ニュース

アーティストのレックス氏の個展開催で、デルがコラボイベント

会場にはXPS 13が展示

 デル株式会社は17日、渋谷セゾンアートギャラリーにて「Dell XPS 13x Aerosyn-Lex Mestrovic」を開催した。同イベントは、ニューヨークおよび東京を拠点に活動しているアーティスト、Aerosyn-Lex Mestrovic氏(以下レックス氏)とのコラボレーションイベントで、レックス氏の個展「DIALECTS」のオープニングイベントを兼ねた形で開催された。

 レックス氏はDell製PCのユーザーで、Dellは2015年10月にニューヨークで開催した「New XPS 13/15」の発表イベントでもコラボレーションを行なっており、そういった繋がりから今回の個展でのコラボレーションに至ったという。

Aerosyn-Lex Mestrovic氏
ニューヨークでの「New XPS」発表イベントでの様子

 レックス氏は「クリエイティブの分野ではAppleがトップにいる」とした上で、Dellについて「DellのPCが好きで使っているんだ」と語っていた。

 こういったアート分野とのコラボレーションはPCメーカーではあまり見られなかったが、最近ではMicrosoftが「Surface」シリーズで各国のアーティストを起用したプロモーションを行なうなど、ビジネスワーク以外での活用も訴求する動きが徐々に広がっている印象を受ける。

 DellはXPSシリーズをクリエイター向けに強く推しているわけではないが、デル株式会社のマーケティング関係者は「XPSシリーズの好調の要因には、デザイン性が評価されたことも大きい」と語り、ただ“仕事で使える”だけでなく、スタイリッシュさといった要素も提供しつつ、さまざまなワークスタイル、ライフスタイルをカバーしていきたいとしていた。

 セゾンアートギャラリーの開館時間は11:00〜18:00で、レックス氏の個展の開催期間は4月3日まで。

展示作品

(佐藤 岳大)