インテル、Ultrabookのプロモーションに「虎」を起用

Ultrabookのプロモーションキャラクター

3月14日 実施



吉田和正氏

 インテル株式会社は14日、都内で恒例の「IAプレスミーティング」を開催し、2012年のプロモーションの中心となる「Ultrabook」を紹介した。

 冒頭では、同社代表取締役社長 吉田和正氏が挨拶。「ICTの利用においてユーザーの体験を高め、やりたいことを実現できる。それがどのデバイスでも、いつでもどこでも実行できる環境。その実現のために、インテルはこれまでにもさまざまなイノベーションと開発リソースを投入してきた。それは今後も引き続き継続していくだろう」と述べた。

 TNS Mobile Lifeの調査によれば、インターネットブラウズやメール、動画編集、ソーシャルネットワーク、文書作成、ゲーム、オンラインショッピングなど、さまざまのユーザーのIT体験のうち、スマートフォンやタブレットが占める割合が増えているものの、依然としてPCが一番多いという。それに伴い、PCへのユーザーの期待も高まっているという。

 具体的には、応答性、接続性、性能、表現力や拡張性、直感的なインターフェイス、価格、スタイリッシュさ、長時間駆動のバッテリ、そして安全性などが挙げられる。そこでインテルはこのニーズに応えるために、Ultrabookのコンセプトを推進していくとした。

 インテルが提唱するUltrabookは、マルチメディアが普及した1995年のPentium MMX、モバイルの増加で無線LANへの需要が高まった2003年のCentrinoに続く、第3の重要プロモーション活動となる。幅広いニーズに対して、スタイリッシュさ、すぐに使える利便性、コンテンツ利用における快適性を提供していき、タブレット端末が持つ特性とPCの性能を両立させたものだとした。

 今後に関しては、22nm/トライゲートトランジスタを採用した第3世代Coreプロセッサーの投入により、さらなる性能/デザイン性/応答性/安全性の向上を目指す。また、3億ドルのUltrabook基金や、数億円規模のマーケティングキャンペーン、Ultrabook向けのソフトウェア、AppUpセンターへの投資に加え、システムメーカー、技術企業、ソフトウェアベンダーとも提携し、Ultrabookのエコシステムを拡大していきたいとした。

 また、Ultrabookの優れたモビリティや応答性など、ユーザビリティを武器に、ヘルスケアや教育、学習、家庭におけるICTの利用拡大も目指したいとした。


さまざまなコンピューティング体験 PCはユーザー体験の中心 PCへの期待
Ultrabookを触ったユーザーの声を元にして制作したプロモーションビデオ Pentium MMX、Centrinoに続くプロモーション活動 Ultrabookのビジョン
Ultrabookの進化 ユーザー体験の実現に向けた取り組み ICT利用の促進
山本専氏

 続いて、同社 マーケティング本部長の山本専氏が、Ultrabookに関するマーケティングおよびキャンペーンの展開を紹介。「Ultrabookは、既に開始しているTV CMに加えて、量販店でのプロモーション、グローバルで展開するUltrabook Projectキャンペーン、そしてソーシャルネットワークを利用し、訴求していく」とした。

 TV CMでは、「ウル“トラ”ブック」にちなんで、「虎」のキャラクターを起用した。2003年のCentrinoは、「鳥」(セン“トリ”ーノ)を起用したわけだが、それに続く動物キャラクターの採用となっている。

 店頭展開では、この“虎”を使ったPOPやポスターのほか、店員のトレーニングプログラムや、Ultrabook中心の展示などを通して、ユーザーの認知度と理解度を高めていきたいとした。

 グローバル展開している、「will. i. am」氏とコラボレーションした「Ultrabook Project」では、特設サイトを立ち上げて訴求。will. i. am氏は12カ国を回り、それぞれの現地のアーティストとコラボレーションして作曲し、プロジェクト終了時には12曲ができあがるわけだが、特設サイトではこの音楽を無償ダウンロード提供。また、活動の様子などを、360度カメラで記録し、閲覧できるようになっている。

 ソーシャルメディアを利用した活動は、Facebookで2月から開始している、自分の写真を使って世界にたった1つのハートの形を作り上げる「SHAPE OF LOVE」サイトに加え、YouTubeで独自の解析プログラムにより関連ビデオを探すアドイン「Intel WOW ファインダー」、mixiで展開している、自分の未来像を生成する「mixiブック」などを挙げた。

 また、Ultrabookはとにかく体感してもらうことが重要だとし、PCメーカーと共同のプロモーション、発表会、イベント展示会などにおいて積極的に展開していくとした。


さまざまなプロモーション活動 現在上映中のCM 発表会では実物の「虎」も登場した
店頭での展開 Ultrabook Projectのホームページ Ultrabook Projectの活動
Facebookでの展開 Intel WOW ファインダー mixiブック

(2012年 3月 14日)

[Reported by 劉 尭]