBのHDD、DVDスーパーマルチドライブ、Windows 7 Home Premium 64bitを標準インストールして、販売価格は159,800円となる。

 AG5900-N74F/Gを利用した試遊デモは、マイクロソフト「フライト シミュレータ X:栄光の翼」と、エレクトロニック・アーツ「バトルフィールド:バッドカンパニー2」、カプコン「バイオハザード5」の3タイトル。マイクロソフト フライト シミュレータ Xは2台のディスプレイを利用したマルチ画面モード、バトルフィールド:バッドカンパニー2とバイオハザード5は、3D Vision対応ディスプレイを利用した3Dモードでのデモとなっている。

 もう一方のASM5910-N74F/Gは、FINAL FANTASY XIV推奨認定を取得したミドルレンジモデルだ。こちらは、AG5900-N74F/Gとは大きく異なり、目立つ装飾がほとんどない、落ち着いた印象のシルバーボディのミドルタワーケースを採用。ただ、前面に3.5インチHDD用のリムーバブルベイを1基配置したり、ケース上部に4ポートのUSBポートやポップアップ式のカードリーダーを用意するなど、AG5900-N74F/Gのテイストもしっかり盛り込まれている。メインメモリは4GB、ビデオカードはRadeon HD 5750搭載カード、1TBのHDD、DVDスーパーマルチドライブ、Windows 7 Home Premium 64bitを標準インストールして、販売価格は109,800円となる。先ほど紹介した、AG5900-N74F/G以外の試遊デモは、全てこのASM5910-N74F/Gが利用されている。

AcerのハイエンドゲーミングPC「ASPIRE G PREDATOR AG5900-N74F/G」。特徴的なデザインと、オレンジのラインが目をひくタワーケースを採用 ケース前面下部には、カードリーダーと2基の3.5インチリムーバブルベイを配置。ケース前面から手軽にHDDの増設が可能だ ケース前面上部には、4ポートのUSBポートとオーディオポートを配置
ビデオカードにはGeForce GTX 470が採用されており、バトルフィールド:バッドカンパニー2とバイオハザード5は、3D Visionを利用した3Dプレイでのデモが行なわれている マイクロソフト フライト シミュレータ Xは、ディスプレイを2台利用したマルチディスプレイ環境でのデモが行なわれている ミドルレンジデスクトップの「ASM5910-N74F/G」。FINAL FANTASY XIV推奨認定を取得しており、ゲームPCとして十分なパワーを備える
1基のみだが、3.5インチHDD用のリムーバブルベイを標準で備える 上部には、4ポートのUSBポートとサウンドポートを配置
カードリーダーはポップアップ式となっている ゲームPCコーナーのほとんどのタイトルは、ASM5910-N74F/Gによって試遊が行なわれている

●ユニットコム、Core i7-980X搭載SLIノートを展示

 ユニットコムは、ゲームPCコーナーにブースを構え、傘下のPCショップ「パソコン工房」、「TWPTOP」、「フェイス」で販売するPCなどを展示している。

 その中で注目の製品となるのが、未発表のハイエンドゲーマー向けノートPC「Progress XTG」シリーズだ。この製品は、最近は数がかなり減っている、デスクトップ向けCPUを搭載するノートPCだ。搭載CPUは、「Core i7-980X Extreme Edidion」(3.20GHz)と、Core i7シリーズ最上位モデルを採用。また、CPUだけでなくGPUも、GeForce GTX 480Mを2個搭載し、SLI構成を実現。メインメモリは12GB(4GB×3)搭載し、ストレージにはIntel製160GB SSD「X25-M Mainstream SATA SSD」を2台搭載しRAID 0構成にするなど、まさにモンスターノートといった仕様となっている。さすがに、デスクトップ向けハイエンドCPUや、モバイル最上位GPUを2個搭載しているため、底面には空冷ファンが3個搭載されており、本体サイズはかなり大きい。また、付属のACアダプタは、非常に巨大な300Wタイプのものとなっており、モバイル性は皆無に等しい。とはいえ、LANパーティなどで、デスクトップPCを持ち込むことを考えると、はるかに楽に持ち運べるため、ハイエンドゲーマーにとっては、かなり魅力的な製品ではないだろうか。発売は、9月後半を予定しており、価格は50万円ほどになるようだ。

