ソフトイーサ、フィギュア状の3Dモーションキャプチャ装置
〜フィギュアにとらせたポーズがそのまま3D CGに

7月21日 発表



 ソフトイーサ株式会社は21日、3Dモーションキャプチャ用の3D入力デバイスを開発したと発表した。現在量産準備の段階。

 ソフトイーサ、セルシス、ビビアンが共同で開発した「QUMA」(クーマ)技術を応用したハードウェア製品。外観は小型のマネキンのようになっており、各関節にセンサーが内蔵。関節を動かすと、そのデータがUSB経由でPCに転送され、デバイスにとらせたのと同じポーズをCG上で再現できる。従来、3D CGにポーズを取らせたり、アニメーションさせるには、キーボードやマウスを使い、ある程度の習熟が必要だったが、本製品であれば誰でも直感的に3Dでのモーションキャプチャができるという。

 QUMA技術は複数のシステムモジュールから成り、自由に結合可能な関節センサーとそこからの信号を集約してUSB経由でPCに転送するハードおよびファームウェアで構成される。人間に限らず、蛇などの関節構成も組み立てられる。

 対応OSはWindowsおよびMac OS X(予定)。USBバスパワーで動作し、ドライバは不要。発売時期と対応アプリケーションは、追って発表される予定。


(2011年 7月 21日)

[Reported by 若杉 紀彦]