ニュース

手書き文字のOCRやSNSとの連携もできる電子メモパッド

〜Google/Outlookカレンダーへの手書きメモ出力も可能

「Boogie Board Write2Go」

 株式会社NEXXは、米Kent Displaysの電子メモパッドのBoogie Boardから、Office系アプリやSNSアプリと連携でき、OCR機能などを備えた「Write2Go」を発売した。税別店頭価格は13,800円。

 Write2Goは電子ペーパーを使用した5インチサイズのタブレットボードになっており、付属のスタイラスペンで書いた文字やイラストをUSBケーブル経由でPCに転送できる。電子ペーパーの書き換え可能回数は50,000回以上。

 本製品はチャット投稿機能を搭載しており、Write2Goに書いた文字やイラストをFacebookやLINEのインスタントメッセージとして投稿可能。インスタントメッセージだけでなく、WordやExcelといった通常のデスクトップアプリ上にも取り込むことができる。対応アプリは、インスタントメッセージ系がFacebook Messenger/LINE/Skype/WeChat/QQ/KakaoTalk/WhatsApp Web version/Viber/Nimbuzz PC versionで、デスクトップアプリ系はWord/Excel/PowerPoint/Outlook/ペイント/Sticky Notes/OneNote/EverNote/Open Office/Acrobat PDF Reader/Foxit PDF Reader。

 このほか、手書きメモを定時にPC上にポップアップ表示するリマインダー機能、メモをカテゴリ別に付箋の色分けで保存するメモ管理機能、Google/Outlookカレンダーの予定表にメモをエクスポートする機能、電子文書への署名/注釈記入、日本/英語/中国語(繁体・簡体)手書き文字のOCR機能を搭載。OCR機能では書いた文字がPC上にリアルタイムにテキスト化され、読み取り間違いがあった場合はシステムが学習して、次回書き込み時に正しい結果を表示してくれる。

 対応OSはWindows XP/Vista/7/8/10、OS X 10.8以降。本体サイズは136×125×16.7mm(幅×奥行き×高さ)、重量は100g。

正面
利用イメージ

(中村 真司)