 また、6画面ディスプレイが接続されたSamsung製のスタンド一体型6画面マルチディスプレイ「MD230x6」を組み合わせた、ハイエンドデスクトップPC「INSPIRE Ex X61090XAS/BD Eyefinity 6」も展示されていた。6画面構成のPCでゲームをプレイすると、視野のほとんどがゲーム映像となるため、臨場感や迫力は他の環境を圧倒。実際に展示機でのゲームプレイが可能なので、その迫力を実際に体感してみてもらいたい。PCの仕様は、CPUがPhenom II X6 1090T Black Edition、マザーボードがASUSTeKの「M4A89GTD PRO/USB3」、メインメモリが8GB、ビデオカードが6画面出力対応の「Radeon HD 5870 Eyefinity 6」、ストレージがIntel X25-M Mainstream SATA SSD 80GBと1TB HDD、BDドライブ、電源がSeasonicの750W電源「SS-750KM」などとなっている。こちらもフェイスでの販売が予定されており、価格はディスプレイ込みで799,800円だ。

 さらに、ビジュアライズノートもいくつか用意。新製品として、アニメ「オオカミさんと七人の仲間たち」をモチーフとしたネットブックも展示されていた。オリジナルの天板デザインが施されると共に、ヒロイン「大神涼子」および「赤井林檎」による、計4パターンのデスクトップテーマを用意。また、声優の伊藤静さんと伊藤かな恵さんによるオリジナルボイスや、オリジナル壁紙も多数収録されており、ファンにはたまらない仕様となっている。マシンスペックは、いわゆるネットブックとほぼ同等で、CPUにAtom N550を搭載し、1,024×600ドット表示対応の10.1型ワイド液晶を搭載。ただし、HDD容量が500GBと余裕があり、Windows 7 StarterではなくHome Premiumを搭載している点は嬉しい。製品は、ユニットコム系列にて9月30日まで予約が受け付けられており、期間中に予約をすれば必ず入手できる。販売価格は69,800円だ。

ハイエンドゲーマー向けノートPC「Progress XTG」。デスクトップ向けのCPUと、2基のGPUによるSLI構成を実現しており、ノートPCとは思えないパワーを発揮する CPUには、デスクトップ向けのCore i7-980X Extreme Editionを採用。また、GeForce GTX 480Mを2基搭載しSLI構成を実現。さらに、Intel X25-M Mainstream SATA SSD 160GBを2台搭載し、RAID 0構成としている 本体裏には、CPUと2基のGPU用として3個の空冷ファンが搭載されている
付属のACアダプタは、初代Xbox 360付属のACアダプタよりも大きい。容量は300Wだ Samsungの6画面マルチディスプレイシステム「MD230x6」を組み合わせた、ハイエンドデスクトップPC「INSPIRE Ex X61090XAS/BD Eyefinity 6」も展示。迫力のある映像でゲームが試遊できる 「Radeon HD 5870 Eyefinity 6」を利用し、6画面出力を実現。販売価格は、ディスプレイ込みで799,800円と、価格も超弩級だ
「オオカミさんと七人の仲間たち」をモチーフとしたビジュアライズノートの最新作も展示。9月30日まで予約を受け付けている。価格は69,800円だ 日本橋キャラクター「音々(ねおん)ちゃん」や、Windows 7プロモーションキャラクター「窓辺ななみ」など、歴代ビジュアライズノートも展示

●3D対応ヘッドマウントディスプレイやゲーマー向けキーボードなど

 VUZIXブースでは、ヘッドマウントディスプレイ「Wrap」シリーズを展示している。サングラス型のヘッドマウントディスプレイで、見た目は既存の製品と大きな違いはないが、最大の特徴となるのが3D表示に対応しているという点だ。対応する3D表示方式は、サイドバイサイド方式と、赤と青のアナグリフ方式のみに限られるが、左右の目に対し専用の表示デバイスを利用して3D表示を行なうため、偏光方式のように視点の位置によって3Dの見え方が変わったり、液晶シャッター方式のようなちらつきを感じるといったことは一切なく、快適に3D映像を楽しめる。もちろん、サングラス型のヘッドマウントディスプレイということで、大型のスクリーンを見ているかのような臨場感も得られる。

