ニュース

Windows 10のエディション、個人向けはHome/Pro/Mobileの3種類

 米Microsoftは13日(現地時間)、Windows 10で提供されるエディションの種類を発表した。個人向けの「Home」と「Pro」、モバイルデバイス向けの「Mobile」、法人向けの「Enterprise」と「Mobile Enterprise」、教育機関向けの「Education」が用意されることが明らかとなった。

 既報の通り、Windows 10発売後1年間は、Windows 7/8.1およびWindows Phone 8.1ユーザーに対しWindows 10を無償で提供する。

個人向け

 Homeは個人向けのPCやタブレットでの使用が想定されている。搭載される機能は、アシスタント機能の「Cortana」、新ブラウザ「Edge」、スマートフォンやタブレットを外部ディスプレイに繋いだ場合に画面インターフェイスを適切に設定し、タッチ対応デバイスに最適化する「Continuum tablet mode」、認証機能として顔認識、虹彩および指紋認証ログイン「Windows Hello」を搭載。そのほか、Windowsのユニバーサルアプリとして、Photos、Maps、Calendar、Music、Videoも搭載される。

 また、Xboxとの連携機能も搭載され、プレイ動画の配信、Windows 10からのXbox Oneゲームのプレイ機能が備わる。

 Proではこれらに加えて、スモールビジネス向けの機能を搭載。データ保護機能、リモート接続機能のほか、アップデートによる管理コストを低減する「Windows Update for Business」機能を搭載する。

 Mobileはスマートフォンやタブレット向けのエディションで、Homeエディションに搭載されるユニバーサルアプリやタッチ操作に最適化されたバージョンの「Office」を搭載。外部ディスプレイ接続時にPCのように扱える「Continuum」も備える。

法人向け

 EnterpriseはProを強化したバージョンで、大規模〜中規模の企業向けの機能を追加する。詳細なセキュリティ機能を搭載するほか、OSの展開やアプリの管理などが容易にできる。Enterpriseはボリュームライセンスに基づいてのみ提供される。

 Educationは教育期間向けのバージョンで、Enterpriseに基づいて設計され、学校の管理者やスタッフ、教師や学生向けに特化してデザインする。Windows 10 Home/Proを利用中の教育機関関係者や学生の場合、Educationへアップグレード可能となっている。

 Mobile EnterpriseはMobileをベースにボリュームライセンスに基づき提供される。アップデートについて柔軟な管理が可能なほか、セキュリティ機能や革新的な機能を迅速に統合できるとしている。

(中村 真司 / 劉 尭)