ニュース

ASUS、「ZenPad」に2万円を切るAtom採用7型モデル

〜8/10型にもLTEモデルからCPUなどが変更されたWi-Fiモデルを追加

「ZenPad 7.0(Z370C)」

 ASUS JAPAN株式会社は、「ZenPad」シリーズよりAtom x3プロセッサ採用のAndroid 5.0.2搭載タブレット「ZenPad 7.0(Z370C)」、「ZenPad 8.0(Z380C)」、「ZenPad 10(Z300C)」の3機種を発表した。価格はオープンプライスで、税別店頭想定価格はそれぞれ19,800円、23,800円、26,800円。発表済みのLTE/SIMロックフリー対応の「ZenPad 8.0(Z380KL)」、「ZenPad 10(Z300CL)」とともに8月21日より発売される。なおZenPad 7.0シリーズにはLTE搭載モデルは提供されない。

 発表された3モデルは、8月6日に発表されたZenPadシリーズタブレット同様、周囲の環境に合わせてコントラスト/シャープネスを自動調整し屋外での視認性を向上させる「VisualMaster」や5.1chのバーチャルサラウンド再生を可能にする「DTS-HD Premium Sound」を搭載。「ZenUI」の「ZenMotion」、「キッズモード」なども搭載する。

 主な仕様は以下の表の通りで、インターフェイスはZenPad 7.0/8.0のみUSB(pogoピン)を備えるほか、Micro USB、microSDカードスロット、マイク/ヘッドフォンコンボジャックを共通で備える。

ZenPad 7.0(Z370C) ZenPad 8.0(Z380C) ZenPad 10(Z300C)
OS Android 5.0.2
CPU Atom x3-C3200
メモリ 2GB
ストレージ 16GB eMCP 16GB eMMC
対応microSD 最大64GB 最大128GB
背面カメラ/前面カメラ 500万画素/30万画素 500万画素/200万画素 200万画素/30万画素
ディスプレイ 7型WXGA(1,280×800ドット) 8型WXGA 10.1型WXGA
無線 IEEE 802.11b/g/n+Bluetooth 4.0
サイズ(幅×奥行き×高さ) 約110.9×189×8.7mm 約123×209×8.5mm 約251.6×172×7.9〜8.9mm
重さ 約272g 約350g 約510g
バッテリ駆動時間 約8時間
バッテリ充電時間 約4時間 約4.5時間
対応サウンド規格 DTS-HD Premium Sound DTS-HD PremiumSound/Sonic Master
本体色 ブラック/ホワイト/シルバー

(佐藤 岳大)