 映像入力は、標準ではコンポジットビデオに対応するが、オプションのVGAアダプタを利用することでアナログRGBに接続して利用することも可能。ゲーム機やPCはもちろん、ポータブルDVDプレーヤーなどに接続して、手軽に大迫力の3D映像が楽しめる。実際にブースでも、Xbox 360などに接続し、サイドバイサイド表示対応のゲームを利用した3D表示のデモが行なわれているので、興味のある人は実際に体験してみることをおすすめする。

 表示解像度は、下位モデルのWrap 230が320×240ドット、中位モデルのWrap 310が428×240ドット、上位モデルのWrap 920が640×480ドットで、価格はWrap 230が19,800円、Wrap 310が29,800円、Wrap 920が39,800円。また、表示解像度が852×480ドットの新モデルWrap 1200も、年内に発売を予定しているそうだ。

VUZIXブースで展示されている、ヘッドマウントディスプレイ「Warp」シリーズ。3D表示に対応している点が大きな特徴だ サングラス型のボディに、小型の表示デバイスを搭載。解像度の違いで3種類のモデルがある
表示解像度が320×240ドットの下位モデル「Warp 230」と、解像度が428×240ドットの中級モデル「Warp 310」。Warp 230が19,800円、Warp 310が29,800円と、比較的安価だ 上位モデルの「Warp 920」。解像度は640×480ドットで、価格は39,800円だ。さらに、年内に解像度が852×480ドットの「Warp 1200」も登場予定だ

 プロゲーマー向けキーボードやマウスのブランドとしておなじみのRazerブースでは、最新キーボードやマウスを展示。中でも、メインで展示を行なっている「BlackWidow Ultimate」は、メカニカルキー採用のゲーミングキーボードだ。しっかりとしたクリック感が指に伝わることによって、キー入力のタイミングがクリック感のみで把握でき、キー入力ミスを低減するだけでなく、キー入力の応答速度が1msと非常に高速で、遅延も極力低減されている。また、ゲームプレイ中でもキーマクロを登録できる「オン・ザ・フライ・マクロ・レコーディング」機能により、フレキシブルなマクロ操作も可能。キーボードバックライトやUSB延長ポート、オーディオポートなども備えており、プロゲーマーでも納得の品質に仕上がっている。実際に、ブースでBlackwidow Ultimateを利用したゲームのでもプレイが可能なので、FPSプレーヤーは実際にキーの感触などを確認してみてはいかがだろうか。ちなみに、キーボードバックライトとUSB延長ポート、オーディオポートが省かれた廉価モデル「BlackWidow」も用意されるそうだ。

 また、今後発売が予定されているキーボードとマウスとして、「MARAUDER StarCraft II Gaming Keyboard」と、「SPECTRE StarCraft II Gaming Mouse」も展示。MARAUDERは、ゲームプレイに不要なキーを省いたコンパクトボディが特徴。SPECTREは、5,600dpiのレーザーマウスで、応答速度が1msと非常に高速な点が特徴。双方とも、1分あたりの操作量(APM)によって発色が変化するLEDイルミネーションを搭載するなど、FPSプレーヤーの心を揺るがす仕様が盛り込まれている。

Razerブースで展示されている、ゲーマー向けキーボード「BlackWidow Ultimate」。メカニカルキー採用で、しっかりとしたクリック感によって入力ミスを激減。また、応答速度も非常に高速だ 今後発売予定の「MARAUDER StarCraft II Gaming Keyboard」と、「SPECTRE StarCraft II Gaming Mouse」。1分あたりの操作量(APM)によって発色が変化するLEDイルミネーションを搭載

(2010年 9月 17日)

[Reported by 平澤 寿康]