ニュース

Apple、2015年度第3四半期も第1、第2四半期に続く過去最高業績

〜iPhone売上高は前年同期比59%増

 Appleは22日(現地時間)、2015年第3四半期(4月〜6月)業績を発表した。

 これによれば、売上高は496億ドル、純利益は107億ドル、1株当たり利益は1.85ドルとなった。

 前年同期となる2014年度第3四半期決算は、売上高374億ドル、純利益77億ドル、1株あたりの利益1.28ドルで、前年同期比はそれぞれ売上高が33%、純利益が39%、1株当たり利益は45%の増加となり、2015年度第1、第2四半期に続き、第3四半期として過去最高の業績となった。

 米国市場以外の売上比率は64%。今期業績についてティム・クックCEOは、好調の理由として「前年比59%の増加となったiPhoneの売上高、Macの販売、過去最高となったApp Storeが牽引したサービスからの売上高」を挙げ、Apple Watch、Apple Musicも好調であると述べた。

(佐藤 岳大)