ニュース

UQ、「WiMAX 2+」サービスを10月31日から提供開始

〜下り110Mbpsで月額3,880円から

WiMAX 2+のサービスロゴ
9月30日 発表

UQコミュニケーションズ代表取締役社長 野坂章雄氏

 UQコミュニケーションズ株式会社は、10月31日から「WiMAX 2+」を提供する。当初は東京の環状7号線内からサービスを開始し、2013年度末には東名阪、2014年度末には全国でサービスを展開する計画だ。

 WiMAX 2+は、現行のWiMAXとの親和性を持ち、さらにTD-LTEとの互換性を確保した通信方式で、下りで最大110Mbpsを実現する。

 同社の代表取締役社長である野坂章雄氏は新サービス投入の狙いについて、「東京の秋葉原、渋谷といった地域での混雑が目立ってきたが、最初にサービスを開始するのが東京都の混雑地域となる。都市部での容量拡張によって、既存のWiMAXユーザーの混雑緩和と、新サービスによる高速化が実現できる」と説明した。

 7月29日に総務省から割り当てられた新規周波数20MHzを利用することで、既存のWiMAXで利用する30MHzと合計で、50MHz分の連続した周波数が利用できることになる。

 新サービスの特徴は、(1)40Mbpsからスタートした超高速ブロードバンドサービスを110Mbps、220Mbpsへ高速化、(2)WiMAX(IEEE 802.16e)とのシームレスなサービスを維持、(3)ネットワークキャパシティ向上による周波数利用効率のさらなる拡大、(4)TD-LTE方式との互換性確保によるエコシステムの構築、(5)高速モビリティ機能の拡大、の大きく5点。

 野坂社長は、「WiMAX 2+によって最大で220Mbpsを実現し、再び業界最高速の地位を目指す」と速度での優位性にも強い意欲を見せた。

WiMAXの強み
新サービス導入の目的
7月29日付けで総務大臣から新規周波数20MHzを割り当て
連続する50MHzの周波数帯
WiMAX 2+の特徴
WiMAX 2+システムの構成
容量拡張とWiMAX 2+デバイスの普及
連続50MHzによる容量拡張イメージ
WiMAX 2+で国内最高速を目指す

 同社ではWiMAX 2+対応のWi-Fiルーターとして、Huawei製の「Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD14」をサービス開始同日の10月31日に発売する。

 SIM方式で、提供されるSIMが利用できるのは当面は新製品のみ。「SIMロックなため、他社製端末にSIMを利用することはできないが、ほかのUQの端末や、海外製の機器にSIMを入れて来日時に利用するといった使い方ができるようにすることも検討したい」と野坂社長はコメントしている。

10月31日に発売するWi-Fiルーター「Wi-Fi WALKER HWD14」
主要スペック
主な特徴
新サービス用端末Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14

 HWD14はWiMAX 2+に加え、WiMAX、auの4G LTEに対応。(1)通信制限なしで最大速度下り40MbpsのWiMAXを利用できる「ノーリミットモード」、(2)最大下り110MbpsのWiMAX 2+と、WiMAXをシームレスに利用できる「ハイスピードモード」、(3)auの4G LTEとWiMAX 2+を利用できる「ハイスピードプラスエリアモード」の3つの通信モードを切り替えて利用できる。

 利用料金は新しい料金プラン「UQ Flat ツープラス」を導入。初期費用3,150円と月額3,880円で、速度制限なしのWiMAXと下り最大110MbpsのWiMAX 2+の両方をシームレスに利用できる。このプランは、2年契約時の基本使用料月額4,405円から「UQ Flat ツープラスおトク割」により月額525円を最大25カ月間割り引くもの。2年経過後はWiMAX 2+が7GBまでの容量制限へと移行する。

 2年契約の期間条件なしの場合は初期費用3,150円+月額5,455円。WiMAXがない地域でauの4G LTEを利用する場合には、利用した月のみ7GBまで1,055円の料金が徴収される。

 なお、当面は現行のWiMAX Wi-Fiルーターと併売し、さらにWiMAX 2+用の機器の拡充も予定している。

 会見には、KDDIの田中孝司社長も登場。野坂社長とがっちりと握手をしながらも、「2日後にはKDDIの会見もある。そちらもお忘れなく」とKDDIを強くアピールした。

選べる3つのモードと通信方式
ノーリミットモード
ハイスピードモード
ハイスピードプラスエリアモード
3つのモードと料金
2年間使い放題のイメージ
混雑エリアよりWiMAX 2+化を開始
東京都環状7号線内側からスタート
2014年3月末までに東名阪エリアをカバー
2015年3月末までに全国エリアに拡大
対応エリアはホームページでリアルタイムに告知を実施
会見にはKDDIの田中孝司社長も登場。壇上で野坂社長とニッコリと握手

(三浦 優子)